おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

靖国神社参拝についてどう思われますか?

メール転送可
記事 67 by
靖国神社参拝についてどう思われますか?
突然ですみません。
自分は24才会社員です。
昨日のみのもんたさんの番組を拝見して、今日の仕事中ずーっと考え
ていました。
前々から、靖国神社の論争には興味を持っていましたが、
昨日の番組を拝見し、みなさんに聞きたくなりました。

靖国神社って、アジア各国(特に中国)の的になってますが、
そんなに批判されなくてはいけない場所なのでしょうか?
To:鷲図無

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2005年12月28日(水) 18時34分 1件目のコメント
コメント 68 by 旅人
鷲図無さん、こんにちは。

私は参拝者の肩書きや公的私的に関係なく、靖国神社参拝が
悪いこととは思いません。例えば小泉首相であれば、数カ国から
批判を浴びているからといって、今まで毎年行ってきた行為を
総理大臣になったとたんにやめるというのでは意思の一貫性がありません。
本当に悪いことだというのなら、法的な審判が下っているはずです。
何故それができないのか。この問題はどこまでいっても
グレーゾーンに属しているからだと私は考えます。

まず靖国神社の存在意義からして、すでにおかしな部分があります。
ここを根本的に変えなければ批判がやむことはないでしょう。
今以上の批判を甘んじて受ける覚悟を決め、新たにゼロから
始めるだけの勇気が日本にあればいいのですが…。

靖国問題で日本を批判している国々に関しては、私からすれば
過去の事実をねじまげてしか理解できず悲しいことだなと思いますし、
子供のころからそのような情報操作を受けているとすれば
偏った思想を持ってしまうことは仕方のないことなのかもしれません。

日本を含めたアジアの数カ国は経済発展という点では
まだ優劣があるかもしれないですが、物事の本質のとらえ方、
物事を考えるときの判断基準といった点で閉鎖的で悲観的で大差がなく、
欧米に大きく出遅れていると考えています。

私には靖国神社参拝で大きく揺れてしまっているアジアの数カ国と、
それをカヤの外から不思議そうなまなざしで見つめる世界の国々という
イメージしか浮かんでこないのです。

もっと言ってしまえば、靖国問題は精神的に富んでいる国で
取り沙汰される問題ではないはずです。

今さらある国がある国に大きな害を及ぼし、またある国がある国に
大きな被害を受けたという損得話を持ち出しても、もう二度と
過去の歴史が変わることはありません。それよりも大事なのは
戦争がなぜいけないことなのか、その一方で戦争で得られた
歴史的なプラス面は何だったのか、これらを事実としてしっかりと
受け止められれば、靖国問題の是非を問うまでもなく
友好的な国交はできるものと思います。それが未来の世界にとっての
後世に誇れる新たな歴史になるのではないでしょうか。
この投稿に返信
2005年12月29日(木) 12時42分違反通報親記事 2件目
コメント 69 by おタンコナース
初めまして。鷲図無さん。
すごく興味深い内容だったので参加します。

私も同感で、靖国参拝ってそんなに非難されることなのでしょうか?
靖国問題を考えるときに、
旅人さんもおっしゃられているとおり、
その問題の本質を忘れ去られているように感じます。

諸外国、特にアジア諸国から非難されたときに、
外交問題とこれとは、きちんとわきまえて
話すべきであるという態度を貫くべきだと思います。

戦争問題のこと、現在の外交のこと、
なんだかいろんな問題をごちゃごちゃと混ぜて
混乱させているのは、実はマスコミであるとも思います。

中国の財界の著名な人たちは、実は
靖国問題など、特に問題として取り上げていないらしいじゃないですか。
それはそれ、これはこれ、と割り切っているのだと思います。
あれもこれも、いろんな問題を抱え込むから、ややこしくなるのだと思いま
す。
論旨を一貫させることが大切だと思います。
何が問題で、だれがそれを考えるのか…

とりとめのない内容ですみません。

おタンコナース

この投稿に返信
2005年12月30日(金) 15時4分違反通報親記事 3件目
コメント 70 by 鷲図無
>>69 おタンコナースさん

お返事遅くなってすみません。
実家に帰省していた為、遅くなりました。

おタンコナースさんの言う通り、マスメディアの力はかなりあるみた
いです。
少し、調べたのですが、1970年代までは、中国も反応していな
かったと・・・
その当時は、天皇陛下も参拝していたとの事。
この事実を調べていて、大変驚きました。
○日新聞が最初に取り上げたとか。
日本の新聞が、わざわざ問題にして、騒ぎ立てたらしいです。
本当に不思議です。
まだまだ、これからも、調べていきます。
ありがとうございました。
この投稿に返信
2006年1月5日(木) 19時41分違反通報親記事 4件目
コメント 71 by 鷲図無
>>68 旅人さん
ありがとうございます。
お返事大変遅くなりました。

本当に恐い話ですよね。
ねじ曲げられて伝わる歴史。
日本の良い所すら伝わらない・・・
本当恐いです。
この投稿に返信
2006年1月5日(木) 20時25分違反通報親記事 5件目
コメント 72 by おタンコナース
>>70 鷲図無さん
すごいですね早速調べられたのですね。

私も、これまで教科書やマスコミやテレビが教えてきたものを
そのまま信じて、ずっといてました。
自分が心底信じていたものが、違うといわれることに
多少抵抗もありますし、違うことを言っている人が、本当かどうかなんて
わからないですよね。

わからないなりに、筋の通っていることを信じるようにしています。

本当に正しいかどうかなんて、タイムマシーンとかでないと分からないし、
そうなったら、なぜ私達が歴史を知らなければならないか、
知らなければならない歴史は知っておきたい。とも思うのです。

たぶん、この問題は複雑で様々な立場の人がいるので
正しい答えなんて無いのかもしれませんが、
日本の歴史に戦争があり、戦争で亡くなられた方がいた事実は
消すことが出来ない、
そういう魂に対して、敬意を表しても良いと私は思っています。

でもそのことで現代がもめることを、歴史は喜んでいるのかしら?
過ちは二度と起こさない。それではいけないのでしょうかね?

