おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

イチロー選手に関する話

記事 166 by
イチロー選手の話をするスレッドをたてました。

今後、イチロー選手に関する話は、このスレッドで盛り上がって下さいね。
愛工大名電高校時代〜オリックスブルーウェーブ時代〜シアトルマリナーズ
以降もイチロー選手の情報なり、意見なり、気持ちなり、思い出話なり、
皆さんどんどん書いてみて下さいね。
To:ぶんちゃん

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2006年12月15日(金) 16時35分 1件目のコメント
コメント 170 by 旅人
イチロー選手は、打撃ではバットコントロールの良さや
ヒットゾーンの広さが一番の武器だと思います。

ご本人は打てる球しか打っていないということらしいですが、
素人目にも「あの難しい球をあそこに持っていくか?」と感じる
芸術的なものを何度も見せています。

芸術的といえば、あの華麗な守備。
まるで打球が磁石でイチロー選手の方へ
吸い寄せられているかのような錯覚さえ覚えます。

あとは独特の価値観。あの哲学的な持論に支えられてこその
イチロー選手の野球なのかなと思います。
この投稿に返信
2006年12月16日(土) 16時24分違反通報親記事 2件目
コメント 173 by ぶんちゃん
>>170 イチローさんのバットコントロールのセンスは凄いですよね。
数字にも表れてますし、小さな体の日本人でもメジャーリーグで
トップ選手としてやっていけるという事を証明してくれました。

実は、私は、プロ野球の試合というのは、一度しか観戦した事がありませ
ん。唯一観戦したのが、東京ドームの日本ハムVSオリックス戦です。
当時、阪神とオリックスブルーウェーブが好きでしたから(^^ゞ

ずいぶん昔ですね・・・。たまたまなんですが、イチロー選手が
ライトを守っていました。今ほどは、注目を浴びてない時で、観客席は
ガラガラでした(^^ゞ
イチロー選手が、これから記録の連発をはじめようという時代です。
注目を浴び始めた頃だったので、イチロー選手のことは知ってたんです
けどね。イチローさんのプレイを生でみたのは、それが最初で最後です。

でも、ライトスタンドの前の方で観戦していたので、イチロー選手の
守備の姿ばかりがはっきりと目に入りました。ライトなので、あまり
ボールが飛んでこなくて、観戦のし甲斐というのはあまりありません
でしたけどね・・・。残念ながら、場所が場所だけにバッティングの
姿はよくみえませんでした。残念です。

唯一強く覚えているのが、回が変わる時に選手がやるキャッチボールです。
あまりボールが飛んでこないライトの観客の為になのかどうかはわかりませ
んが、パフォーマンス(ファンサービス)を何度かみせてくれました。
遠投でイチロー選手の方に跳んできたボールを何度か背中でキャッチして
そのボールをホィッと観客席に投げてあげたりしていました。

遠投のキャッチボールをしている時って、イチロー選手よくやってます
よね?背中でキャッチするパフォーマンス(ファンサービス)。
今でも、スポーツニュースでイチローさんの取材をやっている時などに
時々みかけます。昔からずっと、今もやってるんですね(^^ゞ
テレビでその背中キャッチの姿をみかける度に、あの頃の事を思い出し、
涙がでてきません(*^_^*)

でも、あの時に、イチロー選手がパフォーマンスをやってくれて、
「おっ」と思う事ができたからこそ、私が1つ思い出をつくるという
ことにつながりましたからね。プロ野球選手ってちょっとしたことでも
パフォーマンス(ファンサービス)は大事やなあって思いました。
ファンを大切にしているイチロー選手ならではですね。

そういう1つ1つの積み重ねが、ファンをつくり、子供たちがまた
イチロー選手を目指して頑張っていくという事に繋がるのかもしれません。

ほんまに、他の選手のこと、1人も記憶に残ってないですから・・・。
私も記憶に残る選手になりたいです。(意味不明)

あの凄さは、少年時代からの、コツコツとした毎日の練習の積み重ねが
必要だったでしょうし、ファンサービスもコツコツと積み重ねですね。

こんな凄い選手になるのなら、もっとじっくり見ておけばよかった・・・。
この投稿に返信
2006年12月18日(月) 1時11分違反通報親記事 3件目
コメント 175 by やっはあ
>>173 ぶんちゃん、はじめまして。
最近、他スレッドで旅人さんと野球の話ばかりしてる、やっはあといいま
す。

私がイチロー選手の事で一番印象深いのは、彼が小学校の卒業文集で書いた
作文です。そこに彼はこんな事を書いてました。

「僕は野球が好きで、正月なんかの数日以外はほとんど毎日練習しました。
友達と遊びたい時もあったけど、我慢して練習しました。こんなに頑張った
んだから、将来絶対にプロ野球選手になりたいです。」

この話を聞いてから、彼の一番の才能は誰よりも野球が好きであること、そ
う思うようになりました。客観的に見ても、運動能力などで彼よりも優れた
資質を持つ選手は少なくないと思います。それでも彼を超える選手が現れな
いのは、そんなところに差があるんではないでしょうか。

