おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

基礎練でのダイナミクスの練習法

メール転送可
記事 757 by
 はじめまして。

 基礎練でのダイナミクスの練習の仕方がよく分かりません。去年卒業され
た先輩もそれに関してはほとんど教えてくれませんでした。
 最近はいろいろと自分で練習法を考えているのですが、たたく前に音量を
設定したり、16分や3連符等のタイミングの応用パターンにクレッシェン
ドやデクレシェンドを加えたりして行っています。

 このような練習法でもダイナミクスが身につくのでしょうか。またお勧め
の練習法などがあれば教えていただきたいです。

 また、恥ずかしながらクレッシェンド・デクレッシェンドの掛け方がいま
いちあいまいです。ロールは放物線のように描けばいいということは聞きま
したが、ロール以外での掛け方(4分音符や16分のリズムなど)は比例で
いいのでしょうか?(今はこの掛け方で練習しています)
To:U.N.Owen

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2009年6月26日(金) 23時41分 1件目のコメント
コメント 759 by 練習の鬼
>>757
はじめまして。

ダイナミクスの練習の仕方はいろいろありますが、基本はフォルテと
ピアノがハッキリ出すことです。

例えば単純な16分音符の連打をやるとします。

RLRL RLRL RLRL RLRL 〜

これをまず
(1) 全部ピアノで
(2) 全部フォルテで
やります。全ての基本となります。

次に
(3) 4拍フォルテ・4拍ピアノの繰り返し
(4) 2拍フォルテ・2拍ピアノの繰り返し

さらに
(5) 1拍おきにフォルテ、ピアノの繰り返し(ffff pppp〜)
(6) 半拍おきに(ffpp ffpp〜)

どうですか?しっかりfとpの差がつけられるでしょうか?fに
つられてpが大きくなったりしていませんか?

続けましょう。
(7) 右手だけフォルテ(fpfp fpfp〜)
(8) 左手だけフォルテ(pfpf pfpf〜)

これで基本は一応終わりです。つづいて「m」すなわち「メゾ」
を入れる練習です。

(9) 4拍おきにp、mp、mf、f、mf、mp〜を繰り返す

さらに、この4つのダイナミクスを上の(4)〜(8)の練習にあてはめて
さらいます。

ダイナミクスの基本はfとpだけです。あとはそれにmがついたり
fやpの数が増えたり減ったりするだけです。

ちなみにクレッシェンド・デクレッシェンドは(9)の練習でしっかり
各ダイナミクスの叩き分けができないと、うまくいきません。
この投稿に返信
2009年6月29日(月) 21時57分違反通報親記事 2件目
コメント 760 by U.N.Owen
>>759
ご親切にありがとうございます。
早速やってみました。
それで、ここはどうなんだろうか、と思うところがあったのでお尋ねしま
す。

fからpへ切り替わるとき、アクセントのように聞こえてしまうのです。
切り替えるときにダウンストロークで叩かなければならないので仕方のない
ことなのでしょうか?

この投稿に返信
2009年6月29日(月) 22時36分違反通報親記事 3件目
コメント 761 by 練習の鬼
>>760
さっき書き込んだばかりなのに、すぐ試せるとは
練習環境が整っていますね。

>fからpへ切り替わるとき、アクセントのように
>聞こえてしまうのです。

うーん・・・例えば、

RLRL RLRL RLRL RLRL

の手順で

ffff pppp ffff pppp

と打つとします。4ストロークは理論は

FFDD TTUU FFDD TTUU

となりますね。ご存じかと思いますが

F:フルストローク
D:ダウン 〃
T:タップ 〃
U:アップ 〃

です。そしてご指摘のようにpに入る直前は左右の
ダウンストロークで、フルもダウンも音量は同じですが
ダウンはローポジションでリバウンドを止めるためか、
ややグリップが固くなってアクセントのように聞こえる
かも知れませんね。

音量は音の大きさだけで決まるものではなく、音質や
立ち上がり、タッチなど様々な要素がからんできます。
実際の演奏ではpの前のfにアクセントが付き気味に
なる事を見越して、タッチをコントロールすれば対応
可能だと思われます。
この投稿に返信
2009年6月29日(月) 23時15分違反通報親記事 4件目
コメント 762 by U.N.Owen
>>761
ご返答ありがとうございます。

練習パッドとスティックがあるので、一応いつでもできる状態なのです。

タッチのコントロールですか、すごく難しいです。
2年もやっててでできないのは今まで何も考えもせず叩いてただけだったせ
いですね。
4ストロークの理論も半年ほど前に知ったばかりです……

これらのことに注意して練習していこうと思います。

すみませんが、もう1つ、お尋ねしたいことがあります。
過去スレにあった表現の基礎練についてなのです。
今ダイナミクスの基本的なことを教えていただきました。また、それらのポ
イントも過去スレやご返答を見ていくらか分かりました。ですが、具体的な
練習法は、自分が知る限りアクセント移動ぐらいしか練習していません。他
に効果的な練習、もしくは練習法が書かれた教則本があれば教えていただけ
ないでしょうか?

あつかましくて申し訳ありません。
この投稿に返信
2009年6月29日(月) 23時46分違反通報親記事 5件目