またまた、長い返事になってしまってすみません。
なんかお返事もらえたことが嬉しくて書いてしまいました。

この投稿に返信
2006年1月5日(木) 21時5分違反通報親記事 6件目
コメント 73 by 鷲図無
>>72 おタンコナースさん

またまた、ありがとうございます。
おタンコナースさんの書かれた、
日本の歴史に戦争があり、戦争で亡くなられた方がいた事実は
消す事の出来ない。
そういう魂に対して、敬意を表しても良いと私は思っています。

私も、その通りだと思います。
確かに、悪い事をしてきた事実もあります。(南京大虐殺、等)
(私は、戦争に勝った国はどこでもやってる事だと思いますが。)
しかし、靖国神社ではそういう人を含めた死者を参拝してるのでは無
く、魂、
他の国には、分からないんでしょうね
魂の意味が・・・

長々とすいません。
おタンコナースさんの意見に感動してしまい、返事を書いたので、
変な文章かもしれませんが・・・
この投稿に返信
2006年1月6日(金) 8時45分違反通報親記事 7件目
コメント 74 by おタンコナース
>>73 鷲図無さん

お返事有難うございます。

またまた、私もお返事です。

南京大虐殺は、歴史的に存在しないこと、ご存知ですか?
アレは、史実を再現しても、無理があることばかりだそうです。
どうも捏造という話が有力のようです。
別に中国を悪く言うつもりは無いのですが、
そもそも日本人の文化には大量虐殺や南京大虐殺で報じられているような
行為を行う習性や習慣は無いのです。だって日本は島国だし、
敵から侵略を受ける歴史が無いから、大量虐殺なんて意識が無いはずなんで
す。
どちらかというと、中国のほうが
大陸からの攻防のために、そういった殺戮の文化があるのです。
で、南京大虐殺の内容は、まさに日本人ではあり得ない行為のオンパレード
なんですって。
とことん調べると、色んな角度から事実って見えてくるものです。

あと、魂の意味についてですが、
実は日本だけのものではないのです。
スピリチュアルといって、世界の様々な文化圏の人には
その文化に根付いた、魂的なもの、はあるようです。
最近、スピリチュアルが本来の意味を離れていないか、
ちょっと心配なのですが、
私が解釈するに、このスピリチュアルというのは
人間なら誰しもが持っている、例えば遺伝、先祖からの伝承、文化
そういう目には見えないもので引き継がれてきている
「何か」なんです。
心のよりどころ…と私は思っています。
また、興味があればスピリチュアル、またはスピリチュアリティなんかも
調べていくと、興味深いですよ。もともとホスピスや終末期なんかから関心
が高まったようです。
今、この言葉をどのように日本語訳にするのか論議されています。たましい
とするのか…

間違い探しをするつもりは全然無かったのですが、
これをきっかけに、また新たな見識になると良いなぁと思いましたので、
お返事しました。
偉そうに、すみません。
この投稿に返信
2006年1月6日(金) 20時2分違反通報親記事 8件目
コメント 75 by 鷲図無
>>74 おタンコナースさん
またまた、お返事?ありがとうございます。(^^)

南京大虐殺って、無かった話なんですね
そんな事とはつい知らず、軽率に書いてしまった事を、反省します。
そして、教えていただいた事に感謝します。

スピリチュアルですか・・・
凄い興味を引かれました。
確かに、魂とは目には見えない何かですよね。
しかし、靖国参拝について、その目には見えない物を(魂)を祈る、
その行為の何が行けないのか・・・
スピリチュアル&スピリチュアリティ調べてみます。

この投稿に返信
2006年1月8日(日) 1時20分違反通報親記事 9件目
コメント 77 by はな
 こんにちは、鷲図無さん。

 だいぶ日が経ってしまっているようですが、もし少しでも私の意見も聞い
ていただけたら幸いです。
 ここにいる皆さんは靖国参拝問題について賛成みたいですが、私は反対を
主張するので、その意見を述べてみようと思います。
 私もただの「靖国神社参拝」だったらしてもいいと思います。私が普通に
靖国神社に行って、参拝するのは私の勝手で、私的です。私は一般人ですか
ら。
 しかし、小泉首相がしているのは公的参拝です。首相は一国のトップであ
り、代表なのです。彼は時給何十万という給料を私達の税金からもらって、
参拝に行っているのです。なぜ、彼が行く必要があるのでしょう?私が靖国
神社で参拝したいなら私が自分で行きます。なぜ彼が私の代わりに、私のお
金を使って、私の意志に関係なく、強制的に、参拝ができるのでしょう?
 もし、彼が彼のお金を使って、「一国の首相」としての公的な立場ではな
く、「小泉純一郎」としての私的な立場として行くのなら、誰も文句は言わ
ないでしょう。
 もし、それで彼が「私が毎年やってきた参拝だから」とその行為に一貫性
を見出したいのであれば、彼は首相をする器ではないと思います。私はなん
で視野の狭い考え方をするのだろう、と思ってしまうでしょう。首相という
のは明らかに公的立場です。国民の代表、国民の意思なのです。私的立場と
公的立場を分けられない人は首相にはなれないでしょう。首相は首相になる
前と後は明らかに違います。もちろん政府の役人になったときから、彼は公
的人間になっているので、その時点で制約があるとは思いますが、首相はそ
れをはるかに超えた存在だと思います。私は首相がそんなに甘い職業だとは
思えません。首相の仕事に私的は存在しません。少し話が外れてしまいます
が、ですから私は逆に今現時点で首相を務めている小泉さんをすごいなぁと
思います。色々国民から、役人から、さらには外国から、色々批判もいっぱ
いあり、忙しすぎ、首相が並大抵では務まらないことだと思うからです。
 ですが、確かに靖国神社参拝を批判している国の考えは聞いていて悲しい
ですよね。歴史は変えられないので、今後いかにそこで学んだことを繰り返
さないかが、重要なことだと私も思います。でも彼らにとってはまだ私達の
意見もきれいごとにしか聞こえないくらい、忘れられない悲惨な過去なんで
しょうね。でも、いずれ彼らにも私達の意味しているところを受け止めてほ
しいと思います。

