おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

母親を尊敬してますか?(長文です)

メール転送可
記事 1478 by
 私の母親は、自営業の父と結婚し3人の子供を産み、子供が小学生のころ
から社員として働いていました。 
 父は、お金にルーズだったため、そういう面では苦労したと思います。

 一生懸命働いて育ててくれたことには感謝しているのですが、私が23歳
のころ、父の仕事が下り坂になり住宅ローンの支払いなど生活が苦しくなり
ました。
 その上、父がアル中になり、家の収入は母親と私の収入のみになりまし
た。(他の兄妹は結婚して家をでてます)
 
 金利の高いときにローンを組んだので、月の返済は15万もありました。
 家計を助けるために、私の給料も一部援助していましたが、他にも借金が
ありこれからどうすればいいんだろうと思っていました。
 
 そのころの母親は寝ている父を掃除機の柄でたたいたり、ただ怒鳴って抑
えられない感情を父にぶつけていました。
 夫婦でこれからのことを話し合うこともなく、結婚している兄にうちがこ
んなに困っているのにどうして助けてくれないのかとか、遠方に暮らしてい
る祖母(父方)に援助してくれるよう私に言わせようとしました。
 
 そのうちに父が、酒びたりの生活だったため体を壊し入院して3ヶ月で亡
くなりました。
 入院した初日、医者からもしかしたら体力的にもたないかもしれないと言
われたと母親に話したら、「まあじゃあお葬式になったらどうしましょ」と
父の心配よりも葬式を出す心配をしていました。
 
 父の入院中、私はほぼ毎日父の様子を見に病院に行っていたのですが、母
はほとんど行きませんでした。(休日も)
 でも、父が亡くなったことを親戚に連絡するときは泣きながら話していま
した。
 
 父がまだ元気なころ、母親がよく言っていました。「お父さんとは好きで
結婚したんじゃない。 親同士が勝手に決めてしょうがなく結婚したのよ」
と。 
 父親と母親は子供を作って結婚生活をしていたけれど、心はバラバラだっ
たんだなと痛感しました。

 父の生命保険で住宅ローンの返済も終わり、母親は少し余裕のある生活が
出来ています。
 今度は、兄のお嫁さんに不満があるらしく陰で文句をよく言っています。

 年老いていく母親を責めるつもりはないのですが、心の中で母親に対して
嫌悪感を持っています。
 私も結婚して父が他界してから9年たちますが、あのころの母親の言動が
忘れられません。
 
 自分が母親、妻になってみて強く感じるのですが、親は子供の見本になっ
ていて欲しかった。
 夫婦はつらいときでも助け合って、思い合っていて欲しかった。
 
 みなさんは親のことどう思っていらっしゃいますか?
 もしよろしければご意見をお聞かせください。 
To:かりんとう

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2007年1月31日(水) 15時27分 1件目のコメント
コメント 1480 by み
>>1478 かりんとうさん、つらいことがありましたね。

読んでいて、私の境遇にちょっと似ていると思いました。もっとも、私の父
はただの酒好きで、依存症ではありませんでした。でも母は精神的に弱い面
があり、母の行動や言葉に傷ついたことが多くありました。

私は他の人に聞かれた時だけは、“両親を尊敬している”と答えますが、そ
れは建前です。父のことを尊敬しているのは正直な話ですが、残念ながら母
については・・・、というところです。

恨んでいる、ゆるせない、腹が立つ、とかいう感情とは違うのですが、幼少
の頃からのいろいろな記憶がどうしても心に引っ掛かってます。これって、
やっぱり心の底から母をゆるせていないからなんだろうな、と思います。

だから、私は、“母をゆるせない自分をゆるそう”と思ってます。
ゆるせないのは、もうしかたがない。
だから、無理しないことにしました。そのままでいいんだよ、と。そして自
分をゆるすことができれば、母に対する感情も変わると思うのです。

かりんとうさんは、悪くないです。
私はそう思います。
この投稿に返信
2007年2月9日(金) 1時26分違反通報親記事 2件目
コメント 1481 by ヒロ
>>1480 かりんとうさんの文面から私の感じとった事を勝手に想像
し、勝手に述べさせて頂くことをお許しください。

まず、お母さんはお父さんよりも精神的に強い性格の人で、少々我が
儘なところもあり、お父さんは弱い性格の人であったろうと想像しま
す。間違っていたらごめんなさい。

お母さんは、若い頃からお金のやり繰りでかなり苦労なさったと思い
ます。
又、事業の不振も加わり夫婦関係は不仲となり、お母さんはお父さん
に愛想が尽きたというところだと思います。

お父さんは、仕事も下り坂で、家族(特にお母さん)に対して存在感
が薄くなり、それを紛らす為にアルコールに走ったのだと思います。
お父さんは人が良くて気の小さい方だったろうと推測します。

お父さんが、病気で入院なさり、お父さんの余命3ヶ月という死の悲
しさよりも、葬式代の心配が先に立ったのは、これから自分が一人で
一家を背負っていかねばならないという重責感と、経済的にも限界で
あった事がわかります。

又、兄嫁の悪口を言われるのは、義理の娘というよりは、一人の女性
として見てるので、自分の苦労から比較すると兄嫁は楽し過ぎと映っ
てるのではないでしょうか?

