おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

幽霊は存在するか?

記事 364 by
【議論】
 幽霊は存在するのか?
心の中にいる、とかではなく現実世界に
実在するかどうか。

 議論求む。
To:総統

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2009年12月2日(水) 21時32分 1件目のコメント
コメント 365 by かすみ
>>364
こんばんは、はじめまして。

私は、実在すると思います。
私自身は見たことはありませんが、見える方がいらっしゃるということは、
存在していることなのだろうなと、漠然とですが感じています。
この投稿に返信
2009年12月4日(金) 0時51分違反通報親記事 2件目
コメント 366 by 総統
>>365
よろしくお願いします。

私は実在しないと思っております。
見える人が見ているモノがはたして幽霊なのか、
疑問を感じるざるを得ません。
この投稿に返信
2009年12月5日(土) 14時57分違反通報親記事 3件目
コメント 367 by ウルフ
>>364
はじめましてウルフと言います。
幽霊は見たこと無いですがUFOは見たことあります。
あれは忘れもしない中学時代の空手の帰りに友人と星空を見に行った時のこ
とで月の横に星の様に止まっていた処ふと見た瞬間に急旋回したと思ったら
消えてしまいました。
自分は思うには幽霊もUFOもエネルギー体で明かりとか蒸気とかの影響と
か色んな条件が揃えば光の屈折などで見える状態なのではないかと思われま
す。事実自分が友人宅で夕方曇りガラス越しに手をかざして複数の友人が各
自のオーラを見ることができました。
だから幽霊も条件が揃って夕方に見る人が多いと言われる由縁かもしれませ
んね。
この投稿に返信
2009年12月5日(土) 22時51分違反通報親記事 4件目
コメント 368 by かすみ
>>364
こんばんは。 ウルフさんの回答を見て思い出したのですが、「神様や天使
などもエネルギー体のひとつ」(わかりやすくする為に、それぞれに名前をつ
けている)という説を聞いたことがあります。

幽霊もエネルギー体の一つなのだとすれば、存在しても不思議はないかな、
と感じました。
この投稿に返信
2009年12月6日(日) 1時24分違反通報親記事 5件目
コメント 369 by ウルフ
>>368
こんばんはウルフです(。)/
そもそも人間も個々にエネルギーに包まれていて肉体だけでは動けないと言
われます。映画のフランシュタインも落雷エネルギーで復活したりとかで
す。
人間はオーラ、霊体、幽体で包まれてると言われてます。幽体離脱して瞬時
に遠くまで行ったり過去や未来に行けるのもエネルギー体だからだとも言え
ますね。寝ている時はリラックス状態で特に脳の働きが良くなり未来を予言
出来たりすると言うのも同じでエネルギー体となって未来へ行ってるんだと
思います。但し起きた時は記憶が曖昧なので不思議な体験としか考えなくな
ったりしますよね。
幼少時代は特に体がまだ出来上がって無いのでエネルギー体の方が大きい子
も多いので見やすい状態だとも言えます。
この投稿に返信
2009年12月6日(日) 19時29分違反通報親記事 6件目
コメント 370 by 総統
>>364
 エネルギー体という意見が出ているようですが、
それならば見えようと見えまいと検知器で検知できる
と思われますが。未だそんな報告は聞いたコトがあり
ません。
 そもそも現状では過去や未来には行けないでしょう。
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 0時5分違反通報親記事 7件目
コメント 371 by ぶんちゃん
>>364
 幽霊の存在するのかどうか、実際に今まで一度も見たことがなく、
現状では、現実に存在していませんでした。というのが私の考えです。

 幽霊は見たことないですが、宇宙人は見たことがあります。
早朝寝起き直後の薄暗い自分の寝室での出来事で、実際に動いており、
連れさられるのではないかと恐怖におののいておりました。
しかし、ふと我に返ってみると、宇宙人の正体は、部屋の中にあった
似たような形の家具でした。
そのとき、私は幽霊が存在しないことを悟ってしまいました。

今でも、カーテンの隙間から漏れてくる近所の街灯の光が、
睡眠前後の薄暗い部屋の中を青白く照らし、家の中にある家具や物が
幽霊っぽくみえることがありますが、結局人間の脳が生成する目の錯覚
によるものなんですよね。

真夜中に街頭のない暗い道をジョギングをしているときも、木が人影に
見えたりして、幽霊なのかなとどきどきすることがありますが、結局
木であることが判明し、残念に思います。

幽霊が発見されたと報告されるときって、だいたい薄暗く目の錯覚が
起こり易い環境でのことなので、それが正体なのかもしれません。

 実は私は、ここ2〜3年の間に両親を亡くしました。
幽霊が存在するしないというよりも、本当に幽霊がいるものなら、
存在して欲しいというのが本心です。
そして、今、がんばっている姿を両親に見てもらいたいし、報告したい
です。本当に幽霊がいたら、どんなにうれしいか・・・。

 深夜の丑三つ時に、両親の眠るお墓のある霊園に、一人でお墓参り
に行ったことがあります。外灯も何もない真っ暗な霊園に懐中電灯も
もたずに、幽霊でてこないかな、あわよくばおかんや親父さんがでてきて
くれないかなという期待をもって入っていくのです。何度かやりました。

千体を超える遺骨が眠る真っ暗な霊園の丑三つ時なので、1人ぐらいは
声をかけてくれてもよいものなのですが、だれも話しかけてくれません。
残念ながら幽霊はいないようです。私の前に両親の霊はでてきてくれま
せん。こっちが会いたがっているし、本当にいたら、確実に出てきてくれる
はずですから。

幽霊いたらいいと願っているのですが、今勉強している心理学を学べば
学ぶほど、自分の持論が証明されていく方向に向かい、悲しいです。

 たまに、複数人が同じ霊をみたという話があります。
まだ解明されていませんが、私は、人間にはテレパシーのようなエネルギー
が存在し、ある人物の脳が描いた映像情報が他者の脳へ語りかけるなんて
ことが起こりえるのではないかと思っています。脳波は電気エネルギーです
から、体内の鉄分の量とかにも関係するのかな?物理的にありえない話では
ないと思います。

 人間は目の錯覚をよくします。月が山の近くにあると、実際の大きさより
もあほみたいに大きく見え、高いところにあるとすごく小さく見えるのも、
人間の脳が生成している遠近法が絡んだ錯覚によるものですからね。
絵を描くときと同じく、上に描いたものは遠くにあるように見えるという
経験からの思い込みによる錯覚です。そのぐらい人間の目に映るものが
あいまいであるということだと思います。

 また、人間の視界の中には、ある一点(両眼で二点)、実際にものが見え
てない(見えないで消えている)部分があるのですが、ある方法をつかわな
いとそれを把握することができません。指かなんかを特殊な方法で動かすと
ある時点にくるとパッと指がきえてしまうんです。
たしか、脳に向かっていく視神経が網膜に接続されている部分です。
その一部分には、物理的に網膜に被写体が写っていませんので、見えていま
せん。

それなのに普段は、視界にあるものは全て見えているように感じます。実は
人間の視界上に見えているものは、脳が過去の経験から創造した映像と実際
に見えているものとが合成された映像なんですよね。
突然なにかが消えるというのは、これが影響しているのかもしれませんね。

人間の脳って本当に、あいまいで、都合のいいような映像をつくり出して
くれます。見えているものは瞬時に全て把握し処理しきれないので、意識し
ている部分を除いて、意識せずにただ見えているだけのもののうちの何パー
セントかは、合理的に過去の記憶から創造された映像と脳の中で合成処理し
て認知しているそうです。

だから、注意せずにボーっと見ているものには、過去の記憶の介入がある
はずです。

脳によってつくりだされる映像や、記憶から想起されて合成される映像は、
そのときの感情にも影響しますので、そういうものも幽霊が見えるとかと
いうことに影響しているのかもしれません。

 私の結論としては、残念ながら現実にはいないということになりますね。
実在するものではなく、人間の脳が過去の記憶からつくりだす創造物のよう
です。

気持ち的には、いてほしいですし、いた方がいいと思います。
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 3時23分違反通報親記事 8件目
コメント 372 by 祝還暦
>>371
ぶんちゃんの意見、理論的な説明感心しました。
私も同感です。
脳が映像を確認するとき過去の記憶等の画像を無理やり当て嵌めてしまい
本来そこに存在しないものに判断してしまう、そんなことで不思議な現象
で、それが霊魂・幽霊・おばけ等に括られてしまうのだと思います。
私も10年ぐらい前から、?らしき女性を見たことがあります。
コンビに帰りで車を開けようとしたら、後ろの席に髪の毛が長く下を向いて
乗っていました。一瞬後ずさりをし、もう一度確認したら、もう居ません。
このコンビニで遭遇するだけで、よそのコンビにでは、このような体験はし
たことがありません。知人のこの手に興味のある彼女曰く、このコンビニの
駐車場で何かの「事」があって、迷って出るのじゃない?。
こんな説明が、まことしやかにされると、気の小さい人だとお払いなんか、
霊媒師の指導なんか、と走るのではないでしょうか。
そこ以外でも、車で走行中に「それらしき影を時たま見かけます」一番いや
なのは
交差点の真ん中で「立っていたり、しゃがんで此方をじっと見ている女性を
見てしまうことです」。このときも一度目をそらせてから、もう一度目を戻
すと、何もなかったように車が行きかっています。
こんな体験をしていますが、これはすべて目の錯覚と思っています。
もし現実なら、目をそらせてももう一度確認したら「そこに居るはずです」
霊魂・幽霊・おばけの現象で、お金を稼いでいる人が、まことしやかにでっ
ち上げたことだと思います。
「幽霊は存在するか?」で居るわけない、で結論づけたら特に「テレビ番組
で特集が組めなくなってしまう」事になって、江原・三輪なんかただの詐欺
師に成り果てる事でしょう。
結論として私個人は、霊魂・幽霊・お化けは「ただのバラエティーのねた」
に過ぎないと思います。