 以上です。今まで読んでくれてありがとうございました。これはただの私
の意見ですから、間違ったことがあるかもしれませんし、もし、私に偏った
考えなどが見受けられたのであれば、御指導よろしくお願いします。ありが
とうございました。
この投稿に返信
2006年2月7日(火) 14時48分違反通報親記事 10件目
コメント 78 by 鷲図無
>>77 はなさん初めまして。
私は、一国の首相だからこそ行く価値のあるのだと考えます。
何十万の給料でも行くべきだと思います。
なぜなら、靖国神社とは、自分の意志とは関係無くいかされた人達も
いる、魂の集う場所なのだからです。
特攻隊等が有名なのではないでしょうか?
強引に収集された人達はそれでも国や家族の事を思って戦って死んだ
戦争犠牲者なのです。
その人達のなかでも靖国の地で会おうと言う詩を残して死んで行くと
言う事実を調べていく上でわかってきました。
国が人を強引に集め、殺してしまったと言う事実をよく考えてほしい
です。
死にたくなくても死ぬしか無かった・・・
国を挙げてやっていた事に、国の代表が行かなくてどうするんです
か?
国の代表がその真実から逃げてどうしますか?
となぜか、私の意見は正しいように言ってしまいましたが、
少し調べればわかると思います。
貴重な意見ありがとうございました。

この投稿に返信
2006年2月7日(火) 22時50分違反通報親記事 11件目
コメント 79 by はな
>>78  鷲図無さん、こんばんは。返事ありがとうございました。

 そうですね、確かに鷲図無さんの言うとおり、靖国神社というのは戦争で
犠牲になった多くの人が祭られている場所でもあります。
 と同時に、しかしながら、A級戦犯をも合祀されている場所でもあるりま
す。いわば、彼らこそが鷲図無さんもおっしゃってた「自分の意思とは関係
無く行かされた人々」を「行かせた」人々なわけで、外国の人からすれば、
「戦争した人々」を祀ってある神社と捉えられても仕方が無いと思います。
その彼らが祀ってある神社に日本国の首相が参拝に行けば、私達よりはるか
に戦争の歴史に敏感な外国は何か物言いたくもなるのではないのでしょう
か・・・。もし、神社に祀られているのが本当に犠牲者だけなら、韓国も中
国もこんなに大きな問題にはしないでしょう。外国はそれについて非難して
いる訳で、私は的外れの批判であるようには思いませんでした。
 でも、私としては外国の人達も広い心で、国交を乱すということではな
く、共に戦争について二度と同じ過ちを繰り返さないという意味で受け止め
てほしかったですね。
 しかしそれについて批判が止まず、国交にも異状を来す状態が続くようで
あれば、日本が一歩引くべきなのではないでしょうか・・・問題とは「過
去」のことではなく、「今」のことだと思うからです。

 読んでくれてありがとうございました。そして皆さんより全然知識も分か
ってもない私がこんなことを書いてしまってすいませんでした。もし間違っ
ていたら指摘してください。ありがとうございました。 
この投稿に返信
2006年2月8日(水) 0時55分違反通報親記事 12件目
コメント 80 by 小泉首相は高校の先輩
>>79 「南京大虐殺がなかった」なんてありえないです。今の自民党はそうしたい
でしょうが、公言しているわけではないでしょう。公言できないのです、事
実があるから。
靖国神社に行ったことはありますか。私はありませんが、戦争賛美の神社で
す。遊シュウ館はひどいらしいです。とても「これから戦争しません」とい
う神社ではないのです。一度行けば、その「異様さ」がわかると思います。

この投稿に返信
2006年3月24日(金) 4時51分違反通報親記事 13件目
コメント 81 by 裕太郎
>>80 小泉首相は高校の先輩さんへ
私は毎年8月15日には靖国神社に参拝し、蹴就館を見学し、千鳥か淵の墓
苑をおとづれるのですが。靖国神社が戦争賛美の神社だと決め付けることは
いささかむりがあるようです。靖国神社に云ったこともない人が反日的な分
子や中共政府の言い分をオオムのように繰り返すことでは何の知識も得るこ
とは出来ないのではないかと考えられます。
この投稿に返信
2006年4月14日(金) 9時53分違反通報親記事 14件目
コメント 82 by 小泉首相は高校の先輩
>>81 裕太郎さんへ
「何の知識」とは何でしょうか。別にオオムのつもりはありません。一般的
の見識があれば、そういう神社であると判断されると思います。100%と
は言いませんが、過半数はそうでしょう。加藤コウイチも首相の参拝は止めた方
がいいと進言したという位ですからね。
この投稿に返信
2006年4月15日(土) 4時25分違反通報親記事 15件目
コメント 83 by 裕太郎
>>82 小泉首相は高校の先輩さんへ
「何の知識」とはあなたが靖国神社や遊就館に行って事実を知る事が「知
識」です。
私は加藤紘一氏には期待もしていないのですが、戦後教育の中で育った人は
自分の国の云うことは信じず、占領政策の中で知らされたことが真実だとい
う考えを持っているようですが、それは日本人としての地位を捨てることに
他なりません。

特に若い方は靖国神社についてご存知なく反対しているように思います。反
対ならきちんと論理的に事実に基づいて反対というのが議論というものでは
ないでしょうか。

さてあなたの言う「一般的な見識」とはどういう事なのでしょうか?

