おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

命の価値

メール転送可
記事 31 by
私は今、介護士を目指して専門学校に通っています。
この間まで、特別養護老人ホームの実習に行っていました。

様々な利用者さんがいますが、私が少し考えさせられたのは、
ある一人の利用者さんです。その方はKさんといいます。
Kさんは容態を悪くして入院後、施設に戻ってきた時は、口からものを
食べる事が出来ないので、胃からチューブを通して栄養を摂取する事
になりました。

そこで疑問に思った事があるのです。Kさんは身寄りが誰もいません。
意識レベルも低く、会話をする事は出来ません。自分で動く事は
出来ず、寝たきりで排泄も行なっている状態です。

上に書いたような処置をすれば、確かに生きられます。しかし、
そこまでする必要があるのでしょうか?Kさんは生きたいと思って
いるのでしょうか?生きているのではなく、生かされているだけなの
ではないでしょうか?

私が言っているのは、見捨てるというような事ではありません。
尊厳のある死とはどういうものなのでしょうか?ここまでしては、
自然死ではないと思います。人はいつかかならず死ぬものです。
よく生きたねと、看取ってあげるのも必要なのではないでしょうか?

その事を職員さんに聞いてみた事があります。同じように思ってる方
もいます。亡くなってしまうのは悲しいという方もいます。それは
私も同じです。でも自分ならば、辛い思いをしてまで生かされて
いたくはないです。

その施設では、方針として生きるところまで生きてもらうのだそうです。
施設の方針は、施設の指導員さんによって変わってくるものだそうです。
これから話す事は、その施設がそうと言う事ではなく、あくまで
考えの一つとして聞いて下さい。

望みが無い方に延命治療をします。すると莫大なお金がかかります。
そのお金で施設や病院は利益を得ます。お金は医療保険や介護保険
で支払われます。もちろん、このお金は国民の方々の税金や保険料
から出ています。そのお金があれば、他に困っている方々を救う事
も出来ます。

目の前の一人を救うのか、その他見えない方々を救うのか。
お金が全てではありません。しかし、目の前の一人は救った事になる
のでしょうか?まだ私には答えが見つかりません。
どうするのがその人のためになるのでしょう。
みなさんはどう考えますか?
To:まーく

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2003年9月26日(金) 21時38分 1件目のコメント

1.RE

コメント 32 by みこと
まーくさんへ
 人の命は地球より重い、という言葉があります。その方の生死は他の誰でも決めることができないと思います。
 ただ、いろいろな事例があることも事実です。私の知人は、アルツハイマーの親を持ち、昼夜関わらず、介護しています。そのため、精神的にも肉体的にも完全に参ってしまっています。ただ、実の親であり、できるだけのことはしてあげたいという気持ちでいっぱいなのだと思います。こういう人の場合、まーくさんも同様に家族の気持ちを考えれば、一日でも長く生きて欲しいと思われるのでは、ないでしょうか?
 では、まーくさんの指摘されている人とどこが違うのでしょうか?
1.大事に思ってくれる人がいる。
2.現状では、命を失うほどの病ではない。
3.金銭的に余裕がある。
 といったところでしょうか。では、一つでもかけていれば、どうでしょう?
1.身寄りが無くて、知識レベルは低いが、国にお金を出してもらうほどではない。
2.大事に思ってくれる家族がいるが、延命治療をしなくては生きていけない。
 こういった場合でも、おそらく長生きして欲しいと思うのではないでしょうか?
 まーくさんは、現時点でその特別な人に出会ってしまっているのだと思います。また、日常的に不自由な生活をしている方に出会っていることで、逆にそれが日常的ではなくなっているのではないでしょうか?
 私は、延命治療であっても、その方が生きていけるのであれば、見守ってあげるべきなのではないだろうか、と思っています。
この投稿に返信
2003年9月27日(土) 19時36分違反通報親記事 2件目
コメント 33 by NS
まーくさんへ
生きる生きないを決める権限はあなたにはありません。
生きるも生きないも利用者さんもしくは患者さんの主観が入り、初めて
論じることができるものです。
本人の主観がないということは、あなたの客観的視点でしか話していないことになります。
もし亡くなった方が利用者さん、患者さんが幸せだと感じるのであれば、一歩間違えば殺人ということになります。
その考え方は間違いだと感じます。
人を救うことは誰にでも出来ることではありません。
亡くなった方が幸せだと思う前に、その方に今の現状で少しでも幸せを感じるような援助の方法を考えてみてはどうでしょうか?
お金の問題も重要でしょうが、考える視点が間違った方向へ向かっているのではないでしょうか?
生きるということはとても大変なことです。
生きている中に楽しみを持つことが出来るように援助、介助していくことが介護師にとって重要なことです。
生死の決定権は誰にもない・・・