この投稿に返信
2009年12月8日(火) 11時26分違反通報親記事 9件目
コメント 373 by ぶんちゃん
>>372
 祝還暦さんのコメント内に交差点の真ん中で女性を見てしまうとありまし
たが、よく道路の中央分離帯などに30cm×160cmぐらいの縦長の黒っぽ
く塗られたベニヤ板に、タスキがけの白線とベルトの横線だけを描いたもの
が置いていたりします。

確実に警察官が立っているように見せかける意図をもったものであり、
夜、車で走っていると、置いた人の意図どおりに、遠くからは警察官に
みえて、やばい・・・ネズミ捕りしてる・・・と思い、一瞬あせったりする
のですが、近づいていると、たんなるベニヤ板なんてことがありますね。

あれをみると、なんかだまされたみたいでちょっと腹が立ちますが・・・。

たぶん、本当にすごいスピード違反なんかしているときなどは、そのあせり
が大きく、感情に左右される記憶の想起は、見えるものを本物の警察官であ
ると思い込ませ、ブレーキを踏ませたりすることにつながるのだと思いま
す。

これも一種の、実際のものとは違うもの、似たようなものに、人間の脳がつ
くりかえて認知させているという意味では、幽霊がみえる原理と同じものな
のかもしれません。

ほかにも、覚せい剤などの薬をやると幻覚症状が起こり実在しない人物が現
れたりしますが、その人にとっては、今見えているものが幽霊だった場合、
その人にとっては、幽霊をみたことになりますしね。

 もし、本当に幽霊が実在していたとしても、世の中で幽霊をみたという証
言の中の大部分は、錯覚や幻覚によるものが多く含まれているのではないか
と思います。

 また、人類や生物が誕生したころからさかのぼって、全てが霊体となると
考えるのであれば、今頃地球は霊体であふれかえってしまわないでしょう
か?その反論として、人間は生まれ変わるという人がいるかもしれません
が、そうなると、人類や生物が誕生したころから、今現在の固体数が固定さ
れているということになってしまい矛盾してしまいます。

 そして、見た幽霊の姿が大体、過去に実際にテレビや本などでみたことが
ある時代の人間の姿ばかりなんですよね・・・。あまり石器時代の人や縄文
人などもでてきてくれません。実際に記憶の中にその姿がないので、でてき
てくれないのかもしれません。いろんな時代の人間だけではなく、恐竜やマ
ンモスなどの幽霊がでてきてくれると夢があって楽しいのですが・・・。

どうも、理論的に検証すればするほど、いない方向に結論がでてきてしま
い自分が納得してしまうので、寂しいです。いたらいいのに・・・。
どなたか、幽霊がいると思わせてくれる夢のあるお話をしていただけないでしょうか?
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 18時22分違反通報親記事 10件目
コメント 374 by ウルフ
>>371
幽霊は実在します。
現状は見えない或いは聞こえない人は否定して見えたり聞こえたりする人は
公定するという状態ですね。
その人の感じる能力によってはっきり見える人、ぼやけて見える人、声が聞
こえる人、音だけが聞こえる人とさまざまです。
みなさんは幽霊と言うと怖いイメージがあって危害を加えるとお考えでしょ
うが守ってくれるれいもいるということです。
先ほどもお話した通りで感じ方が差があるので一概には言えませんが、虫の
知らせで助かったとか夢のお告げで富を得たとかは対外は守護霊のおかげで
す。但し守護霊は自分の両親とは限りません。
自分の体験談では寝坊しそうな前夜に頼んだら起きる前にドアを大きく叩く
音で驚いて跳ね起きたってのがあります。隣人に聞いたらそんな音聞えない
っていわれました。
いつもと違う道を通って助かったってのもあります。
夜中の丑三つ時に守護霊が現れることはありません。守護霊は脅かすような
まねはしないからです。もし守護霊に逢いたければ気持ちを落ち着け(瞑想
など)素直になれば逢えるかもしれません。殆どが逢えないと思いますが、
切羽詰まった時や心底困った時は表に出ずに助けてくれます。
現状では本当にごくわずかな人が状況やタイミングがよほど逢わなければめ
ぐり合うことはないでしょう。
最後に体験談ですが自分の兄弟が三人居るんですが祖母の写真を見ると目が
動くんですよ。その方向は三人同じ方向を指します。小学生時に祖母は亡く
なりましたが40年たった今でも心から話しかけると目が動きます。両親は
信じてませんが。
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 20時34分違反通報親記事 11件目
コメント 375 by 祝還暦
>>373
ぶんちゃんさん
私の人生の中で、いろいろな経験をさせていただきましたが、幽霊はこの世
に存在せず、で終わらせてもらいたいと思います。
なぜなら、「私は、幽霊になりたくありません」
みんなに嫌われ、恐れられ、出て来るなと除霊され
こんな幽霊をなぜみんな、存在すると思いたがるのか?、不思議です。
死の原因が、恨み・憎しみ、死んでたまるかと思う「生への執着心」
こんな死にかたを看ていた人たちが、残された家族、親戚、地域の人たちに
死の原因を作った人への戒めをこめて、作り上げたものではないでしょう
か。
更に残された人の恐怖心を煽って、祈祷、除霊を施すことで商売として営利
を目的とした、人たちの生活の糧と成ったのではないでしょうか。
昔、子供ころ墓場の卒塔婆を夜中に悪友たちと盗みに行ったことがありま
す。それは、それは怖くて怖くて。
人間どんなときも誰かに見られているという気持ちで、それが神であろう
と・幽霊であろうと。
ただ、死者と話が出来るという「ホラ」だけは許せません。そう思いません
か?
ぶんちゃんさん、どう思います?
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 21時40分違反通報親記事 12件目
コメント 376 by ウルフ
>>374
現状に戻って話すと。幽霊は見ていないが信じます。
音では起こされました。大きな事故でも擦り傷程度でいつも済んでます。
そして皆さんに問います。
霊を否定するという方はお墓や先祖は大事にしてないのですか?
否定するなら大事のする必要ないしお金をかける必要がないと思いますした
だの昔からの風習で済まされるものではありません。
お墓や仏壇や先祖に対して雑に扱っても守護霊が悪さすることはありませ
ん。
但し守護をしなくなるので事故で軽傷では済まないでしょうし大病を患って
も助かる可能性は低くなるでしょうし家族の不仲も守ることはしないので霊
を信じない方はどうぞお墓や仏壇や先祖に対して雑に扱ってください。
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 21時54分違反通報親記事 13件目
コメント 377 by 総統
>>376
 私は霊はいないと断言しますが、墓参りもするし
祖先を敬います。
 それは霊が存在するからとかではなく、やはり慣習
であり同時に故人を偲ぶ気持ちからです。霊などなく
ても尊いものは尊いという考え方です。これは、価値観的
問題となるものなので、霊の物理的存在有無とは切り離して
考えるべきものでしょう。

 また、見えないからいないと断じているわけでなく、
霊の存在が矛盾があると思うからです。ぶんちゃんさんが
言っているように、なぜ原始人や恐竜の霊の目撃談がないのか、
猫の霊はある?のに牛や豚の霊はないのか?
疑問点をあげたら多く出てくると思います。
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 22時22分違反通報親記事 14件目
コメント 378 by ぶんちゃん
>>374 ウルフさんの発言について

 最後の体験談で、祖母の写真を見えると目が動くと書かれてありました。
これ、私も昔みたことがあります。
仏壇の上に立てかけている大きめの祖父の白黒写真なのですが、子どもの
頃、自分が部屋の中で動いても、その祖父の目が自分を追ってくるようにみ
えておびえたものです。私も兄弟3人いて、3人ともがそのように見えてい
ました。

ただ、その追ってくる目は、最初によそを向いているのに、あとから目だけ
が動いて自分のいる方向に移動するというものではなく、あくまで私が動い
ているのと同じ動きで自分を追ってくるというものでした。
言いかえれば、私の意志・行動に依存している動きでした。

ウルフさんがみたものがそういう動きだったのかどうかはわかりませんが、
私がみたのは、勝手に自由に動くというものではありませんでした。

 残念ながら、人間歳をとってしまうと、いろいろと余計な知識が付いて
しまうんですよね・・・。大人になってしまった私は、その原理(なぜ目線
がついてくるか)が頭の中で想像できてしまうんです・・・。
これは脳科学や心理学の分野で簡単に実証できてしまうことなんだと思い
ますが、人の顔には、ここに目があってここに鼻があって口があって眉が
あってというような過去の経験からの固定観念があります。それと同時に
その場所にそれらのパーツがあってほしい、またはなければならないという
願望のようなものも無意識にもってしまっています。

果物に横にならんだ2つの点(目)を書いてやるだけで顔のように見えてし
まいます。また、部屋の壁や岩壁などについている何でもないシミが人間の
顔に見えてしまうのがこの原理です。

写真に写っている人間の顔も、対面する顔と目線というものは、自分の方を
向いているものであるという固定観念的な思い込みから、自分が移動した位
置に写真の目線がついてくるように脳が実際に網膜に映った映像に少しずつ
編集を加えて自分自身に認知させているというものだと思います。