(管理:誤字修正)
この投稿に返信
2006年4月16日(日) 16時31分違反通報親記事 16件目
コメント 85 by かかし
靖国問題は中国韓国はもとより国内においても意見が二分し,政教分離にも
触れて中々難しいのは確かですが,総理の参拝により中国韓国との間で険悪
な状態が続き早急な解決が望まれます,私個人ではA級戦犯者の霊は別な
場所に移し安置する方法が国内外の為に最善の方法ではないかと思います
何処の国でも国家の追悼施設は存在していますので靖国神社そのものは否定
する必要は無いと思っています,ただ先に述べました通り政府が分祀を強要
すると憲法20条に抵触しますのであくまで神社側の自主性に任す外ないの
で二次的問題として難問と考えます
この投稿に返信
2006年5月9日(火) 23時15分違反通報親記事 17件目
コメント 87 by 裕太郎
>>85 そもそも戦犯とは・・・・
A級戦犯〜平和に対する罪
B級戦犯〜通例の戦争裁判
C級戦犯〜人道に対する罪
と勝者が区別する為につけたもので意味はない。ドイツで行われたニュール
ンベルグ裁判は「人道に対する罪」でヒットラー・ナチスが裁かれた。ドイ
ツ弁護団はドイツ国家を裁くことに強硬に反対し、国家が裁かれることはな
かった。今では極東国際軍事裁判が間違いだったと世界の法学者は認めてい
る。日本では昭和28年8月(1953年)「遺族援護法」改正に対して、社
会党の堤ツルヨ衆議院議員は「遺族は国家の補償も受けられず、しかも、そ
の英霊は靖国神社の中にさえ入れてもらえない」改正を訴えた。旧敵国の軍
事裁判で有罪とされた人は日本の国内法では罪人と見なさないいう判断基準
が明確に示されたのである。国会の与野党の全会一致で遺族に年金と慰労金
が支給されることになったのである。このようなして戦犯は消滅、昭和53
年10月(1978年)靖国神社に合祀されたのです。
この投稿に返信
2006年5月16日(火) 19時2分違反通報親記事 18件目
コメント 88 by かかし
>>87 裕太郎さん,御意見有難とう御座いました
戦勝国に比べ敗戦国と言うのは何処の国でも惨めなものですね,
戦犯者の種別や遺族年金や慰労金に付いてはよく解りませんが
合祀分祀に関わらず支給される事が望ましいと私は思っております。
この投稿に返信
2006年5月17日(水) 11時41分違反通報親記事 19件目
コメント 90 by 裕太郎
>>88 合否されなければ年金がもらえないいうことではありません。靖国神社には
終戦時、樺太で最後まで本土との通信を行い自決した女性の交換手も合祀さ
れています。祖国に忠誠をちかい戦死していった将兵は祖国に命を捧げたと
いうことで英霊として合祀されます。靖国神社は日本人の心として、多くの
日本兵は「靖国で合おう」と戦ったのです。これこそ愛国の心であり、尊重
されなければなりません。
戦後、マッカーサーが日本人の心である靖国神社を焼却することで日本人の
心を変えることが出来るのではないかと考えた時。ローマ法王庁駐日バチカ
ン公使代理のビッテル神父は「いかなる国家も、その国家のために死んだ人
に対して、敬意を払う権利と義務があり、戦勝国、敗戦国を問わず平等の真
理である。信仰の自由の中で、どんな宗教を信仰している人々であろうと国
のために死んだ人は靖国神社で追悼されるべきである」と進言、マッカーサ
ーは靖国神社焼却を思いとどまった。
外国人がこのように述べているにもかかわらず、日本人の中には祖国の為に
戦った将兵を「犬死だと・・」罵倒するが祖国のために戦い死んで行った人
を素直に追悼できない国民が平和を叫んでいます。私はこのような日本人を
軽蔑し、評価もしません。
この投稿に返信
2006年5月17日(水) 15時24分違反通報親記事 20件目
コメント 111 by 裕太郎
>>90 靖国神社は日本の国を守り、公職に準じた人々を祀る
っている日本の心です。

靖国神社を理解していただきたい。特に今の若い諸君に
その参考書として、国学院大学教授 大原康男編著「靖
国神社への呪縛」を解く(小学館文庫)や上坂冬子氏の
戦争を知らない人のための「靖国問題」(文藝春秋)を
お勧めしたい。