野球を愛する気持ち、野球に対する真摯な姿勢、子供達にはこれ以上無いお
手本ですから、今後も頑張ってもらいたいですね。
この投稿に返信
2006年12月18日(月) 2時41分違反通報親記事 4件目
コメント 177 by ぶんちゃん
>>175 やっはあさん、はじめまして。
といっても私の方は、存じあげてたりするんですけど(^^ゞ

さて、イチロー選手の話ですが、やっぱり子供頃から、普通の小学生とは
違う練習の積み重ねをやってたんですね。

子供の頃ですから、楽しく野球をやりたい子は、やればいいですし、
口にはプロ野球選手が夢だという子は、たくさんいるでしょうけど、
イチローさんは、ほんとうに本気だったのかもしれませんね。

なんでも、目標をもってやるのと、ただ楽しいからやっている場合や
目標が小さい場合とでは、伸び方も違うでしょうし、練習1つ1つに
ついても、やる心構えも違うでしょうし、なぜ、こういう練習をするのか
を考えたりしながらやってたのかもしれませんね。

もちろん、そういう方向に導いたのは、チチローさんなのかも
しれませんけど・・・。

それでも、子供なら、遊びたいでしょうし、好きなもの一筋で?やって
これたのも、本気で好きだったんでしょう。子供の頃から、好きなこと
一筋で何年もつづけていく続けていけるなんてのは、私にはできません。
というかやってませんけど(^^ゞ 今まで10年以上好きで続けたもの
なんて1つもありません。

どんなことでもそうですが、人間が未知の領域に達する為には、少しの時間
でも毎日続けて行く事が、もっとも遠くて近い道だと思っています。
多くのプロ野球選手の方々も、記録を残すような選手は、みんなそうなん
でしょうけどね。それを実践するのが難しい・・・。

イチロー選手は、野球の道でそれをやりのけたんだと私は思っています。
ただ、たまにCMにでたり、ドラマにもでたりしているのを見かけます
けど、お芝居でのしゃべりの方は、ちょっとヘタですけどね(^^ゞ
それでいいんだと思います。何もかも完璧やと逆に怖いですからね。

ローマは一日にしてならずですから。
この投稿に返信
2006年12月18日(月) 23時13分違反通報親記事 5件目
コメント 178 by 旅人
>>173 背面キャッチはイチロー選手の代名詞といっていいほど
定着していますよね。ファンサービスのひとつとして
行っているんだと思います。

他にも、イチロー選手だけではないですが、
攻守交代時の全力疾走。打撃直後にも全力で一塁に走っていますよね。
自分はプロの選手としてグラウンドに立っているんだという
強い自覚が感じられました。

ぶんちゃんもきっと記憶に残る選手になるでしょう。多分笑
この投稿に返信
2006年12月19日(火) 21時38分違反通報親記事 6件目
コメント 187 by ぶんちゃん
>>178 背面キャッチってイチロー選手の代名詞みたいなものなんですね。
実際に生で目の前のすぐそこで数回みたのと、テレビで1回(米国)見た
だけでしたけど、それで昔の事を思い出したんですけどね(^^ゞ

そういえば、オリックス時代、イチロー選手がバッターボックスに立った
時、スタンドから、イーチロー、イーチローという掛け声が鳴り
響いていたのを覚えています。

今は、チームもシアトルマリナーズですし、国も違うし、イチロー選手が
バッターボックスに立った時に流れるテーマ曲というか、スタンドからの
掛け声みたいなのがあったりするんですかね?どなたかご存知ですか?
この投稿に返信
2006年12月22日(金) 18時46分違反通報親記事 7件目
コメント 188 by 旅人
>>187 掛け声やテーマ曲…。う〜ん。
パ・リーグはちょっとうとい旅人です。
どなたかにご協力頂くしかないかな?
この投稿に返信
2006年12月22日(金) 21時7分違反通報親記事 8件目
コメント 212 by りょう
>>166
もぅ、イチローのバット持ってる姿、見れないんですねぇ。
寂しいね。
この投稿に返信
2018年5月5日(土) 12時15分違反通報親記事 9件目
コメント 213 by りんご
>>212
野球の知識はありませんが、某精神科医の本が好きで読んでいて、イチロー選手の子供の頃からの家庭がすばらしいと本に出ていました。
親子で趣味が通じる家庭にあこがれます。
親子で共通していればお互い趣味を楽しめる。
あれがしたいこれがしたいと思っていても、子供だけではどうにもならない事って結構ある。
私は子供の頃やりたいこと(というかやれそうなこと)はあったけど、
親が猛反対、親の理想像おしつけられてましたんで、ちょっと無理があったらしい。大人になって自分で働いて経済的になんとかなってから(もう中年なのでできることはすんごく限定されてくる。)やりたかったことをちょこちょこやってすこし自分で取り戻せたかなと感じている。
この投稿に返信
2018年5月5日(土) 19時49分違反通報親記事 10件目

10件目、このスレッドにコメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [書き込みの確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

マナーメール通知なし