男性 28歳 看護士
この投稿に返信
2003年9月27日(土) 20時43分違反通報親記事 3件目
コメント 34 by まーく
>>32 みことさん

お返事ありがとうございます。
ちょっとわからない部分があったのですが、
身寄りが無くて、知識レベルが低いというのは、意識レベルの事ですか?
あと、身寄りが無い場合、誰が長生きして欲しいと願うのでしょう?
私は利用者さんが亡くなるのは、やっぱり悲しいし寂しいと思います。
出来れば生きていて欲しいとも思います。
でも、本人はどうかと考えるとわからないのです。

私は人の命が地球より重いとは思っていません。
環境保護にしても、動物愛護にしても、
人間を基準とした歪んだものばかりのように思えてしまいます。
人の命が一番大切だというのは、人間の驕りのようにも感じます。
みことさんの言いたい事はよくわかります。
でも私は苦しみを増やして延命するよりは、
処置をしないで自然に亡くなるといった考え方もあると思います。
その方の人生は自分のものではないのです・・・。
この投稿に返信
2003年9月29日(月) 23時31分違反通報親記事 4件目
コメント 35 by まーく
>>33 NSさん

まず修正させて下さい。
お金の件は私の考えではなく、
こういった考え方もあるという例を述べたものです。
あと、
介護師=介護士
看護士=看護師
です。細かくてすみません。

そうです。NSさんの言うように、私に権限はありません。
実際に権限があるのは、主治医、家族や本人、指導員という事になるでしょう。
まあ、その話は別として・・・。
生きないという事を決める権限も本人にあります。
辛いと思うのは私の主観。
幸せだと感じるのはNSさんの主観。
どちらかに答えがある、正しいとお考えですか?
どちらにも正解は無いのではないでしょうか?

生死の決定権が誰にも無いのなら、
延命をする権利は本人か家族にしかない。
NSさんは自分がKさんと同じ立場なら、生きていたいと思いますか?
NSさんの言いたい事はわかります。
しかし、NSさんの考えも偏っているように思えます。
私はいろいろな視点から考えていきたいのです。
この投稿に返信
2003年9月29日(月) 23時39分違反通報親記事 5件目

5.返信

メール転送可
コメント 36 by NS
まーくさんへ
私が生きていたいか?という質問ですが、
僕は生きていたい。
医学の進歩は目覚しいものがあります。
明日にも直る疾患かも知れません。
生きていればこそ出来ることがあると信じたい。
信じることはやめたくありません。
患者さんがどのように考えているかは分かりませんが、亡くなってはほしくありません。奇麗ごとに聞こえるかもしれませんね・・・
しかし、患者さんにも色々な過程があり、ここにたどり着いていると思います。
医学や介護の世界では一人の患者さんや利用者さんを助けるために、日々必死に勉強し、看護、介護に当たっている人たちの存在を忘れないでください。人の命は尊く、そして誰にも命の火をなくすことは出来ないと考えています。
同じように、体中がチューブで繋がれる患者さんを見て、かわいそうだと感じることもあります。しかし、患者さんが亡くなる時には恥ずかしい話ですが、必ず涙が出てしまいます。これはその患者さんにもっと長く生きていてほしかった。いろんな話がしたかったからではないかと自分で感じています。
僕は一人でも多くの人に生きていてもらいたいし、生きることに対して全力で助けることを今までも、そしてこれからもしていくつもりです。
この投稿に返信
2003年9月30日(火) 0時0分違反通報親記事 6件目
コメント 38 by まーく
>>36 NSさん

NSさんの考えは素晴らしいと思います。
優しい方なんですね。
確かに医療の進歩は目覚しいですよね。
それにより、日本の平均寿命も世界一になるほど延びました。
しかし、医学の進歩は高齢化といった現実も生んでいます。
自分も生きてもらえるものならば、
生きてもらうようにするんだと思います。
亡くなったら涙も流します。
でも、生きる事だけが幸せじゃない場合もあるのではないでしょうか?
人は大切なものを守る為や、自分の為に生きています。
それらが無い場合、なんの為に生きるのでしょうか?
私達の為に生きているわけではありません。
自己満足の関わりにならないように、
私は常に考えながら接していきたいと思っています。
この投稿に返信
2003年9月30日(火) 0時36分違反通報親記事 7件目

7.レレ

コメント 39 by みこと
>>34 まーくさん
 わからない部分について。
1.知識レベル=その人が表現できるレベルと思っていただけると幸いです。まぶたを閉じることで意思を表示できる方もいらっしゃいますし。
 「2.わからない部分」に加えて、逆にご質問なのですが、
1.身寄りが無いと長生きして欲しいと思う人はいらっしゃらないというのは、どういう意味ですか?