ぜひ日本人として靖国神社とは何か・・・・・
日本の文化、伝統を身につけ誇り高き
日本人であることに自信を持ってもらいたいものだと
思っています。
この投稿に返信
2006年6月5日(月) 15時22分違反通報親記事 21件目
コメント 112 by 裕太郎
>>111 そもそも、勝者が敗者を裁くという「裁判」など
過去にはないもので、連合国が勝手に「東京裁判」
を行い戦犯をつくりあげ処刑したもので、日本では
死者は何人でも鞭打つ文化は存在しない。シナは
死人までも裁くという非情さを持つだけで弔う文化
はそもそも存在しない日本では死者はみな悪人でも
善人でも神になる、それが靖国神社でもある。
無宗教の国立追悼施設をつくるという考えがあるが
単なる税金の無駄遣いに過ぎない、靖国神社には
世界各国の大使、武官が参拝していることから韓国
中共以外の国々は靖国神社は問題視していない。
先日も米国のラムズフェルド国防長官はシンガポール
で記者の質問に対して「この問題はその地域の当事者
たちの処理に任せる。日本も中国も私からの助言は
必要ないだろう」と延べ米国は「靖国問題」に関与
しないことを事実上認めている。
この投稿に返信
2006年6月14日(水) 20時19分違反通報親記事 22件目
コメント 113 by こころ
こんばんわ、ニックネームこころです。
第2次世界大戦の戦犯を祭っていることが問題でしょうね。戦争体験世代し
か理解できない事柄ですね。日本人が最も理性を失っていた時代、国家の名
の下にとか愛国心などを掲げてアジア地域に侵略し、多くの人たちに多大な
犠牲をしいた軍人達が葬られている場所ですから、そこを日本のトップリー
ダーが参拝する事は、理不尽にも侵略された地域の人たちの気持ちを逆なで
することになりますよね。
この投稿に返信
2006年7月6日(木) 22時39分違反通報親記事 23件目
コメント 114 by 祐太郎
>>113 靖国神社では7月13日から16日までみたままつりが開催される。
東京ではお盆であり、先の大東亜戦争で戦死した兵士は
「靖国で会おう」と国家と国民のために戦った。
何度もいいますが日本人には戦犯は存在しません。東京国際
裁判そのものが違法だからです。何よりもやってもいない罪をき
せられ処刑にされた軍人がほとんどを占めています。愛国心を
掲げてアジアを侵略したなどという論法は始めて聞きなすが。
当時の日本は「人種差別」「五族協和」「アジア開放」が国策
としてあり、むしろ欧米帝国主義との戦いであったといえましょう。
靖国神社参拝に反対しているのは中共と韓国だけです。
それも明確な理由がありません。侵略されたというアジアの
国々の政治家や軍人は靖国神社に参拝しています。
なぜなら国家のために戦い戦死した人はどこの国でも名誉
ある死として評価されています。
国家の元首が戦死者を慰霊するのは国家として当然の行為で
あると考えます。
この投稿に返信
2006年7月12日(水) 17時20分違反通報親記事 24件目
コメント 115 by 中年のたいぞうくん
>>114 初めて書き込みます。靖国問題がなぜここまで話題になるかよく考えてみて
下さい。戦後しばらくの間、特に重視してほしいのは中国と国交がなかった
時期においても中国から批判はありませんでした。国交回復後も同様です。
中曽根内閣で、参拝後○日新聞が問題を取り上げ、呼応するように批判を始
めたと記憶します。80年代の半ばごろです。その後天安門事件が起こり、中
国内で、民主化運動が起こりました。さらにその時の学生に対する中国政府
の対応が民主化つぶし、人権弾圧として世界中から非難され同時に経済制裁
を受けました。時の宮沢内閣及び河野外務大臣は率先して中国政府を庇い、
制裁解除に向け世界を説得する政策を行いました。
それに対し江沢民主席は愛国教育(いわゆる反日教育)を推進し、国民の不
満を外に向けることに成功しました。その頃、90年代初めからアメリカで在
米中国人による日本政府への戦争賠償要求訴訟や、中国政府からの旧日本軍
の廃棄毒ガス撤去費用要求、アイリス・チャン著作の『レイプオブ南京』を
利用した南京大虐殺に対するネガティブ・キャンペーンを開始した、と記憶
しております。(間違いがあったらご指摘下さい)。
私は当然戦争反対であり、南京問題では虐殺の人数が違うと反論する方もい
るようですが、殺された人数が問題なのではなくそういう事実があったかど
うかが重要です。反省すべきは反省し、将来に生かすべきと考えます。引越
しのできない近隣諸国とはより友好関係を築くべきと考えております。
しかし、前述のような相手が握手を求めたことを逆手に取るような中国政府
の日本に批判には納得できません。また先方は共産党1党支配のため主張が
ぶれることはないが(決して認めるわけではございません)、日本において
はどの国の政治家なのか疑ってしまう先生が余りにも多く見られます。中国
政府のスポークスマンかと突っ込みたくなるような政治家のなんと多いこと
か。物事のよしあしも重要ですが、まずは日本の国益を少なくとも念頭に置
いた発言をし、その上で相手の言い分も認めるのが政治家ではないでしょう
か。つい数年前まで与党自民党の中にさえ『拉致はでっち上げ』『証拠がな
い』と主張する先生がいたことを考えると、そのような政治家を当選させて
いる国民にすべての責任があるのでは・・・そんな風に考えてしまいます。
低下する一方の投票率には背筋が凍ります。このまま低下すれば組織票の強
い政党、(特定の宗教団体の下部組織のような政党・・・にもかかわらず靖
国問題では政教分離を口にしています)や特定の利益団体に支えられた政治
家ばかり当選してしまうのではないでしょうか。
このように考えると靖国問題とは歴史認識問題、正教分離問題という次元の
問題ではなく、今後の日本の将来を決める重要な問題に思えます。

