おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

つまみ読み
記事 255 by ぶんちゃん

楽しいことばかり追い求めて得られる主観的(客観的)幸せは欲望を満足させているだけの一時的な快... ( 続きを読む )

1.幸せは、個人の意識で判断されるこ...

メール転送可
コメント 273 by タカ
>>255
幸せは、個人の意識で判断されることだと思う。人と共感できることは、素晴らしいことだが、同じ経験をしないと理解できないのだろうか?いや、例え同じ経験をしたから同じ気持ちになれるとは思えない。人を理解した気持ちになるだけ。決して、貴方は他人と同じにはなれないのだから。
To:タカ

返信を書き込む

主題: 誰が、何が、幸せであるかを理解する

コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2016年5月12日(木) 15時53分 親記事 2件目のコメント
コメント 274 by ぶんちゃん
>>273
 人と同じ経験をしなければ、人の気持ちなんて理解できないというようなことは一言も書いていなかったのですが、伝えたかった意図と違って伝わってしまったようです。言葉足らずで誤解釈させてしまってごめんなさい。

私は、「楽しいことばかりじゃなく、楽しかったこと同じぐらい苦しいことも経験したあとじゃないと、それが本当に幸せなことなのかどうか分からない」ということを書いていたのです。

自分が今幸せだと思っていても、他人が今幸せそうに見えていても、その幸せは一時の快楽であって本当は不幸の始まりなのかもしれない。本当にそれが幸せなのかどうかは、人生経験を重ねたあとでないと(極端に言えば自分が(他人が)死ぬ間際まで)分からないですよということなんです。

苦労を避けて楽しいことばかり追いかけ満足するのではなく、苦しいことも楽しいことと同じぐらい経験した方が良いということが言いたいのです。
苦労を知ることで今感じている幸せが本当に幸せだと実感できると思っています。

 何も苦労を知らずに生きていたら、他人にも共感することができない、または他人を理解しようとすらしないようになるかもしれません。

他人と全く同じ気持ちになんかなれるはずがありません。共感というのは全く同じ経験をして全く同じ気持ちになるということではありません、少しでも他人の気持ちを理解しようと寄り添える、上辺ではなく他人の言うことに本心から聴く耳を持てるようになるということなんです。
この投稿に返信
2016年5月13日(金) 1時59分違反通報親記事 3件目
コメント 275 by ぶんちゃん
 私は2年連続で両親を亡くし、しばらくして認知症となった心臓病を患う祖母を3年間介護しました。(のちに転倒骨折して歩行困難となり、入浴や排泄についても完全介助が必要となりました)

 それを聞いて「大変でしたね」なんて言われることが多いですし、不幸だと思う人もいるかもしれません。

しかしながら、介護をすることは全然苦痛ではありませんでしたし、不幸でもありませんでした。労力的に大変な時期もありましたが、大変だからといって不幸だとは限りません。感謝していた人の介護ができるということは、恩返しができるということなので、むしろ幸せなことだと思っていました。

本来は両親が主としてやっていたであろう祖母の介護かもしれませんが、私が両親に代わって祖母を介護することは、親孝行にもなっているんだと思ってやっていました。親孝行と祖母への恩返しが同時にできていたんです。

祖母はもう亡くなってしまいましたが、今でもまだ介護をしたいと思っていますし、まだ返し切れていないので、もっともっと恩返しがしたかったです。今思えばあの3年間の私は本当に幸せでした。

そうです、他人から不幸に見えても本人は不幸と思っているとは限りません。
ただし、私が幸せだと思っていたのは当時の思いであり、本当に幸せだったのか不幸だったのかは、これから先、何年もたってみなければ分かりません。この経験を活かし、未来の幸せにつながるような生き方をしていきたいと思います。
この投稿に返信
2016年5月13日(金) 2時24分違反通報親記事 4件目
コメント 276 by タカ
>>274
 確かに楽しいことが続けば楽しくなくなるものです。苦しいことや辛いことがあると何でもないことが幸せだと感じるものです。
 そうなると幸せを感じることは、その人の自由意志ということです。
「苦労を避けて楽しいことばかり追いかけ満足するのではなく、苦しいことも楽しいことと同じぐらい経験した方が良いということが言いたいのです。
苦労を知ることで今感じている幸せが本当に幸せだと実感できると思っています。」このことはあくまでもぶんちゃんの考えで、そう思わない人もいる。私は、人の感じ方はそれぞれ違っていいと思います。「苦しみを知らないといけないとか、沢山の経験した方がいい」というのはぶんちゃんの考えで、実際は「苦労をせずに楽をしている人もいて、お金持ちもいて、そうゆう人もそれぞれの幸せがある。」まさに、幸せは人によりけりということです。
 私は、「幸せ」という人の感情に根差したものは、統一した価値観で決めるべきではないと思うのです。
 誰がどんなことを「幸せ」であるかを理解することは、人の幸せは千差万別だということを理解すればいい。ただ、それだけである。
 その上では、何かしたいのなら、それぞれの人がそれぞれの幸せを感じることができる基本を作っていくことだと思う。戦争や飢饉、紛争、迫害などない社会でないとすべての人が幸せを感じる自由意志を保障できないからです。
 
この投稿に返信
2016年5月14日(土) 2時32分違反通報親記事 5件目