参考までに、私の両親のことをお話します。
私の父は、10年前に交通事故で亡くなりましたが、亭主関白でワン
マンでしたので、母は若い頃から父の性格で非常に苦労しています。

その精か被害者意識が強く、自分が置き忘れたものでも誰か盗ったの
ではないかと勝手に思い込んでいます。

また、私の家内も含め、兄弟の嫁の悪口をよく言います。
私達兄弟も、「そ〜う、あっそ〜う」と聞き流しています。
他人の悪口を言ってストレスを発散しているのだと思えばいいのでは
ないでしょうか。
でも、一時期は母の性格を直してやろうと、説教した事もありました
が、その時には「フンフン」と聞いていますが、数日経つと元の木阿弥。

長年培った性格は直らない事に気付き、親子上手くやっていく方法は、
まともに相手しないで、若い者が年寄りにまかれていく事が秘訣だと
悟った訳です。

かりんとうさんの言葉に、「親は子供の見本になっていて欲しかった。」

「嫁を貰うならば、母親を貰え」という言葉がありますが、そもそも小
さいころから母親の考え方、生き方の影響を受け継ぎ育っているので、
考え方や生き方、おまけに声の質まで似てくるものですが、かりんとう
さんは、親の手本(悪い手本)を覆し、見事に自分のものになさってい
らっしゃるから立派だと思います。

私の両親を含め、子供を育てる思いはどの親も一緒で、「立派な人間に
なって欲しい。幸せになって欲しい」という想いで育てられたはずです。

かりんとうさんも、お母さんとの苦い過去の思い出は水に流し、むしろ
お母さんの愚痴を聞いてやるくらいの余裕で接された方が、かりんとう
さんも気が楽になるし、お母さんの気持ちも穏やかになられるのではな
いでしょうか。

この投稿に返信
2007年2月11日(日) 9時51分違反通報親記事 3件目
コメント 1482 by かりんとう
>>1481  トビ主です。 皆さんご意見ありがとうございます。
 皆さんいろいろなご経験から、対処方を考えていらっしゃって偉いです
ね。

 結局親だからといって期待しすぎてるのかもしれませんね。
 表向きは、昔のことを気にしているそぶりは見せず、愚痴を聞いたり
 周りから見れば普通の親子の付き合いをしています。

 私は、親子なんだからもっと心から会話をしたいし、私自身のことも
相談にのってもらいたい。
 でも昔のことをなかったことにして、心から付き合っていくことは難しそ
うです。
 なので、やはり表面的な付き合いしかできないでしょうね。

 夫婦って、お互い必ず欠点ってあると思うんです。
 私の両親が最終的にこういう結果になる前に、なぜもっと2人で歩み寄っ
て乗り越えられなかったのかと思います。

 どうしても夫婦でやっていけないのなら、離婚するしかなかったと思うの
ですが、母親は、子供のために離婚はできないと言いながら、子供なんて何
も助けてくれない、子供が何をしてくれるんだ。とその時のつらさを私達に
ぶつけていました。
 
 こういうことを子供に言えてしまう人が、子供が幸せになって欲しいと願
っていたのかは不可解です。
 結局、人は経済的、身体的な安定が保たれていないと、心もおかしくなっ
てしまうのだと、身をもって体験しました。

 父の死によって、今の母の安定した生活があります。
 贅沢はできませんが、自分の思いどおりに暮らせています。
 特に心配なことは今のところないので、私も必要以上に母と付き合わない
ようにしていこうと思います。

 
 

  

  
 

 
 
  
 

 
この投稿に返信
2007年2月13日(火) 13時11分違反通報親記事 4件目
コメント 1486 by み
>>1482 かりんとうさんのよいところは、親の問題をきちんと自分と切り離して考え
ているところだと思います。親離れできているから、そのようにできるのだ
と思います。

相手が親でも、我が子でも、境界線をしっかり守ることが大切だと感じまし
た。

お母様も、きっとひとりの時間を楽しんでいることと思います。
心から付き合うこのができない相手とは、ほどほどの距離を保つことが一番
です。それは、相手が肉親でも同じことですよね。つかず、離れず、と言う
ところでしょうか。

私たちは、親からいらないものをたくさん与えられました。
でも私たちは、いらないものを我が子に引き継がないようにして行きましょ
うね。
この投稿に返信
2007年2月19日(月) 21時46分違反通報親記事 5件目
コメント 1487 by かりんとう
>>1486 トビ主です みさん ご意見ありがとうございます。

みさんも何か辛いご経験があったようですね。

親なのに、心から付き合えないなんて悲しいですよね。

自分の家族の中では信頼し合える、心から打ち解けられる家族でずっといら

れるよう主人と、子供と努力していきたいです。

この投稿に返信
2007年2月20日(火) 12時6分違反通報親記事 6件目
コメント 1532 by おせっかいおばさん
>>1478 こんばんは。読んでて私も思い出したことがありますよ。私の父親は、亭主
関白です。頑固、わがまま、自分の意見は絶対服従、まちがいでも認めない
人。、自分の親戚にはたよられるとなんでも言うこと聞く、母方のほうが助
けて欲しいことがあってうちにくれば大変なんだよ、助けるのではなく自分
の意見をいって帰す。その後が大変、母に攻撃ことばで、ただたまっている
だけ、それがいやで母は、絶対にうちにこないように頼むんですよね、その差
別は子供だった私でも解かるぐらいひどかったんです。だから私は父をゆる
せないんです。そんな母は今月で倒れて一年寝たきり意識なし。私は、母の
為にがんばっているんです。意見じゃないねごめんね

この投稿に返信
2007年6月8日(金) 20時32分違反通報親記事 7件目