書き込みの内容や事実関係に間違いがあった場合お詫びいたします。その際
は是非ご指摘下さい
この投稿に返信
2006年7月12日(水) 19時11分違反通報親記事 25件目
コメント 116 by 裕太郎
>>115   まったく同感です。
首相の参拝を中止しても中共政府は日本との友好を
確立するかといえば、まったく違うとおもいます。
中共の狙いは日本が世界の中で力をつけないことを
望み、日本の政府そのものをコントロール出来る支
配下におくことが最終目的であるからです。
よって、おっしゃるとおり靖国神社参拝問題は日本
国内で論争を広げるための策略でしかないと考えら
れます。
A級戦犯が合祀されているから問題だと中共も日本
国内の反対派は理由付けしていますが、昭和28年
の閣議や最近では民主党の野田議員の質問主意書「
サンフランシスコ講和条約と四回に及ぶ(戦犯釈放を
求める)国会決議と関係諸国の対応によって、A級・
B級・C級すべての『戦犯』の名誉は法的に回復さ
れている」と指摘「社会的誤解を放置すれば、人権
侵害であると同時に、首相の靖国参拝に対する合理
的な判断を妨げる」人権と国家を守るために緊急を
要する」と訴える。
政府が東京裁判などの『裁判』を受諾した・・・・
裁判を受諾した場合は『南京大虐殺二十数万』や『日
本のソ連侵略』などの虚構も含め、満州事変以来一貫
して侵略戦争を行ったという(裁判の)解釈を受け入れ
たことになる」と政府の見解を批判している。
政府は「極東国際軍事裁判所や連合国戦争犯罪法廷が
科した刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された
刑ではない」「「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはい
えない」ということを明確に示した。
このことからも戦犯が合祀されているからという反対論
者の論理は破綻することになるのではないでしょうか。

反対論者は「アジアの人々の気持ちになって考えれば」
という論をかざしますが、講和条約によって大東亜戦争
の清算はすべて終了しているというのが世界の常識であ
る事を考えて議論すべきでしょう。

この投稿に返信
2006年7月15日(土) 18時5分違反通報親記事 26件目
コメント 117 by 中年のたいぞうくん
>>116 裕太郎さんへ

誤解のないように再度投稿いたします。

確かに中国政府の最終目的は現在の主張とは違うように感じます。但し日本
が戦争をし、侵略をしたという事実は変わりません。白人の植民地主義への
対抗だったのか、民族解放の目的だったのか・・・これは60年たった今でも
世界の常識として敗戦国である以上批判は免れません。

しかし戦争に負けたことは事実であり、南京問題では事実関係は誰にもわか
りません。実際にあったのかどうか、あったとすればどの部隊のどの責任者
が指揮命令したのか、時間経過と共にますます調査不可能になります。

問題は日本の残虐性を誇張するため被害者の人数が年々増加している(実際
に増加するはずもなく、日本批判を行う方々の主張する被害人数が増加して
いる)というおかしな問題です。

他のケースも同様です。毒ガス兵器の遺棄問題では、終戦(敗戦?)後旧日
本軍は武装解除され、本国に送還または逃げ帰っております。その後の廃棄
及び処理の問題は武装解除した側、この場合共産党軍(実際は国民党軍=後
の台湾政府 日本は中国が主張するような共産党軍と戦って負けたという事
実はございません)にあったはずです。戦後処理として国交回復交渉を行
い、友好条約を締結するに当り中国政府は賠償請求の放棄を宣言いたしまし
た。その結果として日本はODAや円借款等の援助を行ったのです。

しかし現在、遺棄された毒ガス兵器の処理費用請求、歴史的に証明されてい
ない強制連行による強制売春(従軍慰安婦・・戦地における売春宿は常識で
す。それと女子挺身隊は別問題・・・W杯ドイツでの売春婦問題はご存知で
すか)、国家賠償放棄の上での戦後経済援助を無視した、しかもアメリカ国
内で行っている中国系アメリカ人による日本に対する戦後賠償請求訴訟
等々。

仮にこのようなことが中国政府と関わりなく行われているとすれば、共産党
の支配力の低下であり、民主化がすすんでいるはずです。しかし事実は違い
ます。つまり中国政府の支援があっての行動と推測するのが常識です。

であれば、国交回復時点での相互の主張に相違があり、または合意事項への
反論があると思われます。つまり・・・・

その後のODA及び円借款を利息込みで一旦精算(日本に返済)し、再度戦
後賠償も含め国交回復交渉を再開するのが本来の姿です。しかし受取るもの
は受け取るが、要求するものは一旦放棄したものであってもいつまでも権利
として主張し批判する・・・という中国や北朝鮮の得意な一方的な外交交渉
を継続しているわけです。

靖国問題も権利主張や批判の一環として考えれば理解できます。問題はそれ
に対する日本国内の問題です。日本人の税金で政治家としての給料をもらい
ながら、まるで中国政府のスポークスマンであるかのような主張をする山形
県庄内地方出身の(○○の乱で有名な)政治家や、一度自民党の金権体質を
批判し飛び出した(○○○クラブという政党を作った:その後自民党に戻
り、唯一総理大臣を経験していない元自民党総裁)政治家の存在が、現在の
ような “批判すれば折れる日本”という意識を回りに与えたのではないで
しょうか。

今後このような恥ずかしい政治家を当選させないためにも国民の意識改革が
重要なのです。とにかく選挙には行ってください。投票してください。

靖国問題は日本を非難するための、日本に譲歩をさせるための目的として利
用されています。

靖国神社参拝が是か非かを国内で議論する前に、まともな政治家を育てる努
力を国民は考えるべきです。
この投稿に返信
2006年7月15日(土) 21時54分違反通報親記事 27件目
コメント 118 by 裕太郎
>>117   中年のたいぞうさんへ

もちろん、靖国神社参拝の是非の議論しても意味のないもの
かも知れませんが。このテーマが靖国参拝についての問題提
起であり、その趣旨になるたけ関連する意見を述べさせても
らったいるもので、それには日本の靖国神社の歴史や日本の
戦争にいたる経過や当時の国際情勢が認識としてなければな
らないのではと考えます。

