おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

相続税の損得等についてお尋ねします。

メール転送可
記事 63 by
[質問]
どなたか、相続税について教えて下さい。まず、生前に相続を受けたが
得か否か、又、幾ら以上が対象になり、不動産の場合と現金の場合の
かかる税金に違いがあるのでしょうか?よろしくお願いします。
To:弘

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2004年2月14日(土) 16時19分 1件目のコメント
コメント 64 by 聞きかじり
弘さん

どちらが得というのは、一概には答えられないと思います。
財産の内容や、考え方、贈与の目的などによって、いろいろと
変わってきますので。

贈与についてお答えするならば、
1年間(1/1から12/31の間)にもらった財産が110万以下なら
贈与税はかかりません。
もらった人単位で考えますので、2人からもらったら220万までに
なるかというと、そうではありません。
弘さんがいくらもらったのかが、問題になります。
これが、基本的な贈与税ですが、現在は「相続時精算課税制度」と
いうものがあり、生前贈与については税務署に所定の手続きを
することによって、2500万まで『贈与税』はかからない
制度があります。ただし、これは、くれた人が死亡した時に、
『相続税』に振り替えて、税金がかかってきます。
税金を先延ばしにするだけの話です。

具体的には、税理士や税務署に相談することをおすすめします。
前述は本当におおまかな話で、決して『正しい』説明ではありません。
贈与、相続の税金に関しては、こういった場で説明できるほど、
簡単ではありませんので、これ以上の説明ができないのです。

また、現在、与党の税制調査会において、相続税の課税最低限を
引き下げる案がでていますので、『相続税・贈与税』に関しては、
今後の法改正の内容によって、大きく変わってくる可能性が高いと
思われます。

なお、現金と不動産の贈与を受けた際の、税金の違いですが、
まず、『贈与税』がかかることに違いはありませんが、
不動産の場合、都道府県より『不動産取得税』というものが
課税されますし、不動産の登記の際に『登録免許税』がかかります。
そして、贈与登記をした翌年から市区町村役場より『固定資産税』が
毎年課税されてきます。
この投稿に返信
2004年2月14日(土) 22時42分違反通報親記事 2件目
コメント 67 by 弘
>>64 聞きかじりさん
有り難うございました。贈与税と相続税の違いも何となくわかりました。つまり、生前贈与は、手続きをとれば、贈与税はかからないけど、贈与した人が、死亡した時に相続税がかかるのですね。2500万円までは贈与税はかからないけど、相続税は金額にかかわらず、かかるのですね。勉強になりました。
この投稿に返信
2004年2月15日(日) 10時55分違反通報親記事 3件目
コメント 68 by 聞きかじり
弘さん

ええっと、誤解を与える文章の書き方をしてしまってすみません。
現在の法律によれば、相続税も亡くなった方の遺産の総額や、
「相続時精算課税制度」の適用の有無などによって、税金がかかる
場合とかからない場合があります。

ですから、うまく活用すれば、贈与税も相続税もかからずに済む
可能性があります。

ただ、前にも記載したように、法改正の動きがありますので、
贈与してくれた方が亡くなるまでの間に、どのような改正が
今後行われるのかによって、どうなるのかは、先が読めないのです。

今、贈与した方が70歳だとすると、これから10年〜20年の
間に、どう法律が変わるのか、それは誰にもわかりませんので、
弘さんのおっしゃるとおり、贈与税はかからなくても、相続税は
必ずかかるようになるかもしれませんし、相続税そのものが
なくなるかもしれませんし、、、、。また、逆に、当時贈与税を
納めておいたほうが、税金が安く済んだかもしれない、ということに
なるかもしれないのです。

そういった、未知の可能性があることを考慮した上で、
正しく細かな説明をプロから受け、どうするかを判断してください。
この投稿に返信
2004年2月15日(日) 22時52分違反通報親記事 4件目
コメント 69 by 弘
>>68 聞きかじりさん
ご親切に有り難うございます。このことを税務署に相談したら、相談者の有利な立場にたって親身に相談に乗ってくれるでしょうか?それとも、の立場で有利にもっていこうとするのでしょうか?、費用はかかるけどやっぱり、税理士さんが安心なのでしょうか?

この投稿に返信
2004年2月17日(火) 4時15分違反通報親記事 5件目
コメント 70 by 聞きかじり
>>69 弘さん

読んでいただけて、よかったです。
大丈夫ですよ。
税務署も「節税」の方法は、きちんと教えてくれます。
「税金についてきちんと勉強しておきたい」
という方には、とても親切です。

税理士に頼むかどうかは、いったん税務署に手続き等を
相談してから考えてもいいかと思います。
具体的なことを税務署に聞いてから、自分でやるかどうかを
判断しても遅くはないと思います。
この投稿に返信
2004年2月17日(火) 20時29分違反通報親記事 6件目
コメント 71 by 弘
>>70 聞きかじりさん
有り難うございました。「税務署はいかにあらを探してお金を取り立てるか」というイメージを持っていましたが、節税についても相談に乗ってくれるのですね。安心しました。早速相談してみます。本当に有り難うございました。
この投稿に返信
2004年2月18日(水) 23時58分違反通報親記事 7件目