ただし、写真を中心とした円を描くように動くと、正面から真横の方向のあ
る角度になると写真の目は追ってこなくなります。それは、途中で実際に網
膜に映っている映像と、脳で都合のよいように処理している映像とにあきら
かな隔たりがあることに、やっと脳が気づき、本来の正しい映像に再修正さ
れるためだと思います。

もし、こういうものではなく、写真をみている自分は動いてないのに、自分
の意思・行動に依存せずに、対象物の目が自由に動くという現象を、私が実
際にみたら、霊の存在を信じるのかもしれません、もしくは自分の精神状態
が今、平常を保っているのかどうかを疑うかもしれません。

 たぶん、このようにどのような現象でも、自分の脳の中で、疑問点を解明
して見ようと思ってしまうようでは、幽霊なんて見えないでしょうね。
大人になっても、子どもの頃のように素直な気持ちをもった方にだけ見える
ものなのかもしれません。

>>375 祝還暦さんの発言について

 幽霊がでてくると、みんなに嫌われ、”出てくるなと除霊され”の部分。
ごめんなさい。少し笑ってしまいました・・・。
自分が出たくて出ているのに、出てくるなと除霊されたら悲しいです・・。

たしかに、人の恐怖心を煽って商売をするのは、よくないと思います。
単なるシミをカビが生えているといって布団を買わせる商法や、床下にもぐ
ってカビが生えているといって床下換気扇をつける商法と同じですから。
どちらも私の祖母はひっかかりましたが・・・。

 ただ、死者と話ができるという人の全てが「ホラ」であるとは限りません
よね?それを利用して金をとっている人間はどうかと思いますが・・・。

幽霊が見えているという人や、死者と話ができるというという人は、脳がつ
くりだした幻覚だろうが、幻聴だろうが、その人の中では、本当に見えてい
るのかもしれませんし、話ができているのかもしれないですよね。
実際に脳神経の異常により幻覚や幻聴が起こる疾患もあり、その方たちには
外部の者には見えないものが見えているし、聴こえないものが聴こえていま
すから。(霊が見える・話ができる人が疾患があるとは言っていません。)

ただ、ある特殊能力をもつと、自称しているまたは世間から言われている人
は、何かしら脳の細胞の一部か、DNAの一部に一般の人と違う何かがあるの
かもしれません。それによって見える、聴こえるものが脳が作り出す幻であ
ろうが本当であろうが、その人には本当のことであって、「ホラ」ではない
可能性があるからです。

幽霊が実在しないと思っている私も、祝還暦さんも、総統さんも実際に自分
の目で、自分自身が幽霊であると認知し、認めざるを得ないものが見えてし
まったら、幽霊はいると信じることになるでしょう。それと同じで、見え
る・聴こえるといっている人は、うそをついているわけではないと思うので
す。

そういったことの積み重ねの歴史が、幽霊がいると思う人やいないと思う人
がいる証であり、このスレッドのような議論が生まれるんだと思います。
結局、幽霊が実在するのかしないのかという結論は、絶対にでることは
ないでしょう。なぜならみんな本当のことを言っているつもりだからです。

幽霊がいることが現実に証明されるには、幽霊がいることを科学的に証明
され、みんなの前で目に見える幽霊を科学的な方法で出現させることを
誰かがしないかぎり、永遠にこの議論は終わりません。
いないことを科学的に証明することは、難しくないんですけどね・・・、
いることを証明するのはむずかしそうです。

>>376 ウルフさんの霊を否定するとお墓や先祖を大事にしないか?について

 これは、違うと思います。
霊がいるいないと墓参りや先祖を敬う心などは別物だと思います。

実際に、私は、墓参りしています。
先祖の霊や両親の霊に対してではありません。
お墓には、ちゃんと両親の遺骨が埋葬されています。
分かり易くいれば、お墓の中に両親そのものがいます。
私は、その両親そのものに挨拶をしにいくような意味合いでお墓参りを
しています。

個人的には、風習やこの日に墓参りをしなければいけないというものには
まったくこだわりはありません。
墓参り(両親に会いにいく)したいと思えば、思ったときに行きます。
このように特別な日(お彼岸やお盆など)以外にも墓参りに行っている
のは、私の家族の中で、私だけです。

私の家族の中で、唯一、現実に幽霊がいないと悟ってしまった私が、
家族の中で一番お墓を大事にしています。そして墓参りをするときは、
いつも私が最も念入りに掃除をしています。それは両親が住んでいる家
であると思うので、自分で掃除ができない両親に代わって掃除をしてあげ
たいと思うからするのです。

その代わり、仏壇には、両親はいないと思っていますので、気持ちの面では
お墓ほどは大事にしてないかもしれません。ただし、祖母の風習にならっ
て、米を炊いた新しいご飯を、まず最初に両親の仏壇にあげています。
これは、実物の両親に食べてもらおうという気持ちによるものです。
仏壇の大掃除をするのも私です。

人への思いは、死んだら、はいさよならではなく、霊がいるいないも
関係なく、死んでからもずっと心の中で敬い続けるという気持ちの問題
だと思っています。そういった思いを続けることから、先祖の幽霊(のよう
なもの)がみえてしまうなんてことにつながってくるのかもしれませんね。

今のところ、私のところには、幽霊どころか、守護霊になっているかも
しれない両親の霊すらでてきてくれませんが・・・。
夢ならみたことありますけど。

 最後に、幽霊がいると思っている人が、ほらいるでしょといいたくなる
ような体験談を書きます。

 母親が亡くなった数日後、私は、母親に関するさまざまな事務的手続きを
やっていました。郵便局で手続きをしたあと外にでると、バッグの中にある
携帯電話の呼び出し音が鳴りました。

(順番は、どちらからか忘れましたが)
なんと、私の携帯電話に母親の携帯電話からの着信があったのです。
もうびっくらこきました。

実は、バッグの中に、自分のものと母親のものを2つ一緒に入れていたの
です。なんでやろ?不思議なこともあるもんやと、電話を切り、また自転車
で出発したら、今度は、逆に自分の携帯電話から母の携帯電話に着信があり
ました。

そんな不思議な出来事がありました。
さて、これは霊的な現象なのか、携帯電話を接近させていたことが関係する
単なる誤動作なのか、ご操作なのか、それは誰にもわかりません。
この投稿に返信
2009年12月8日(火) 23時38分違反通報親記事 15件目
コメント 379 by ウルフ
>>378
こんばんはウルフです。
もう一度写真の目が動いたと言うのを説明補足すると兄弟3人をA.B.C
とすると三人揃って居間にいるとAとBがCを見ていると指し、その次動い
た時に今度は揃ってBとCがAを見ているという状態でした。しかも顔の表
情も変わったりしました。一人の時ではありません。
また墓や先祖を敬うことは否定しません、但し敬うだけには程度が異常だと
思います。生きてる人を敬う以上に祭ったりお金をかけてる気がします。
別に敬うなとは言いませんのでこれはこの辺にします。
また皆さんの霊への感覚はどれも同じ霊だと思います。
現状霊は主に3種類で下記の通りです

守護霊=自分を守ってくれる霊
不幽霊=自分の死が分からず彷徨ってる霊のちに自縛霊になる可能性大
生き霊=生きてる人が他人をねたんだり恨んだり嫉妬心からくる霊これは霊
と言えるか分かりませんが一番たちが悪いと思います。

以上でみなさんが幽霊とかお化けとか言われるのは不幽霊のことを指しま
す。
またエネルギー体なら感知するとのことですが機械で感知するのとしないの
とで分かれると思います。事実オーラや幽体や霊体などはそんな特殊ではな
いにしろ撮れるカメラが実在するのですから。ゲーセンに置いてある場合も
ありますよ。

また恐竜や動物の霊は?との答えは自分は見たことないですが動物霊って聞
いたことあります。こっくりさんなど代表的ですね。みなさん形にとらわれ
てますが自分は霊は以前お話の通りエネルギー体と考えてますので形はない
って思います。絵に描いたのが人が多いのは単に説明しやすいからだと思わ
れますが。みなさんオーラって見たことありますか?霊は否定されててもオ
ーラは実証されてるはずです。でも見たことがない人が多いと思いますので
全員ではないにしろ見やすい状況をお教えいたします。
まず夕方部屋の薄暗いところで手をみることです。ガラスは曇りガラスで
す。その曇りガラス越しに西日(夕日)に手を照らすと3割の人が見れると
思います。以前の何もない時代なら三分の二の方は見れたと思います。
最後に体験談です。
地元の心霊スポットですが昔のレンガ作りのトンネルがあって戦時中は防空
壕に使ってたそうです。当時友達と10人ほどで出かけたのですがトンネル
の入り口に花が添えてありました。奥まで入ろうと友人が言いましたが嫌な
予感がして断りました。何もなく帰りに「なんだこんなもんか」って話して
つい油断したのかトンネルに向かってパッシングを2回ほどしたらライトが
切れエンジンもかからなくなりました。怖くなり「もうしません、許してく
ださい」と言葉にしたのか覚えてませんがそう思った瞬間ライトがつきエン
ジンがかかりました。帰りは車が重くスピードが上がりませんでした。
親と話したら多分ライトの光が空襲みたいで嫌だったんだろうって?
一応不幽霊や自縛霊もこちらから何かしない限りやらないと思います。
もしやっちゃったら素直に謝りましょう。しっかり謝れば許してくれるか
も?です。
この投稿に返信
2009年12月9日(水) 18時45分違反通報親記事 16件目
コメント 380 by ウルフ
>>373
補足します
霊を人間と同じレベルで考えるのら地球は霊であふれかえるでしょう。
しかし前も話したように霊はエネルギー体と考えられます。
と言うことは一つに融合することも可能でしょうし複数(無限大)に分裂す
ることも可能です。
また零体は動物だろうが人間だろうが形はなくエネルギー体だから話をして
も言葉で伝わるんでは無く思念が伝わるのです。
いわばテレパシーの様なものと考えれば納得いくでしょうか?
もし霊の思念や人間の思念が一つにまとまれば争いや欲もなくなると思いま
すが人間欲だらけですもんね。
修行して背後霊になっても完全に欲を断ち切ったかどうかはその時にならな
いと分かりませんが肉体のある人間よりましかもしれませんね。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 0時20分違反通報親記事 17件目
コメント 381 by 総統
>>379
人間がまとっているオーラ?エネルギー体が霊の正体ですか。どんな成分
でどこで実証されたのか私は知らなかったので教えていただきたいです。