私は必ずしも日本が侵略したという視点にはたっていません。
戦争はどっちが悪いという問題で片付けられない要素を含で
いるからです。
何よりも戦後の占領政策の中で言論の統制や強制によって、
日本の歴史と文化が評価されることなく、戦前の事柄がすべ
て悪いという概念を植えつけた結果、最近の日本人は自らの
国を悪であるごとき言葉を平気で発言する風潮は、自らが日
本人を否定することになっています。
このことから、靖国神社の歴史やいわれを知らずして、中共
にいわれたからといって、短絡的に参拝の是非を論じている
ことに危惧を感じております。

神道としての靖国神社は明治に始まっていますが、「国家神
道」となったのは戦前の一時期に過ぎず、日本人の宗教観念
から言えばなんら問題はないといえましょう。公明党や創価
学会が言う政教一致などという解釈は成り立ちません。
占領史観に伴った戦前の歴史ではなく、日本人が認識する歴
史観をもっことが今の日本には必要なのだと考えます。
この投稿に返信
2006年7月19日(水) 10時24分違反通報親記事 28件目
コメント 134 by チェリーパイ
>>80 私も近年「南京大虐殺は捏造」という論争が起こっているので
?と思い主人に尋ねました。(主人は中国人です)
実際日本軍が民衆を虐殺したというのは事実ではなく
日本軍と指揮官を失って統率力欠いた中国軍との戦闘だったと
教えてくれました。
日本人の私よりこの問題をよく認識していました。
中国の人でも有識者は皆知っていると言っていましたよ。
この投稿に返信
2007年4月19日(木) 10時5分違反通報親記事 29件目
コメント 136 by 裕太郎
>>134 チェリーパイさんへ
ご主人がそのような認識を持っていることにうれしく思います。
中国(中華民国)との戦争は講和条約によって、すべてがすでに清算されて
います。日中友好は清算された過去を持ち出して追及することではありませ
ん。まして、靖国神社の参拝問題は日本の伝統と文化の根幹にかかわる問題
で、中国共産党政府との間で結ばれた日中友好条約ではお互いに内政に干渉
しないという文言があり、これをお互いが履行することが真の友好を築くこ
とになるのだと考えます。
この投稿に返信
2007年5月4日(金) 15時51分違反通報親記事 30件目
コメント 146 by ひでぞう
>>67 「靖国神社はA級戦犯が合祀されているから」などと、特に中国・韓国など
が批判していますが、仮にA級戦犯が靖国から分祀された後で、日本首相が
参拝しても、中国・韓国は抗議すると思いますよ。
「靖国神社は、日本軍国主義の象徴」と、中国・韓国は昔から宣伝していま
すから。

すごく不思議なのは、1949年に吉田茂首相(当時)が、日本敗戦後、初
めて靖国神社に公式参拝を再開したにもかかわらず、その後、中国(=中華
人民共和国)と韓国が、日本と国交を回復したことです。

「軍国主義・靖国神社への、日本首相の公式参拝放棄」を国交回復の条件に
していないのです。
いまさら、日本首相の参拝を問題にして「靖国は軍国主義」って言ってる
のは、日本たたきなのでしょうか?
この投稿に返信
2007年7月9日(月) 17時37分違反通報親記事 31件目
コメント 147 by TOMさん
A級とかB級という問題については、上で裕太郎さんがお答えになっている
のとおりですね。東京裁判に関する書籍を読めばだいたい分かりますが、残
念なのは、一部の有識者とおぼしき人達が、ランクとしてA級、B級という
言葉を使い、いかにもA級が極悪人であるかのような認識に立って、公共の
テレビ等でお話になっていることですね。
まぁ、多くの情報番組に出演されているパネラーと呼ばれる人達は、勉強不
足と思いますが、影響力はありますから怖いですね。

また、一部の政治家や文化人の中には、中国のスパイではないかと思えるよ
うな発言をなさる方がいるのも残念です。そして、もっと残念なのは、その
方々の発言が間違っていると判断できるような学校教育がなされいないとい
う点ですね。これこそ戦後教育の一番の誤りだと考えています。

自虐的論説に快感を覚える(自分こそ正義と勘違いしている)文化人が多い
こととそれが正論であるかのようにまかり通っている限り、今の状態を脱却
するのは困難であると考えます。

あと、これも残念な事ですが、チェリーパイさんのご主人の様な中国の方も
沢山いらっしゃる反面、私の友人のように反日教育をもろに受けた世代の方
もいらっしゃいます。個人的には、大変良い関係でおつきあいしています
が、戦争問題に話しが飛ぶと目の色が変わります。何度も激論を交わしまし
たが、お互いこの問題は譲り合えません。まぁ私の方が年上と言うこともあ
って、相手が激昂することはありませんが、難しい問題ですね。

話しが逸れてきましたので、靖国参拝について最後に私見を申しますと、一
国の首相として、国を代表して参拝するべきであると考えます。
変に私人でなどと、一見他国に気を遣ったような姑息な手段を執るべきでは
ないと思います。そのためにも、靖国神社についてタブー視せず、戦犯問題
も含めて国家として説明をドンドンするべきであると思います。

