おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

つまみ読み
記事 318 by 猫好きです

[相談]
どうも、猫好きです。さっそく話題になりますが、私はすごくと言っても... ( 続きを読む )

1.
周りの人を良く観察しましょう(*^-^*) ryoku=りょく
2.
大丈夫ですよ少しずつ明るくなりましょ ケン
3.
観察ですね 猫好きです
4.
少しずつ話せばいいんですね 猫好きです

5.お互い頑張りましょう

メール転送可
コメント 324 by 雅治
猫好きですさん

はじめまして 
雅治といいます。
俺も同じような性格です。
嫌われてるかもとか思わない方がいいですよ。
俺もたまに気にしますがよっぽどの事がない限り
嫌われたりしないみたいですね。
ホントに気が合わないなら無視されたりしますよ。
そうゆうひとはほっとけばいいんです。

聞く内容は女性ならばファッションとか音楽やコスメとかカフェ
とか好きな芸能人などなど聞いてみたらどうでしょう?
学生さんですよね?

学生さんならばさっきのテストどうだった?
とかこの先生面白いよねとか好きな人いるとか?学校関係の会話
なんかいいですね。俺もネタがない時はよく学校関係の話しますよ。

一番大事なのは相手に合わせることじゃないでしょうか。
相手の話に合わせるとこの人私と話し合うなぁとか思いますよ。

あと暗いとか思うとよくないですね。私暗いんですというオーラ
を出している事になりますよ。

もじもじしゃべっている人も嫌われるのではっきり大きな声で
しゃべるようにしましょう。いつも笑ってる人も印象いいですよ。
すこしづづでいいので努力してみましょう。

やっぱ自分から話かけた方がいいですね。
俺も自分から話さないで待ってる方でした。
その結果友達があんまりできなかったですね。
まずは話しかける事からはじめてみてください。
To:雅治

返信を書き込む

主題: 私は静か、暗い性格です。すごい悩んでます

コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2004年3月1日(月) 23時53分 親記事 6件目のコメント
コメント 325 by 猫好きです
>>324 雅治さんへ

わかりやすいアドバイスありがとうございます

よく考えたら私はしゃべる時「こえが小さい」とかいわれたことあ
ります。
あと自分からしゃべりません

でもやっぱり笑顔と自分から話しかけることが大切なんですね。

とても参考になりました^^
やってみたいと思います。
この投稿に返信
2004年3月2日(火) 7時29分違反通報親記事 7件目
コメント 765 by 永美
私も昔から同じような性格です。
私は中年女性なので言えることですが、学生の頃はアレルギーが出るほどに本当に悩んでいましたが、年を取るにつれて自分を受け入れられるようになるので必ず将来あなたの性質が好きになっていくと思います。

暗いって響きは悪いかもしれないですが、色々なネガティブなことをすぐ思いつくので未来の危機管理が他の人より事前に対処できるし、静かなので、派手な生活で散財しないので良いことずくめです。特にネガティブな性格って本当に役に立っていてあらゆることを常に心配してるので、本を読みまくって他の人よりやけに知識が増えて、将来ブログも書けるかもしれませんし、それなりの職業につけるチャンスもあるし。
性格って簡単に変わらないので、どれだけ早く逆転の発想に気付くかだと思います。
この投稿に返信
2019年4月24日(水) 12時52分違反通報親記事 8件目
コメント 769 by obi
>>318
あなたのような方は案外多いように思います。人は自分を中心に生きてしまいがちで、自分以外の人が何をどう感じているのかに気づけないことが多いのです。その結果、あなたが言うように「人の反応がこわい」って思ったりしがちなんです。でも、それって、ごく当たり前なことなので気にしないようにできます。その方法は、相手の心に今何がどのように描かれていて、それをこの人はどのように私たちに伝えようとしているのだろうか、って気持ちで耳を傾けるのです。無理に話そう、反応しようとせずに、まずは耳を傾けて相手の心の中を伝えようとしている言葉を自分の心の中に描いていくのです。いつの間にか返事をしたり、相槌を売っている自分がいることになるかもしれませんよ。やってみてください。
この投稿に返信
2019年11月21日(木) 16時1分違反通報親記事 9件目