 あとこっくりさんが動物霊であると思っている人も意外と多いかもしれま
せんが・・
 こっくりさんの起源は、西洋の占い遊びである「テーブル・ターニング」
又は「ターニング・テーブル」というものです。

 テーブルの上に数人が手を置いて霊を呼び出すというもので、テーブルが
傾いたり、回ったり、脚が床を叩いて音を出したりすることで霊とコミュニ
ケーションをとるという体裁をとります。

 明治17年ごろに日本に上陸し、日本で流行となりました。日本では、テー
ブルが「こっくり、こっくり」と傾くさまから「こっくりさん」と呼ばれる
ようになりました。
 こっくりさんの当て字として「狐狗狸さん」と書かれることによって、
「こっくりさんをすると狐や狸の霊に憑依される」という話につながること
となりました。

 つまり、こっくりさんと動物の低級霊だの狐憑きなどの話は「狐狗狸さ
ん」という当て字がなければ繋がらないはずのものでした。

 実際に狐が憑いたような症状(精神変容)を起こす人などがいます。例え
ば、置物の狐のように、招き猫のような手をしたり、台所で油揚げを食べた
りするような行動です。しかし、狐を知っていればこれが一般的な狐の行動
ではなく、“一般的な狐のイメージ”でしかないことに気付くと思います。

 また物理学者のファラデー、僧侶・井上円了がそれぞれターニングテーブ
ルの仕組みを解明しています。これこそこっくりさんは霊とは無関係と実証
されていると言ってもいいのではないでしょうか。

この投稿に返信
2009年12月10日(木) 0時28分違反通報親記事 18件目
コメント 382 by 総統
>>378
>>幽霊が実在するのかしないのかという結論は、絶対にでることは
ないでしょう。なぜならみんな本当のことを言っているつもりだからです。

 私も見えたと言う人が全てうそを言っているとは思っていません。それが
見間違いや幻覚だったということもあるでしょう。信じる信じないは主観的
信念なので結論はでないでしょうが、物理的に実在するかしないかは客観的
事実なので結論はでるものと思っています。

ところで、いないコトを科学的に証明することは簡単ですか? 悪魔の証明
が示す通り、不在の証明は極めて困難と認識していましたが。ゆえに存在の
証明がありき、と考えています。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 0時57分違反通報親記事 19件目
コメント 383 by ぶんちゃん
「霊はエネルギー体であるということについて」

このように考えるとすれば、私の考えるいくつかの仮説が浮かんできます。

エネルギー体ということは、エネルギーということであり、オーラも1つの
エネルギーですね。

いま、生存している人間に何かしら実体のないオーラのようなものがあると
いうことには、一切否定しませんし、私も存在していると考えます。
そのオーラを体内エネルギーの放出と考えます。

そこで、世の中で幽霊だと言われているものについて2つの仮説が出てきま
す。

1.生存する人間の脳からの命令(意識的と無意識的を含む)と連動して
  対外へ放出される体内エネルギーが、自分自身もしくは他者に幽霊のよ
  うなものとして認識されていると考える。
 
  もし、テレパシーというものが実在するのであれば、人間が送信する
  体内エネルギーを受信する機能も人間には存在することになりますので
  放出されたイメージを大気を介して受信しそのイメージが幽霊となる。

  また、対外へ放出されているので、大気中への残存エネルギーというも
  のがあり、それが残っていて、それ以後にその残存エネルギーに近づい
  た人間のうち、無意識的も含めて受信能力が開花している人間に受信さ
  れ霊体として認識される。

  よって、幽霊の正体は、生存する人間が放出した情報をもった
  体内エネルギーの一種である。

2.亡くなった人間の幽霊というものは、亡くなった人間が生存時に、
  意識的無意識的に放出した情報をもった体内エネルギーである。

  この説明としては、情報をもった体内エネルギーは、大気中に浮遊する
  という形で記憶情報(大気保存メモリー)として残る。

   大気保存メモリーは、気候の変化に影響して劣化(風化)するもの
  なので、一定期間だけ残存ことができる。
  これにより、大昔の人物や生物の幽霊が目撃されない説明ができる。

   そして、人間の念に引き付けられたりなどによって移動することが
  できるが大気保存メモリーの意思によって移動することはできない。
  これで、その大気保存メモリーに関係の深い人間が受信する確率が
  高くなり、それが守護霊や家族や先祖の霊として祖先に認識される。
  また、過去の人間の霊を呼び出すことができるとうたう人間は、この
  どこかに浮遊している情報を引き寄せて受信して解読する力を修行など
  により身につけているということになる。ただし原始人などの古すぎる
  浮遊情報は消滅しているので呼び出せない。

   生体エネルギーの放出は、内燃機関をもつ生存する人間でなければ
  放出することはできないので、亡くなった人間の幽霊は、亡くなる前
  に念じて放出された、情報をもった一定の寿命をもつ体内エネルギーの
  残留物である。

  そのエネルギー自体には、リアルタイムに思考する意思はもっていな
  いので、受信する人間の情報解釈に依存する。

こんな仮説が浮かびましたが、皆さんどうでしょう?
もし、人間の隠された能力として、情報をもった体内エネルギーを送受信
する機能、一種のテレパシーがあり、且つ、情報を含むそのエネルギーを
大気中に浮遊させることができれば、幽霊現象を実現できそうです。

この仮説が実証できさえすれば、世間で生霊や守護霊や自縛霊や幽霊と
認識されているものの説明ができるような気がします。

○私の結論

 世間でいう意思をもって行動するお化けというものは、人間の脳がつくり
だした創造物のため、実在はしない。しかし、生存する(生存していた)
人間から放出された、情報をもつエネルギー体が実在する。
エネルギー体への感受性の高い人間によってそれを幽霊として認知される
ことがある。

あくまで、もしテレパシーとオーラがあればという条件付きの結論です。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 1時4分違反通報親記事 20件目
コメント 384 by ぶんちゃん
>>382
そうですね。

みんなが本当のことを言っているというのは、客観的にいるいないという
ものではなく、心的事実を言っているということになりますね。
総統さんのいうように主観的なものですね。

中にはうそをついている人もいるでしょうけどね(^^ゞ

それから、幽霊がいないことを科学的に証明することは簡単と書いたのは
ちょっと書きすぎというか書き方が悪かったです。ごめんなさい。

いろいろといないという仮説を立てるのが、幽霊がいることに比べて
比較的簡単という意味と受け取ってくださいね。
あとからなんとでもとってつけられるので仮説を立て易いといことですね。
その反面いることの証明は、実際に客観的な見えるものとして証明しないと
いけないので難しいでしょう。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 1時14分違反通報親記事 21件目
コメント 385 by ウルフ
>>381
前にも話したように人間は肉体にエネルギー体であるオーラ、幽体、霊体の
三層にまとわれています。オーラは人間のパワー源のようですが成分は自分
は知らないです。霊的なものとしては幽体と霊体が主になってます。
自分はオーラしか見えませんが前にも述べたように特殊カメラでオーラ、幽
体、霊体ともに撮ることは可能です。ゲーセンにも置いてある箇所がありま
す。
オーラ見ましたか?見やすいための補足としては西日よりは夕日の沈む直前
の30分くらいがベストです。
また部屋は照明なしで薄暗いののが効果的です。ちょっと湿度があるほうが
よさそうです。
オーラは怪我や病気で悪いところは凹んで見えますので家族など身内の様態
が分かると便利です。また全体的なオーラがかなり小さいと注意が必要で
す。欲や煩悩が多い人は見えにくいと言われてます。
自分の時は5〜45歳で男性6名女性4名でそのうちオーラが見えなかった
のが男性1名だけでした。大勢でやった方が目安になるでしょうね。
またオーラじゃ物足りない人は限られた特殊な方ですがエクトプラズムを出
せる人がいます。その人にエクトプラズムで霊を具現化してもらい見てもら
いましょう。お金がだいぶかかると思いますし自分は霊の存在を否定しない
ので具現化しようとは思わないですが、それも一つでしょう。
また霊を否定する方はお盆などでお墓や仏前の行いや送り火や迎え火などを
お子さんやお孫さんにどの様に教えているのでしょうか?多分ほとんどが霊
を肯定した形で話されていると思いますが。
最後にまた体験談ですが
以前出向してたE食品のW工場長が体調不良になりました。自分がE食品か
らO食品に戻った直後でした。病名は詳しく分かりませんが白血病のようで
した。3か月ほどで亡くなりお通夜の時におお泣きしました。おお泣きの最
中にW工場長の声で「○○ちゃんありがと」って聞えました。目の前に横た
わっているのに頭に直接かかるように頭の上の(天井より)方で。そしたら
急にそれまでのおお泣きが嘘のように涙はとまり悲しみも消えました。
あんなきついつらさだったのに。実はこれは他の上長の時も1回ありまし
た。
最終的に幽霊がいるか居ないかは個人の感覚問題ですのでどちらでも良いと
は思いますがお盆の時は居たと思った方が人間的魅力がでるでしょうし居る
か居ないかだと居たと思った方が視野が広がると思います。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 19時15分違反通報親記事 22件目
コメント 386 by ウルフ
>>383
確かにぶんちゃんさんの仮説が一番近い感じがします。
自分も以前話したように生き霊のことを書きました。
脳から出されたエネルギー=生き霊となるでしょう。
但し防空壕の一見はちょっと分からないですね。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 19時22分違反通報親記事 23件目
コメント 387 by 総統
>>385
 オーラについてはある程度スルーしようかと思っていたんですが、議論の
主流になってきているので・・

