おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

練習の仕方が悪いかもしれません

記事 1006 by
高校で打楽器やってます。
マーチのスネアをすることになったので
オープンロールやアクセントなどの練習をしているのですが
思うように伸びません。
それらの練習を始めてからもう一週間たちます。
私は一つのことを練習するときに結構細かく練習するので、
時間がかかってしまいます。
それはあまり良くないことなのでしょうか?
また、効率よくするにはどうすればいいのでしょうか?
To:無責任

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2012年9月16日(日) 22時24分 1件目のコメント
コメント 1007 by 練習の鬼
>>1006
>マーチのスネアをすることになったので
>オープンロールやアクセントなどの練習をしているのですが
>思うように伸びません。

練習を始めて1週間なんですね。そのぐらいなら「まだ何も練習
していない」に等しいですよ。本当の練習はこれからです。

>私は一つのことを練習するときに結構細かく練習するので、
>時間がかかってしまいます。

みんな同じです。オープンロールやアクセント奏法はスネアの
基本中の基本奏法です。ところが、この「基本・基礎」という
のが一番やっかいで、身につけるのに時間も手間もヒマも
かかり、何年も時間を費やします。

自分は打楽器をはじめて30年以上過ぎましたが(現在40代)、
まだダブルストロークを練習していますよ。

>また、効率よくするにはどうすればいいのでしょうか?

そんなのはありません。知っているならすぐお教えしますし、
そんなのがあるなら自分だって知りたいです。

最初から完成品のオープンロールで演奏できなくてもいいのです。
少々つぶれて片手が3打や4打になってもいいので、まずはロールの
始まりや終わりをキッチリハッキリ、長さをしっかり守って音を出して
ください。

またアクセントは「アクセントをつける」のではなく「アクセント以外の
音量を落とす」事を念頭に練習して下さい。
アクセントの音はくっきり、固めに。グリップもタイトに。
アクセントは単に「音量」の違いではなく、アクセントに聞こえる
「音質・タッチ」の技術なのです。
音量だけでアクセントをつけると、ただバタバタとうるさいだけの
奏法になります。

ノーアクセントの音量やタッチをどうするか。練習台から出てくる
音をよく観察して下さい。
打楽器の練習は「手」だけでなく、もっともっと「耳」を使って
練習してください。
この投稿に返信
2012年9月17日(月) 22時48分違反通報親記事 2件目
コメント 1008 by 無責任
>>1007
練習の鬼さん
コメントありがとうございます。
まだまだ成果は見えませんが日々頑張っております
質問ですが、きれいなオープンロールをするためには
最低でもどれくらいのテンポでできれば良いのでしょうか?
また、クローズドロールにも応用できるのでしょうか?
この投稿に返信
2012年9月21日(金) 22時5分違反通報親記事 3件目
コメント 1009 by 練習の鬼
>>1008
「最低でも」って言うことは、裏を返せば「早く叩けばいい」と
考えているように思われます。

オープンでもクローズでも、鍵盤やティンパニ、サスペやバスドラ
のロールでもそうなのですが、「ロールは速い」というイメージが
あると、逆にきれいなロールから遠ざかってしまうように思います。

ロールは「速く叩く技術」ではなく「響きや鳴りをつなげる技術」
です。

スネアできれいなオープンを聞かせたいなら、まずテンポよりも
1打目と2打目音、そして右手と左手がすべて「均等、均一」で
あるように心がけてください。

「均等均一」とは音量、音質、音色、タッチ、フォーム、、グリップ
角度、スピード・・・などなど、さまざまな観点からの観察が
必要です。

>また、クローズドロールにも応用できるのでしょうか?