そのためには、今の一部のマスコミの皆さんが、偏見を無くし勉強して、自
国を愛する必要があります。祝日に国旗を掲げているマスコミがどの位ある
でしょうか?
この投稿に返信
2007年7月10日(火) 20時9分違反通報親記事 32件目
コメント 148 by 裕太郎
>>147 今日(13日)から靖国神社ではみたま祭りが開催されます。日本国家のため
に戦い、戦死していった多くの兵士に感謝しなが御霊に祈りを捧げる、お盆
という日本の文化を現代の私たちが受け継ぐまさしくおまつりであることを
忘れてはならないと考えます。
TOMさんがおっしゃるとおり、この機会に靖国神社に参拝し、靖国神社と
はどういうところであるかということを勉強してほしいと願うものです。
夜の靖国神社はたくさんのちょうちんが並び人々の魂を揺さぶる光景が展開
されています。
愛国心とは自然とではなく論理的に理解しない限り育ってはいかないと思う
のですが・・・・・・。
この投稿に返信
2007年7月13日(金) 18時33分違反通報親記事 33件目
コメント 157 by 裕太郎
>>148 62年目の終戦の日、館林では40℃まで気温が上がったという。この日、
孫を連れて靖国神社に参拝した。
境内は参拝に向かう人の列は昨年同様途切れることはなく、第一鳥居の前で
帽子を取り一礼、大村益次郎像を過ぎ神社の門へ両脇の日の丸が半旗とな
り、この日をあらわしている。
境内は蝉時雨と「海ゆかば」の歌声が響く、外では「靖国参拝反対」のデモ
が続く、今年は安倍首相を初めとして全閣僚が参拝拒否するなか高市早苗氏
ただひとりの参拝となったが、昨年と比べ静かな日になった。
靖国神社参拝を政治問題化し、アジア諸国(とくに中共、韓国)に不安と緊張
をもたらそうとする反靖国派(共産主義者)の策動によって、靖国神社本来の
趣旨である。国のために戦った人たちを慰霊する施設が軍国主義復活と歪曲
され、世間から無視される結果となったが、国家のために戦った戦死者を慰
霊することは当然国家が行わなければならない義務であると考えます。
国民の1人として私は毎年参拝を欠かせず、今日に至っていますが。あまり
にも無関心な国民と政治家が多いことに英霊たちの叫びが聞こえてきそうに
思うこのごろです。

この投稿に返信
2007年8月17日(金) 10時40分違反通報親記事 34件目
コメント 158 by TOMさん
>>157 東京から遠く離れた田舎住まいの私は、静かに黙祷を捧げることしかできま
せんでしたが、1分間の黙祷の中で、平和への感謝、祖国や家族のためを思
い尊い命を落とされた英霊への感謝、最後に自分自身を振り返り反省をいた
しました。

人が死ななければならない日、何をもって己に覚悟を決め、なにを頼りに決
心を固めるのか。私の父は、特攻隊への編入を言い渡され、死に直面したと
き、狼狽える心の中で、自分の死が持つ意味を探したそうです。
そして、自分の死が日本国のため、天皇陛下のためであり、さらには、死し
て靖国の英霊となることが残された家族の幸せのためだと言い聞かせ、そこ
に死の価値を見いだして覚悟を決めたと申しておりました。
当時まだ18歳。今高校野球の汗を流している高校球児と同じ歳での決断で
した。
幸い(私にとって)父の乗る戦闘機がグラマンの機銃によって破壊され、追
加の戦闘機が来る前に終戦となりました。
多くの同年兵を特攻機で送り出したとき、死に行く友に、靖国で会おう、俺
も後から行くからと行って送り出したと聞いています。
そんな父にとって靖国は、友が静かに眠る場所。
戦中戦後を生きた父の心の拠り所です。

誤った歴史教育のために、歪んでしまった靖国の英霊達は、静かな眠りを欲
しているでしょうし、日本国人である我々は、堂々と靖国を参拝するべきで
あろうと思います。
この投稿に返信
2007年8月17日(金) 23時4分違反通報親記事 35件目
コメント 159 by まひろ
>>67 最近,ちょくちょく新聞で見かける,昭和天皇が戦犯合祀後,靖国神社の参
拝をおやめになった件.また,その理由として戦犯の合祀を挙げていた件.
このスレッドの話の流れからすると,この判断は間違えているということに
なるのですね?
この投稿に返信
2007年8月18日(土) 23時57分違反通報親記事 36件目
コメント 160 by TOMさん
>>159 昭和天皇と現在の天皇陛下が靖国を参拝していない理由は、両者で、少し意
味合いが違うと思ってますが、個人的には残念ですね。
やはり、天皇家としては、靖国を参拝するべきであろうと考えます。
この投稿に返信
2007年8月19日(日) 19時21分違反通報親記事 37件目
コメント 164 by 鷲図無
>>67 間違いかどうかは自分で判断するほうがよろしいかと思います。
みんなの判断は、各個人でするものであり、人に流されるのでは無いからで
す。
私は、私が調べて、思った事を意見として書いたまでのことですから・・・
みんなに流されるようでは、結局マスコミや教科書にだまされていた少し前
の私と変わらない気がします・・・
自分の意見と信念をもって堂々と参拝して欲しいと思います。
この投稿に返信
2007年8月26日(日) 22時46分違反通報親記事 38件目
コメント 193 by tetujinnx
>>67
靖国神社この神社には「不自然さが残っている」・・つまり”
ある人間の「作為」がそのまま解決されずに先送りになってるのです。
それが戦争が一番の原因ですよね”
「戦って”お国の為と信じて死んだ軍人たち、骨も皮も残らず、木っ端みじ
んになって死んだ兵隊は多い。その人たちの墓でもあるのがこの神社です。
 その中に”異端児が祭られてるのが騒動の原因なんです。
”7人の英霊”A級戦犯と呼ばれる人たちです。この人たちがトラブルになっ
ているのです。」
政治家はこれを見てるだけで、何にも手を打てないから諸外国は政治家
の無能ぶりをはやしたてているだけです。
それだけなんですが、本当はもっと”もっと”深い意味があるのですが、
信じられない、ノストラダムス的な予言にもなってるのです。
神社の持つ意味が4っつあるのですが考えてみてください。
理由のない物が歴史に残るはずはありませんから
この投稿に返信
2010年9月12日(日) 4時30分違反通報親記事 39件目

39件目、このスレッドにコメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [書き込みの確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

マナーメール通知なし