 ゲーセンにある特殊カメラとはセガのオーラ写真倶楽部のことでしょう
か? あれは人体から発している体温の温度分布の形状から映像作成をして
いる、いわゆるおもちゃですね。
 古くはキルリアン写真機がオーラ写真として有名ですが、すでに科学的検
証がなされその正体は「コロナ放電」であるとされています。最近ではこれ
らのインチキ類似品が10数万〜100万円以上で販売されているので盲目
的に信じることは危険をはらんでいると私は考えています。これらのモノは
生命体でなくても条件をうまく当てはめればオーラを写しだしてしまう欠陥
があります。

 あとお盆と霊の実在は切り離した方がいいと思いますよ?お盆はあくまで
故人を偲び、敬う慣習です。これをもって子供に霊の実在を肯定したりはし
ません。

 幽霊を信じるか信じないかは個人の感覚問題ですが、居るか居ないかは感
覚問題ではなく客観的事実だと思っています。人間的魅力はさておき、居る
と思ってしまうと、原因不明の事象を幽霊のしわざで片付けてしまい、真実
を解明することを放棄してしまうので逆に視野が狭くなってしまうと思うの
は私だけでしょうか。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 22時41分違反通報親記事 24件目
コメント 388 by 総統
>>383
 なかなか大胆な仮説と思いましたが・・・ そもそもオーラとかエネルギ
ーとかの括りが大ざっぱすぎると感じています。

 体内エネルギーがそんなに頻繁に放出されているなら、そしてそれが脳で
受け取るコトができるなら、やはりすでに機器で検出して分析されているは
ずです。人体に影響を及ぼすのなら物理的現象であるわけですし、機器に反
応しない理由がありません。しかし過去にそんなエネルギーを実証できた例
はありません。また情報を持ったエネルギー体が大気中にそのまま浮遊して
いるのもエントロピーの法則に反すると思いますが。

 人体から何かオーラ?的なものが出てるとすれば、可能性があるのは赤外
線か微弱な生体磁気あたりであろうと思われますが・・ これらのモノでは
そんな高度な現象を引き起こすことはできないでしょう。
この投稿に返信
2009年12月10日(木) 23時14分違反通報親記事 25件目
コメント 389 by ぶんちゃん
>>383 『幽霊の正体についての仮説』

 と題して
ウルフさんがいう「霊はエネルギー体であるということについて」
仮にエネルギー対が存在すると考えれば、どういう考え方をすればそれが
説明できるのかについて、>>383 でいくつか仮説をたててみました。

その仮説について、いくつか矛盾点もあります。
情報をもったエネルギー体が大気中に浮遊するということは、ファンタジー
的な考え方であり、その仕組みがどのようになるのかは、私にはさっぱりわ
かりませんし、私には解明することもできないでしょう。

はたして大気中に何かしらの情報を保存できるのか?
そう考えると、それに付け加えるような新たな仮説が浮かびました。

『幽霊の正体についての仮説2』

 人間の体内から放出されるとされる情報をもったエネルギー体にある情報
が大気中に保存されるには、何かしらの物質に保持される必要があるように
思います。

そこで、情報をもったエネルギー体は、大気中にある水分に宿るという考え
はどうでしょう?浮遊しているということは、大気中の水分に保存されてい
るという考えです。

霊といわれるものは、じめじめした湿気の高い場所によく目撃(私のいいか
たでは、錯覚や幻覚なども含む脳の認知)されることが多いですよね。

また、情報をもったエネルギー体は、水分に引き寄せられる特性をもってい
ると仮定すると、いろいろな仮説がでてきます。(妄想が膨らみます)

あとからの仮説につながることですが、私の妄想的には、海水に近い適度な
塩分を含むものに引き寄せられやすいのでは?という仮説も付け加えておき
ます。逆に塩分濃度が濃いと反発するという可能性もあります。家の外に
盛塩をしたり、葬式のあとに自身に塩を振りかけたりする風習から、そのよ
うな仮説が連想されます。

人間の体内の70%が水分であるとよく言われますが、%はどうでもよいとし
て水分を含んでいるということは事実です。

情報をもったエネルギー体は、人間の中にある水分に引き寄せられ、その水
分に宿ることもできるということになります。

よく心霊スポットに行った帰りに、一緒につれてかえってきてしまうなんて
話がありますが、その現象をこの仮説で説明できますね。
心霊スポットなどにいくと、そういうことを信じている人ほど、その場にい
くと、そうじゃない人に比べてより多くの冷や汗を掻きますね?汗は塩分が
含まれており、その汗にエネルギー体といわれるものが引き寄せられる(引
き寄せられやすい)のかもしれません。

人の後ろに背後霊が見えるとか、守護霊が見えるとかいうものも、人間の中
にある水分に引き寄せられた、情報をもったエネルギー体が宿っており、そ
の情報を解読できた(脳による自己解釈)人に何かしらの映像をみせること
があるのかもしれません。

 そして、情報をもったエネルギー体は、時が経つにつれ、塩分を含む水分
に引き寄せられ、移動を繰り返しながら、だんだんと海に向かって移動して
いき、海に宿る。基本的には、情報をもったエネルギー体は、海に集まって
いる。最後には生命の源である海に帰るという考え方です。

その海を中心の母体として、人間の隠された能力による何かしら強い念によ
り、特定の情報を持ったエネルギー体が引き寄せられ、必要とされている人
の近くに移動をすることもあり、その固体にもよりますが、移動を繰り返す
たびにそのエネルギーは劣化していき、平均的に約50年で消滅してしま
う。
50年というのは、人間の霊は50回忌で成仏するという、何かしらの宗教
に敬意を表しての仮説ですので、特に根拠はありません。

塩分を含んだ水分であれば、何かしらの情報を保持できる方法があるかもし
れませんね。

○仮説2のまとめ(傾聴の大切さ)

 この仮説は、ウルフさんのいうエネルギー体を受け入れてみた場合、それ
を説明するにはどうすればよいか考えた仮説です。

何事も頭ごなしに否定しては、自分の思い込みをかたくなに主張するだけで
何の議論にもならないと思います。まず、自分と違う考えのものであって
も、一度それを飲み込んで(傾聴し)受け入れてみることが大切だと思いま
す。

無いと思うものでも、あると前提して考えてみます。それがあると証明する
ためには、どのような方法で証明することができるか、いろいろな仮説を立
ててみることで、やっぱり、どう考えても証明できないということにいきつ
けば、そこで初めて、存在しないということにいきつくと思います。

また、そこで少しでもいるという可能性が残っているのであれば、何もかも
全否定することはできないと思うのです。自分と逆の立場になって考えて
みることで、本来の考え方も変わってくるかもしれません。

人の意見・考えを柔軟に受け入れて、いままでの硬い考えに邪魔されて考え
ていなかったことを考えることで、新たな発見が生まれることもあるのでは
ないでしょうか?

○現代の自然科学を超越したものであったとしたら?

>>370 ウルフさんがいうエネルギー体というものがあるのであれば、何か
しらの測定器や検知器で検知できると総統さんがおっしゃっておりました
が、固定観念をもってしまうとこの問題は解明できないかもしれないのでは
ないでしょうか?

そもそも、人間の聴覚に可聴周波数(20Hz〜20kHz)があったり、視覚にも
認識できる可視光線がありますよね。人間にも五感で感じられるものに限界
があるように、顕微鏡や望遠鏡にも見える範囲に限界がありますし、測定器
などの機器にも検知できる限界(測定可能範囲)があります。

その測定可能範囲を超えるものであった場合は、現在の科学力では、そのエ
ネルギー体というものは、検知できません。
また、それが、磁気を帯びたものでもなく、電気的なものでもなく、何かし
らの波長をもったものでもなく、光に対して反射も屈折もせず、完全に光を
透過してしまうものであったりすれば、測定器ではお手上げかもしれません

人間の脳には、第六感と呼ばれるものがある可能性もあり、世の中には測定
器や人間の五感では判断できないものがあることに否定はできません。
もし、ウルフさんのいうエネルギー体というものが、そういった現代の自然
科学を超越するものであった場合、現代科学に当てはめて考えていては、存
在の有無を解明することなどできないと思うのです。

そのために、私は、たとえそれがファンタジーであっても自分なりの仮説を
立てているのです。科学の歴史を振り返っても、あらゆる新発見は、ファン
タジー的な仮説からはじまり、のちにそれが解明され、ファンタジーが現実
のものとなったことも多々ありますからね。天動説が主流の時代に地動説を
唱えた人のように。

 ※たぶんウルフさんがイメージしているオーラと私がイメージしている
  オーラのようなものは別のものである気がしますが。

もし、現代の自然科学で解明できないこと=存在しないとなるのであれば、
脳科学と同じくいまだに完全に解明されていない幽霊という存在は、否定せ
ざるをえないかもしれません。それじゃ議論になりませんからね。

 そこで、総統さんの幽霊が存在しないということを他者に納得させるよう
な持論というものはございませんか?
いまのところ、総統さんは、最初から、他者が書いた意見や考えについて、
それを受けたあとに、批判したり否定したりされていますよね?教科書やネ
ット上の情報に書いてあることをつかって、あとから否定することは難しい
ことではないので、そうではなく、もし、総統さんなりのご自身の持論(完
全否定論)がございましたら、伺ってみたいのです。それがないと肯定論を
唱える方々も納得できないと思うのです。いかがでしょうか?

