おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

小太鼓って難しい

メール転送可
記事 401 by
パーカッションの中学生です。 最近打楽器をやりはじめて、いま小太鼓や
っているのですけど、きれいでかるいロールができないんです。
あと、小太鼓の強弱のだしかたとか、丁寧なたたきかたとか、
いつでもできる練習法とか、実際に楽器をつかうときにやる練習法とかが、
ありましたら、聞きたいです
To:きいこ

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2006年8月11日(金) 12時55分 1件目のコメント
コメント 403 by 練習の鬼
長いです笑印刷などしてじっくり読んで下さい。

質問を整理してみました。

>きれいでかるいロールができないんです。

打楽器は叩けば音が出るので、ちゃんとした練習方法を
学ぼうという人が少ないのが残念です。ロールも、ただ
スティックをジコジコ押さえつければ、それなりにころがって
聞こえますが、これではキメの細かな、f−pが自在に出せる
ロールにはなりません。

ピンポン玉を卓球台の上で弾ませると
○ ○ ○ OOOooo。....と、
こんな感じでバウンドしながら小さくなっていきます。それを
ラケットで上から軽く押さえ圧力をかけると、
○○○OOOooo。....と、音の間隔が細かくなります。

このイメージでスティックをバウンドさせます。ここで注意
したいのはスティックを力で押さえつけるのではなく、あくまで
音の密度をつめるため圧力をかけると言うことです。

(1) 準備練習
 まずは片手ずつ。本物のスネアの方が良いのですが、練習台
でもかまいません。
なるべくはねる打面を準備してください。スティックは演奏用の
もので練習します。

ポイントはなるだけ細かく長くすること、1打目にアクセントが
付かないようにすること、そして音の間隔を均等にすることの
3点です。「ダラアァァ...」ではなく「ザアァァ...」
というサウンドです。図にするとこんな感じです。

○○○OOOooo。....(なるべく長く)

特に1打目のアクセントが付かない様に注意して下さい。
アクセントが付いてしまうとそのあといくらキメを細かくしても、
ロールに聞こえません。

(2) 両手打ち
続いて両手一緒にやります。ポイントは左右同じ長さにはずませる
事です。こんな感じです。

右手 ○○○OOOooo。....○○○OOOooo。....
左手 ○○○OOOooo。....○○○OOOooo。....

ほとんどの人は利き手じゃない方ははずみが少なく、すぐに減衰
してしまいます。

○悪い例(左右同じ長さではない)
右手 ○○○OOOooo。....○○○OOOooo。....
左手 ○○○OOoo。....   ○○○OOoo。....

(3) 左右で
いよいよ左右交互です。
片方のバウンドが続いている間に、もう片手の音を出し、持続音に
なるように心がけます。

右手 ○○○OOOooo。.... ○○○OOOooo。....
左手       ○○○OOOooo。.... ○○○OOOoo
o。....
 
 ゆっくりから。ポイントは打ち直した時↑ここ がなるだけ
開かないようにします。左右交互に切れ目なく音を出し、音を
つなげていきます。この「音をつなげる」感覚がロールで一番
大切な部分です。

>小太鼓の強弱のだしかたとか、

基本ではスティックの高さで強弱を変えます。fの時は高い
位置から素早く、pの時は低い位置からさわるようなタッチで
演奏します。結局、音の強弱はスティックのスピードで決まり
ます。

>丁寧なたたきかたとか、

小太鼓と言えば早く叩く、早く手が動けばいいと考えがちですが
まずは「正確に」動かせる事が第一です。そしてなるべく「長く」
「ツブのハッキリとした音」で練習するように心がけてください。

それには練習台での基礎練習が一番です。自己流のロール、詰め
込んだような16分音符、いちいち強弱が違う4分音符、ふらふら
と安定しない裏打ち・・・苦手なテクニックは誰でも苦手です。

教則本はお持ちですか?
小太鼓は自己流では決して上手になりません。教則本をやる、
教則本をみても判らないなら打楽器の先生から習う。初めて
習う英語も教科書だけじゃわかりません。先生が必要です。

>いつでもできる練習法
メトロノームと練習台と教則本。きいこさんにいま必要な練習は
この3点セットがあれば十分です。練習法は教則本に従って下さい。

基礎練習は根気のいる練習です。座って練習してもかまいません。
立ちっぱなしは疲れが早いです。疲れると音やフォームに気が
回らなくなります。
時には鏡やガラスを使って自分のフォームをチェックするのを
忘れないで下さい。

>実際に楽器をつかうときにやる練習法とか
練習台での練習は「打楽器の基礎練習」です。小太鼓の練習では
ありません。ですから実際に小太鼓で練習するのは基礎打ちの
様な練習法ではなく、小太鼓の特有の奏法を練習します。

例えば叩く場所や強弱を変えたロールやフラム、ラフなどの飾り打ち、
そして何よりも小太鼓の「曲」をたくさんやって下さい。いくら練習台を
叩いても「小太鼓」という楽器そのものは上手になりません。楽器は
基礎練だけでは上手になりません。たくさんの「曲」をこなす事で
ウデがあがります。

ここでもやはり教則本の登場です。教則本の最後の方にある小太鼓の
ソロ曲もいいでしょう。または小太鼓の練習曲集を買うのもいいです。
色んな拍子、いろんな形のリズムやロールに触れておけば怖いもの無し
です(^^)

最後に小太鼓はあらゆる打楽器の基礎になる楽器で、打楽器奏者はみんな
小太鼓の練習を通して、打楽器の基礎を学びます。ですから小太鼓が
上手になれば、いろんな打楽器に応用が効きます。しっかり練習して
打楽器の基礎=小太鼓のテクニックを身につけて下さい。
この投稿に返信
2006年8月11日(金) 20時40分違反通報親記事 2件目
コメント 404 by きいこ
>>403 ありがとうございます
印刷して練習用ファイルにいれときます。
教則本はもってないんでぜひこの機に買いますね
すっごく参考になったのでこの練習法つかいますね
本当にありがとうございました( ^^) _旦~~
この投稿に返信
2006年8月12日(土) 11時49分違反通報親記事 3件目

3件目、このスレッドにコメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [書き込みの確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

マナーメール通知なし