おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

つまみ読み
記事 127 by ひろりん

【相談】こんにちは。9歳と4歳の女の子をもつ母親です。子供を叱る時の両親の役割についてとても悩... ( 続きを読む )

1.
我が家の場合ですが・・・。 りんだ
2.
見習いたいです・・・ ひろりん

3.話し合いの結果です

コメント 130 by りんだ
>>414 ひろりんさん

おはようございます。

我が家の場合、『マメなぐらい口うるさい』ひろりんさんのご主人
の正反対でした。

今では、子供に反省を促す様な立場になったけれど、
昔は甘いんだか、なんだかわからないけど『ああ、うんうん』みたいな
意味のわからないような(結局無関心だったのかもしれません)
かんじでした。

私が子供が寝てから主人に相談しても 『小さいから仕方がないんじゃ
ないの?』とか 『子供ってそんなもんじゃないの?』 とか
語尾に全て(じゃないの?)がつくぐらいアヤフヤな解答しか返って
来ませんでした。

子供に対しても (そこは怒るところだろ)って私が思って見ていても
なんにも言わない人でした。

そこで、やっぱり話し合いしました。
最初はこっちが言っても全然聞いてくれなくて、終いには
『うるさい』とか『お前にまかす』とか父親らしさの欠片もないような
返答でしたが、そこで私も諦めてたら前には進まないと毎晩言い続け
ました。
主人の育った家庭は(自由放任主義)と聞こえはいいかもしれませんが、
結局あまり『躾』がなかった家庭。
逆に私の方はサザエさん家並に父親が煩かった家庭。
その育ってきた環境が違ったせいもあるんでしょうが、
そんな人間二人(夫婦)がこれから新しい人間(子供)の常識や非常識を教
えていかなくてはいけないのだから、
とことん話し合って統一すべきだと私は思います。

せっかく夫婦揃った家庭で子育てできるのだから、そこは二人揃って
子育てしたい。

本当、子供育ての前に主人に父親役育てをした方がすごく大変
でした・・・。

とにかく、ご主人ととことん話しあって下さい。
そして子供の立場・逃げ場となる部分を残しておいて下さい。
To:りんだ

返信を書き込む

主題: 子供の叱り方について悩んでいます

コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2004年6月9日(水) 9時24分 親記事 4件目のコメント
コメント 131 by ひろりん
>>415 りんださん

こんにちは。

こちらの勝手な質問に答えて下って
本当にありがとうございます。

私は正直、「こんな父親なら、いない方がいいんじゃないか」
と、何度思ったかわかりません。
子供にとってどうする事が一番良いのかは判りませんが
今の状態がずっと続けば
親子関係も夫婦関係もとても悪くなってしまうような気がするんです。

でも、りんださんのように
ご主人がいくら無関心な様子でも諦めずに
話し合いをするように努力を重ねれば
理解してもらえる事もあるんですね。

私ももう一度きちんと主人と話をしてみようと思います。

子供に対して叱る事はしっかり叱って
でも、ちゃんと反省を促せるような逃げ場を作ってやる。
そうしてやらないと、可愛そうなのは子供ですもんね。

私も、もう一度あきらめずに主人に理解してもらえるよう
また、教育(育て方や接し方)の考え方を統一できるよう
工夫しながら訴え続けてみようと思います。

主人を「父親役育て」しているんだと思って頑張ってみます。

りんださんの経験された事を教えて頂いたおかげで
もう一度前向きに考えることが出来そうです。
本当に本当にありがとうございました。

この投稿に返信
2004年6月10日(木) 9時25分違反通報親記事 5件目
コメント 202 by すべては愛から
>>127
ひろりんさん
はじめまして

いっそのことご夫婦でそうやってやられている姿を見せてあげてみてはいかがですか?

子供たちは自分で今「正しい」と思うことをしているだけです。ただ未熟なのでそれが失敗してしまうことが多いというだけですから・・・。

無理に役割を作って逃げ道を作ってあげようとしても、お子さん達が自分たちの思うようにそこへ逃げてくれるとは、限らないと思います。

叱り方について、色々な方法や考え方はあると思いますが、それはあくまで成功事例でしかなく、ひろりんさんご夫婦にとってて最善のものとは限らないと思います。

役割に関しては、父であり母であることで十分に果たしているのですから、ありのままの姿を見せてあげることが、ひろりんさんご夫婦にとって最良のやり方だと思います。

子供たちはいつでも、自分たちの「ものさし」で物事を判断しているものです。見方によってはご夫婦の叱り方の議論されている姿は、ある意味滑稽でもあり、お子さんたちにとって最高の教育とも言えると思います。

ちなみに我が家には高1と小6の子供たちがおりますが、つい先日離婚するしないの話合いを子供たちの前で行いました。
もちろんはじめからそうするつもりはありませんでしたが、結果的にそういう流れになっていき、時に笑いあり、涙ありの少し昔のドラマを地でいった感じでした・・・笑

まだまだ夫婦で努力が必要な未熟は二人ですが、二人の子供たちは最高です

ひろりんさんのご家庭も変にあれこれ策を考えなくても、ありのままの姿で十分お子さん達にとって最高の教育ができると思います。
ご家族にとって最良の方法は、ご家族で創っていくものだと思います。

頑張ってください
この投稿に返信
2015年5月17日(日) 12時58分違反通報親記事 6件目