○スレッドテーマでの幽霊定義の統一について

 世の中で幽霊(霊)といわれているものが様々あります。
例えば、お化け・自縛霊・守護霊・生霊・精霊・心霊写真的なもの・背後霊
など様々な呼称やイメージがあります。それには天使や悪魔なども含まれる
かもしれません。そして、ウルフさんがいうオーラなどもこれに含まれるか
もしれません。このようにさまざまな呼称やイメージがあるのには、
それぞれの特徴があるということであります。幽霊と呼ばれているものに
ついても、それぞれの人間によってイメージが違っていると思うのです。

このスレッドの中に参加されている方は、外で傍観されている方についても
それぞれ、同じイメージを持っているのではないと思うのです。

そんな中で、アバウトに幽霊は存在するか?という議論では、どの幽霊につ
いてのことなのかがわからず、それぞれが幽霊に対して違うイメージをもっ
て、それに対して議論をしていては、意見がバラバラになってしまうような
気がします。

私の考え方は、幽霊現象と言われるものについては、存在するものと存在し
ないもの(幻覚・幻聴・思い込み・脳の創作物)があると思うのです。

だから、この幽霊現象は存在するけど、これは存在しないというように
わけて考えないと、まとまりのない議論になってしまいませんか?
このスレッドでいう幽霊とは、どんなものをさしているのでしょうか?
この投稿に返信
2009年12月11日(金) 13時51分違反通報親記事 26件目
コメント 390 by ウルフ
>>387
そうですか?ありがとうございます。
機械のことはよく知らなかったので参考にいたします。
但し前述にも話したように霊は別としてオーラを見ている事実はどうとらえ
るのでしょうか?
またエクトプラズムでの霊の実体化(具現化)はどうとらえるのでしょう
か?
居ないと言われる根拠は見てないからですか?
それとも他に理由はあるのでしょうか?
教えてください。
また子供に霊の実在を肯定しないとのことですが迎え火でお爺ちゃんお婆ち
ゃんを迎えると話されると思うのですが?一時でも肯定してる話し方で敬う
のとはまた別問題だと思われます。
お盆の話しで終えるつもりでしたが居るか居ないか客観的事実とのことです
がその事実の証明をお願いいたします。
また全てを幽霊いの仕業にするわけではなくそう感じたことのみ半信半疑で
はありますがお話しているだけですので。
この投稿に返信
2009年12月11日(金) 18時27分違反通報親記事 27件目
コメント 391 by ウルフ
>>389
ぶんちゃんさんありがとうございます。
仮説を含め受け止めてからの答え大変勉強になります。
議論はぶんちゃんさんの言うようであるべきと思います。
総統さんのを最後に書き込みを辞めようかと思いましたが、ぶんちゃんさん
のを読み少し落ち着きました。
今後も参照させていただきたく思います。
この投稿に返信
2009年12月11日(金) 23時26分違反通報親記事 28件目
コメント 392 by 総統
>>389
 水分に宿る仮説、興味深いですね。そうすると霊の元になるエネルギー体
は墓場とかより海の周辺が圧倒的に多く集まっている感じですね。
 あと、この仮説だとエネルギー体が人に与える影響は脳に霊の映像を見せ
たり、情報を伝えるくらいですかね? 守護霊みたいに主を守ったり、ポル
ターガイストのようにモノを動かしたり、機器類に誤作動を起こす、心霊写
真のように写真に写りこむ、といった効果はないと解釈できますが。

 傾聴の大切さを説かれていますが、私は頭ごなしに否定はしていません
よ。是々非々です。一応ここは議論をする場で私は否定派ですので、その立
場そのものを否定されても・・ 意見を受け入れて一緒に考えていくのでは
議論になりません。

 現在の自然科学で解明されていない=存在しない、とは思ってませんし、
固定観念を持たないことの大事さは同意です。
 しかしエネルギー体が、仮定の中ですでに現在の機器では検知不可能とし
ている上に、光をも透過するのに人間の脳だけには反応する、では都合がよ
すぎるし、未知の感覚第六感を持ち出されてもファンタジーの領域を出ない
と思います。本来物質に相互作用する限りその相互作用を用いて観測を行う
ことが可能なのですから。
 過去の科学の新発見につながる仮説も決してただのファンタジーではあり
ませんでしたよ。地動説にしても他の星の動きや衛星の存在、天動説の矛盾
の解消など間接的にでもその根拠を示しています。かつて未知の物体エーテ
ルが提唱された時も、間接的にでも検証できる方法は示されていました。

 このスレタイで言う幽霊とはあくまで一般的なイメージのもの(死者の肉
体から出た霊魂が可視化した的な)であり具体的な幽霊の定義について
は・・ これは肯定派に決めてもらうべきものだと思っています。
 そもそも人によって幽霊の定義が違っている時点で、いないことの根拠の
一つになりえると思えます。
 また完全否定論などはあり得ません。悪魔の証明が示す通り、ないことの
証明は極めて困難だからです。例えば私がアンパンマンは見たコトがあるか
らいると言ったら・・・いないことの証明は難しくないですか? まずは
いると主張した私が誰もが納得できる根拠を示すべきでしょう。
 なので肯定派がまず幽霊の定義をして仮説を立てて、さらに間接的にでも
検証方法を示せればなおいいですが・・ それに矛盾がないかを否定派が検
証するスタンスを私はとっているのです。これらの段階をクリアできないう
ちは、幽霊もアンパンマンと同じく荒唐無稽なものとして存在しないと断ぜ
ざるを得ません。
この投稿に返信
2009年12月13日(日) 3時14分違反通報親記事 29件目
コメント 393 by 総統
>>390
 どういたしまして。

 さてオーラを見ている事実は・・ と言われても、体験談となるとそれが
事実なのかも確認できませんし、私が同じ方法でやっても見れませんので何
とも答えようがありませんね。

 エクトプラズムは霊的なものだと信じられていますが、イカサマがバレた
例は多く、ガーゼ、動物の肺、モスリン(羊毛製の織物)の切れ端、ゴム手
袋、石鹸と卵とゼラチンの混合物など、様々なものが使われていたようで
す。隠す場所も巧妙で。多くの場合は同じ現象を手品で再現できます。しか
し全ての実験でイカサマを証明したわけでなく、厳密には未解決の事象と言
えるかもしれません。しかしエクトプラズムが霊やオーラが具現化したもの
という根拠も関連性も示されていないため、それらの存在の証明にもなって
いないと言えるでしょう。

 いないという根拠は見る見ないではなく・・ 幽霊の定義もあいまい、矛
盾のない仮説やだれもが納得できる根拠も示されず、再現性のある観測方法
もない、という現状であるため荒唐無稽なものとしていないと断言している
のであります。

 お盆の件にこだわりますねぇ。敬う偲ぶは気持ちの問題なので、迎え火で
おじいちゃんおばあちゃんがあなたの心の中にやってくるんだよ、という話
し方でどうでしょうか?

この投稿に返信
2009年12月13日(日) 4時6分違反通報親記事 30件目
コメント 394 by ウルフ
やはり居るか居ないかは難しいですね。
いると思うか居ないと思うかは楽なんですが…
今現在はやはりオーラが見えない人は多いんでか?
以前は家とか大気とか地面とか(昔はアスファルトが殆ど無いため)か今と
状況が違うので同じ状況で見ることが難しいですもんね。
自分も最近はオーラを見ることはしていないので現在見えることができるか
分かりません。機会があったら実験してみます。(曇りガラスで無いため)
オーラは体から湯気のような煙りの様なものが出て主に手からの放出が強く
指どうしを近づけると(だいたい20センチくらい)各指どうしがオーラの
線で繋がったりします。全体のオーラが少ない(殆ど無い)と死期が近いと
言われてます。
またお盆にとらわれてる訳では無いんですがお子さんやお孫さんに話をする
時常に心に来るとか霊を肯定しない話し方をされるんでしょうか?
よく霊界に行って修行してから身守ってくれるんだよ、と自分は言われまし
たが。
この投稿に返信
2009年12月13日(日) 11時14分違反通報親記事 31件目
コメント 395 by ぶんちゃん
>>392
 守護霊みたいに主を守ったり、ポルターガイストのようにモノを動かした
り、機器類に誤作動を起こすなどについては、私の仮説として思うことがあ
りますので、あとで(または後日)、再度仮説3の中に盛り込もうと思って
います。