スティックをコントロールする技術はオープンの応用がききますが
そもそもオープンロールとクローズロールは、サウンドも奏法も
全く別の技術です。別個に考えて練習して下さい。

ロールは

RRR・LLL・RRR・LLL〜

または

RRRR・LLLL・RRRR・LLLL〜

などの片手連打がオープンにもクローズにも大変効果的です。

ロールが上手に叩けるには、ロールそのものの練習も大切ですが
その他の基礎技術とも有機的につながっています。上に書いた
ような片手連打もしっかり練習して下さい。
この投稿に返信
2012年9月21日(金) 22時32分違反通報親記事 4件目
コメント 1010 by 無責任
>>1009
練習の鬼さん
ありがとうございます
良く見て、よく音を聴きながら練習してみます。

最後に質問したいのですが、
基礎ができていなければ曲は成り立ちませんよね…
今は何をするときも、まずフォームを重視しながらやっています。
曲を演奏するとき、どうしてもフォームが崩れてしまうので
曲の練習はあまりせず基礎練習の時間ばかりしてしまいます。
おそらく個人練習時間の9/10は基礎です。
丁寧にすることは大事だとわかっているのですが、
次々に演奏会が舞い込んでくるので、気にしすぎていると間に合わない気が
してきました…
ここまで長くて大丈夫でしょうか?
また、基礎の種類は少しのものを重点的にするよりも
様々な種類のものを取り込んでいくべきでしょうか?
この投稿に返信
2012年9月22日(土) 22時57分違反通報親記事 5件目
コメント 1011 by 練習の鬼
>>1010
遅くなりました。

今回は微妙なモンダイを含んでいますので、より
慎重に書いてみたいと思います。

>基礎ができていなければ曲は成り立ちませんよね…

かつて自分も、そう考えていた時期がありました。

でも基礎が全然叩けなくても、例えば自分の知り合いで
スネアのロールが全くできないジャズドラマーがいるのですが、
いつも人をゴキゲンにさせるドラミングを展開する人がいます。
その人はロールどころか、楽譜も全く読めません。

また逆に、基礎はバッチリでもヘタクソな打楽器奏者は山ほど
います。

確かに奏法は基礎の上に成り立つのですが、それと「音楽」を
する事は、別の事の様に思うのです。

>今は何をするときも、まずフォームを重視しながらやっています。

大切なことだと思います。ただフォームがいくら良くなっても
技術や音楽性が高まるわけではありません。

>曲の練習はあまりせず基礎練習の時間ばかりしてしまいます。
>おそらく個人練習時間の9/10は基礎です。

結論から言って「時間がもったいない」です。
自分ならもっと曲の練習をやります。これは「練習曲」も含みます。

>次々に演奏会が舞い込んでくるので、気にしすぎていると間に合わない気

>してきました…

もっともっと曲の練習に時間を向けてください。そして本番や合奏で
上手く行かなかった場合が「基礎」にあるとき、基礎を見つめ直せば
良いのです。

・・・これは中学・高校の打楽器奏者の方におすすめの方法です。
そうしないと3年間、あるいは6年間という時間は打楽器を習得する
のには、あまりにも時間が短いのです。

>また、基礎の種類は少しのものを重点的にするよりも
>様々な種類のものを取り込んでいくべきでしょうか?

種類を増やしてください。
また、基礎と基礎を組み合わせた「応用基礎」ももっとやってください。

考え方としては、

(1)
シングルパラディドル(RLRR・LRLL)に2つ打ちを加えた
ドラガディドル(RRLRR・LLRLL、最初の音をダブルにする)

とか、

(2)
16分音符の流れがあって、

RLRL・RLRL〜

アクセントを入れる

>LRL・>LRL〜

次に、アクセントをダブルに変える

RRLRL・RRLRL〜

アクセントを休符に変える

_LRL・_LRL〜

などです。次はアクセント位置を変え、(2)の最初に戻ります

このように、工夫すれば一つの練習でダブルストローク、
アクセント奏法、リズム打ち・・・など様々なことを練習
できます。

打楽器が上手な人は、みんな「練習の仕方」が上手です。

私たちの目的は「打楽器を叩く事」ではなく打楽器の演奏で
「音楽」をする事です。
「叩くこと」だけに気を取られず、その先にある「音楽」に
目を向けてください。
この投稿に返信
2012年9月29日(土) 10時21分違反通報親記事 6件目