この投稿に返信
2003年9月30日(火) 18時46分違反通報親記事 8件目
コメント 40 by みこと
>>38 まーくさん
 この話というのは、おそらく結論が出ないと思ってます。まーくさんもいろいろな方の意見を聞きたいと思って提示されたのでしょう。
 私もどちらの意見も実は、納得する部分があります。極論でお答えすれば、前に私が書いた文章になるのだと思います(もっとひどく書けば、殺人とか自殺とかの話をしなければいけません)。
 私のことで考えれば、生きていたいとは思いません。ただ、それは延命措置を最初からしてほしくない、という意味で「誰か」の「意思」で延命措置を外して欲しいということではありません。受動的な死を迎えることは、誰かによって能動的に死を与えられるということになると思います。私は、誰かの責任によって生きていたくないですし、当然誰かの責任によっても死を迎えたくないのです。これが日常的になれば、静かな死であれ、延命措置を外した人の心に重荷を背負って欲しくないです。また機械のように、死を当然に与えられることも望ましくないです。
 逃げ口上になるのかもしれませんが、当初の方については、その状態になってしまった以上、そのまま維持して欲しいと思います。

この投稿に返信
2003年9月30日(火) 18時55分違反通報親記事 9件目
コメント 41 by まーく
>>40 みことさん

丁寧にありがとうございます。
自分の書き方が、ちょっとわかりにくかったですかね。
身寄りが無い場合、身寄り以外の誰が悲しむのだろうって事です。
もちろん私達は悲しみます。
でも、私達以外と接する事もなく、意思を伝える事も出来ない。
本人の意思とは別に生かされているって感じただけです。

自分もNSさんの意見や、みことさんの意見に納得出来ますよ。
あえて、殺人や自殺の話は書きませんでしたが、それも考えた上で話しています。
いろんな人の意見を聞いて、受容出来るものなのか考えたかったですし、
他の人にも、いろんな考え方があるって知って欲しかったもので書き込みしました。
Kさんについては、そのままの維持ですね。
答えもわからない、職員でもない自分が、口出しも出来ないでしょうし。
死については人それぞれの考え方があるでしょうが、
自分以外の誰かに左右される死は辛いですね。
この投稿に返信
2003年10月1日(水) 14時46分違反通報親記事 10件目
コメント 44 by NS
>>41 まーくさんへ
これからも色々な場面に会う事と思います。
人それぞれ意見が多種多様です。
がんばってください

この投稿に返信
2003年10月4日(土) 5時49分違反通報親記事 11件目
コメント 191 by ひみつのアッコちゃん
>>31
↑私は、患者の一人として言わせていただきます。私は今は半身不随で、リ
ハビリ中なのですが、私の意見は、出来る事なら安楽死を希望します。世間
では、批判されますけど、安楽死をしてくれるお医者さんは、私にとっては
とても、良いお医者さんだと思います。お金の事は分かりませんが、若くて
直る希望がある人や施設にお金を、使ってほしいです。
この投稿に返信
2010年4月4日(日) 11時32分違反通報親記事 12件目
コメント 192 by まーく
>>191
7年前に私が書いた記事にコメントを頂き、ありがとうございます。
書き込んだことも忘れていましたが、読んでいて思い出しました。
そうだ、あの時はそうやって考えていたんだ…と。

あれからいろいろな経験を経ていますが、私の考え方も少し変わったのだと
思います。

安楽死をしてくれるお医者さんが、ひみつのアッコちゃんにとっては良いお
医者さんだと感じられているのですね。

ひみつのアッコちゃんは、現在リハビリ中とのことで、病気や死に関して人
一倍考えることもあるのかもしれません。

全てのことに意味があるのだと、今は思えるようになりました。
ひみつのアッコちゃんが半身不随になったのも、きっと意味があるのだと思
います。

こうやって書き込んでくれたことにも意味があるのでしょう。
おかげで、私も昔のことをいろいろ思い出すことが出来ました。

本当にありがとうございます。
ひみつのアッコちゃんに幸せな出来事が津波の如く押し寄せますように…。
この投稿に返信
2010年4月4日(日) 13時18分違反通報親記事 13件目

13件目、このスレッドにコメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [書き込みの確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

マナーメール通知なし