 また、肯定派がまず幽霊の定義・仮説(根拠)をたててというところ、そ
れも一理あるかもしれませんね。ただ、霊と思われる現象の紹介をすること
はたくさん例があるのででてくると思いますが、実際にいることの原理を説
明するのは、難しいものかもしれませんね。

だから、私が、いるとしたらこういう仕組みでいるのでは?という仮説を考
えてみたのでございます。ただ、どちらかといえば、否定論を唱える私が逆
説的に肯定論側から考えるのも変な話かもしれませんが、自分が把握するも
のと反する逆説を唱えてみることで、本来把握する説が正しいという考えを
強固にできるという可能性もありますからね。
いろんなやり方があります。

そういう考え方をすることで、新たに発見できた考えもありますし、
自分がイメージしていた幽霊の仕組みが固まりつつあります。
この投稿に返信
2009年12月13日(日) 23時51分違反通報親記事 32件目
コメント 396 by 総統
>>394
 まぁいるかいないか簡単に分かる問題だと議論にならないですからね。ど
うせ結論なんてでないのに、って思う人もいると思いますが・・

 昔はオーラを見える人が多かったのですか? それだけ多くの人が見れ
て、再現性のある方法で観測できるなら、誰かしらがその謎のオーラの解明
に取り組んでてもいいような気がしますが・・ 私はそのような事実を聞い
たコトなかったです。もし知っていれば教えてほしいです。

 お盆の件では・・ 実際はそんな回りくどい説明はしませんが、肯定しな
い説明の一例として。
 ウルフさんの親御さん?の話は、まぁ人それぞれ考え方や子供との接し方
があると思うのでどうこうは言いませんが・・ 自分が子供に話す時は普通
に話すと思います。とは言え迎え火のような突っ込んだ話までするかは分か
りませんが。子供が成長すれば、それが実在を肯定していることなのか、心
の問題・慣習なのか自ずと分かってくると思います。
この投稿に返信
2009年12月14日(月) 23時2分違反通報親記事 33件目
コメント 397 by ウルフ
>>396
総統さんの言われることが良く分かりません?
自分が子供に話すときは普通?って?
自分の親も普通に教えてたと思いますよ。
私には心に来るんだよっていうようなことの方が回りくどく感じるのです
が。
総統さんは何を基準に普通って言われるのでしょうか?
確率ですか?
それと居ないことが証明されたと言われましたが、それは実在の再現です
か?それとも居ないと言う形での再現でしょうか?
確かに嘘や詐欺もあるでしょうが全てではないと思いますよ。
証明されたのもトリックをやる人がやったのでしょうね。
この投稿に返信
2009年12月14日(月) 23時35分違反通報親記事 34件目
コメント 398 by 総統
>>397
 文章がヘタですいません。

 回りくどいっていうのは、子供に説明する時にいちいち心に来るんだよっ
て説明することを指してます。
 普通って言い方が悪かったですね。子供に説明する時は、ご先祖様が帰っ
てくるので供養するんだよ、という程度にとどめる感じですかね。

 あと私はいないことが証明されたなんて一度も言っていませんよ。むしろ
いないことを証明するのは不可能に近いのです。なので393のコピペになり
ますが、「幽霊の定義もあいまい、矛盾のない仮説やだれもが納得できる根
拠も示されず、再現性のある観測方法もない、という現状であるため荒唐無
稽なものとしていないと断言しているのであります。」というスタンスで
す。
この投稿に返信
2009年12月15日(火) 0時34分違反通報親記事 35件目
コメント 399 by ぶんちゃん
>>383 『幽霊の正体についての仮説』
>>389 『幽霊の正体についての仮説2』

と、2回に渡ってファンタジーを含めた仮説を書いてきました。
子供の頃はいると思っていましたが、大人になってからいないことを悟り
その考えで固定されていたために、幽霊に対する考え方の視野が狭くなって
いました。

幽霊がいるとすれば、どうやって説明できるかを考えていったことで、
視野が広くなり、今までに自分が思いつかなかったことがたくさん浮かんで
きました。そういう意味では、自分にとって逆説的な方向から攻めるという
方法は、とてもよい体験でした。

 さて、今回は、自分の幽霊に対する考えを一度まとめて、新たな仮説も含
めて整理してみたいと思います。

◎情報をもつエネルギー体について、新たな仮説を含めたまとめ

 ウルフさんの言うオーラについては、私の言葉では、オーラのようなもの
として若干意味合いを変え、生存する人間の脳から放たれる“情報をもった
エネルギー体”というような表現にしておりました。そして仮説をたててい
くにつれ、だんだんとその正体が見えてきたような気がします。(あくまで
仮説ですが)

 情報=人間の念 エネルギー体=気の力

ということで、この正体は広義に“念力”と呼ばれるものに近いのではない
でしょうか?通常人間が持つ感覚器(五感)を超えた感覚器(第六感)によ
って放たれるいわゆるサイコキシネスやテレキネシスやテレパシーに近いも
のです。そのものかもしれません。
こういうESPの部類のものは、いんちきやトリックもありますが、中には
実在するものもあるという可能性は否定できないのではないでしょうか?

 そこで情報をもつエネルギー体のことを“念力体”と呼ぶことにします。
これは、強い感情をもって念じられたときに、その人の強い思い(願い、残
念無念事、恨み辛みなどの怨念)や記憶の一部など様々な情報を含んで、脳
から体外へ放たれるのです。

 そして、それを感じ取った人(受信者)は、念力体に含有する情報を自ら
の脳に記憶情報として記録する。それは無意識的に起こることが多い。

 仮説2で脳から放たれた情報をもつエネルギー体は、大気中の水分に宿り
浮遊したり、人間の水分や海などにやどると書きましたがそのファンタジー
(空想)については、物理的にも少々無理があるような気もします。

 そこで、新たな仮説として、念力体は、人間の脳から人間の脳へ伝達され
記憶され、場合によっては、記憶されたものが、何かしら感情の変化などの
きっかけで、さらに別の人間の脳へ再び放たれ別の人間の脳に記憶される。
再送信は、受信者が強い念を出したときや無意識的に起こることもある。

 人間の念により、他人の脳に一旦記憶された念力体を呼び寄せることがで
きる。念力体は、電気的通信と同じく光のような速度で、遠方にいても一瞬
で移動できる。これにより、死者の魂を呼び押せるという人の行動を説明で
き、その行動は結局は、他人の脳に保存された記憶を呼び寄せて、その記憶
情報から解釈し説明しているということになる。また、呼び寄せた念力体が
強すぎた場合は、一時的に呼び寄せた人間の心を支配するほど強い影響を与
えるのならば、乗り移るといわれる現象もここからきているのかもしれな
い。

 念力体を放った場合、力が届くある一定の範囲内にいる感受性の高い不特
定多数の人間の脳に受信され記憶されることもある。これで周りの人が同じ
霊をみたという現象を説明できる。

 念力体が放たれ、それを受信した人間の脳に記憶として残るが、その情報
を死ぬ前に再放出することで、その記憶は後世(血縁関係なく)に受け継が
れるが、安らかに眠るなどで再放出をしなかった情報は、廃れていき、だん
だんと数が減り、消滅する。これによって、原始時代などの大昔の人間の霊
といわれるものの報告がないことが説明できる。

もしかしたら、DNAを通して、血縁のあるものに情報が受け継がれていく
可能性も否定はできないかもしれませんね。血が絶えれば、受け継いだ情報
も消滅するということです。

 念力体に関する特徴のまとめ
 ・念力体そのものは、強い念や送信者の記憶情報の一部を含有する
 ・自我同一性も思考能力も感情もない情報体なので自走行動はしない
 ・生存する人間の脳からのみ放たれる
 ・念力体に含有する情報は受信者の脳に記憶される
 ・受信したあとの受信者の行動は、受信者の人格的解釈に帰属する
 ・修行により他者の記憶された念力体を呼び出すことも可能
 ・一定範囲にいる不特定多数の脳に放出することも可能
 ・念力体に含有する情報は、時を経て受け継がれなくなれば消滅する

◎人間の像をした幽霊の正体について

 まず、幽霊と言われるものの定義を、人間の像をしたものとして
考えます。そう考えた場合、幽霊の正体は2種類あると思います。

1.錯誤的幽霊(実在しない)

 これは、木の枝や物陰など、人間が錯覚を起こしやすい薄暗い場所や 寝
起きなどの脳が完全に覚醒されていない状態で、錯覚として見たり聴いたり
幻覚として見たり聴いたりするものです。これには、薬物使用などで起こる
幻覚・幻聴や、精神的な疾患によって起こる幻覚・幻聴も含まれます。

このタイプの幽霊は、私も体験したことがありますが、完全に実在しないと
断言でき、どなたも異論はないと思います。実在するというのであれば、こ
れを幽霊と思いこんだ本人の心的事実として本人が新規に創った記憶の中で
存在するということに過ぎません。いかがでしょう?

♪〜お化けなんてないさ、お化けなんて嘘さ、寝ぼけた人が見間違えたのさ
こんな歌ありましたね。まさしくこれですね。

2.再生的幽霊(物理的世界では実在せず、心理的世界に実在するかも)

 結局、念力体というものは、脳に記憶された情報ということになります。
それを記憶した生存する人間の念力によって放たれ、人へ伝わり人の脳に
記憶されます。

人間の見えているものや聴こえているものは、視覚や聴覚から入った情報
が、脳によって自分が把握できる形に生成されて認知しています。これは事
実です。実際に人間の網膜に写った映像は、実際に見えているものとは間逆
に反転しています。左右の目にある反転して写った映像を人間の脳で合成処
理し、立体的な正しいものにより近い映像につくりかえてから、認知してい
ます。認知された映像は100%完璧な実像ではありません。

一旦、脳の中で処理をするということは、その時のポジティブな感情(楽、
喜など)やネガティブな感情(哀、恐、怒など)に影響された映像や音が再
生されることがあります。

念力体が記憶の中にあれば、人間の脳の活動に作用し影響を与えることはあ
りえる話です。外界には実在しない、脳だけが作り出した像を見せることも
音を聴かせることも可能です。

 例えば、人間は誰しも夢をみますよね?その時に見えている映像や聴こえ
ている音は、全て脳が作り出したものであり、夢の中にでてくるキャストや
背景、物、音、匂いなどの素材は、ほぼ100%記憶の中から引っ張り出し
てきたものを利用して脳が創作しているものです。

その引っ張り出された記憶の中には、念力体を受けて記憶した情報も含まれ
ていることになります。夢の中からお告げがあったとか、亡くなった肉親
からの助言があったとかそういう類のものは、これで説明ができますね。

そのストーリーには、自分の意志が少しは介入しているのか、全く介入して
いなのかよくわからないものですよね。人間の体には、意志とは関係なく臓
器などを動かす自律神経系があるように、脳にも意志とは関係なく思考する
機能が存在します。

このように人間の脳は、意志とは反した映像を見せたり、実際には実在しな
いものを、見せる力をもともと持っています。寝ているときにだれでも機能
する脳の働きが、脳が覚醒しているときに機能してもおかしくないとは思え
ませんか?

実像であっても、夢でみた像であっても、どちらにしても脳が処理して見せ
ているものには変わりありません。入ってきた念力体の強さや、そのときの
感情の強さなどが影響して、霊という人間の姿をした像を見せているのでは
ないでしょうか?

人間の記憶にあり、夢の中でも想起されやすいものの1つが、普段接触機会
の多い人間の姿です。だからこそ、報告される幽霊には人間の姿かたちをし
ていることが多いのだと思います。

 この手の再生的幽霊は人間の脳によって再生されたものであるため、自ら
意志をもって行動することはなく、自走することはできません。あくまで、
それが見えている人間の脳の解釈によって行動するのです。そして場合によ
っては、その人間の念力によって外へ放たれ、他の人間の記憶へ影響与える
というわけです。ですから、生き霊というものもこれに含まれます。

 よって、再生的幽霊というものは、実態のあるハード的には存在せず、実
態のないソフト的には存在する可能性があるという結論に至りました。物理
的世界では実在せず、心理的世界に存在するかもしれないということです
ね。いかがでしょう?

◎人間の像をしていない幽霊現象について

 ・守護霊みたいに守ったりするもの。

 例えば、人が亡くなるときに、この世にや残したことがあったり、未練が
あったりした場合、誰かに伝えたいことがあった場合に、高い確率で念力体
が放たれる。意識的に念力体を外界に放つ力を得ていない人間でも、火事場
の馬鹿力のように、人間に潜在的に備わっている能力によって、放つことが
できる可能性があります。

死ぬ間際に放たれた死者が残した念力体は、遺書のようなものであり、その
情報には、だれかを守りたい、だれかのことが心配である、だれかに恨みを
もっているなど様々な念(思い)と、その人がもつ一部の記憶情報が含まれ
ています。

だれかを守りたいという念を強くもって亡くなった場合は、目的の人物へ向
けて、放たれ、守られるべき人物の脳の中の記憶へと念力体が受け継がれま
す。

守護霊というものは、直接的に守ってくれているものではなく、受け継がれ
た情報の中に、助言のような記憶が存在し、受け継いだ者が無意識的にその
助言を含む記憶の影響を受けて日々行動を起こすことで、間接的に守られて
いると解釈することができます。

たとえば、お酒に気をつけろとか、車の運転に気をつけろとか、そういった
願いが、いざというときに、影響し、事なきを得たといことにつながること
があるのではないでしょうか。

 守護霊と言われる人の記憶が自分の記憶の中に入り込んでいるのですか
ら、亡くなった本人の姿の情報は強く記憶の中にあるはずです。
守護霊が見えるという人は、その記憶を感じ取っているのかもしれません
ね。もちろん嘘を言っているいんちき霊能者もいるでしょうけどね。

 また、自分が生まれる前の、大昔の祖先が守護霊といわれるものとなって
いると解釈される場合は、これも説明ができます。それは、人が死ぬときや
生存者により放たれた念力体(念を含む記憶情報)の移動による現象です。
これもDNAによる受け継ぎがある可能性があります。

結局、守護霊も受け継がれた記憶なので、同じ人物の守護霊といういわれる
ものをもつ(記憶している)人がいるのではないかと思います。

 守護霊という、直接的に意志をもって対象者を守っているものは存在せ
ず、受け継がれた記憶の中にある助言の念によって、無意識に自らを守って
いるということです。これが守護霊といわれるものの正体です。

 “守護念力体”と名づけます。
私の説としては、この念力体は、念力によって放たれるものなので、いまだ
に生存している人間から放たれている場合もあります。
実親のどちらかによる子供を守護したいという強い念が放たれて、子供の記
憶の中に届けられ、助言の記憶によって間接的に子供を守っていることもあ
るのではないかと思います。複数子供がいた場合、複数の子供に同じ念力体
が放たれ、同じように記憶されている場合もあるでしょう。
これも生き霊型守護霊といわれるものの類かもしれません。

 ・ポルターガイストのようにモノを動かしたり、機器類に誤作動を
  起こすなどについて

 これは、幽霊というものではなく、生存する人間の念力の影響によるもの
ではないかと私は思います。人間の脳に秘められた能力は、まだまだ解明さ
れていないため、どんな不思議な能力があるのかは未知数です。
第六感によるサイコキシネスのような念力が存在するのであれば、ある感情
の放出をきっかけとしてポルターガイストのような現象を起こしたりするこ
ともありえるのかもしれません。

場合によっては、自分の勘違いから起こった恐怖心が、自ら念力を放ち、ま
ずは小さな物を動かし、更に恐怖におののき、念力を強め、大きな物を動か
している。結局、自分が動かしていることに気付かずに、恐怖心増強による
念力強化のスパイラルにおちいり、ポルターガイスト現象が暴走を起こして
いるなんてこともあるかもしれませんね。

 また、機器の誤動作については、ポルターガイストのような現象よりも、
起こる確率が高いものですよね。機器の誤動作は、電気的、電磁的、磁気的
な影響を受けて起こるものなので、物体を動かすことよりは、物理的に起こ
りやすいかもしれませんね。

 私の体験談で、母が亡くなった次の日に、同じかばんの中にいれていた、
母の携帯電話から私の携帯電話への呼び出しと、つづけてその逆の呼び出し
が起こったと、このスレッド内のどこかに書きました。

これは母への悲しみの強さから、私に秘められた能力である念力が自然開花
して、携帯電話を誤動作させたのかもしれません。また、逆に母が無くなる
前に放った念力体を私が受信し記憶し、その中にあった助言の記憶の影響
で、私の念力をつかって誤動作を起こしたのかもしれません。

たんなる、物理的現象(振動によりたまたまボタンが押されたなど)なのか
もしれません。

このような、まだ現代科学では完全に解明できてないような、わけのわから
ない怪奇現象を、そのまま放置するのは気持ち悪いというのが人間のさがな
のかもしれません。それを霊的な現象として位置づけて現象に名称をつける
ことで、気持ち悪さがやわらいで安心できるということなのかもしれません
ね。

◎幽霊の存在についての結論

 幽霊の正体は、錯誤的幽霊も再生的幽霊も守護霊といわれる幽霊も、自分
の脳に記憶された情報に影響され、最終的には脳が見せてくれたり、行動を
おこさせている。

幽霊とは? 広義には脳作用であり、狭義には記憶された情報である。

記憶情報を現実世界に実在すると解釈するのか、実在しないと解釈するのか
はそれぞれの学問的分野の考え方によって違ってくる。

私の解釈としては、物理的実体は無いが、心理的な幽霊的現象が実在する。
その現象によってもたらされる対象像を説明するために過去の人間が幽霊と
名づけたにすぎない。幽霊という名称があるから、あるないという話になっ
てしまうのではないでしょうか?これが最終的な結論です。

結局は、すべてが人間によって起こされているものということになります。
現状では、このように推測を含めた結論を出すぐらいしかできない気がしま
す。少なくとも言葉だけの議論の場では。

皆様、長い文章になってしまい、ごめんなさい。
この投稿に返信
2009年12月15日(火) 4時4分違反通報親記事 36件目
コメント 400 by ウルフ
>>398
分かりました。こちらこそすみません。
今現在はみなさんが思うように居ないと思う方が圧倒的多数だと思います。
居るか居ないかは地動説や天動説や恐竜説など解明されたのは事実居たとか
あったとか言われるでしょうが霊やUFOの様に実際解明されてないか未だ
解明が難しい現在では確かに居ないと言わざるを得ないでしょう。
しかし地球も当初平面の上に人が立ってたと言い丸いと言った人は笑われた
と言われてます。私は笑われても良いから信じたいし。祖先も敬うし霊も大
事にしたいと考えてます。
ちなみに大事にしたい霊は守護霊や背後霊など自分に都合良い霊ですけど
ね。
この投稿に返信
2009年12月15日(火) 17時59分違反通報親記事 37件目
コメント 401 by ウルフ
>>399
ぶんちゃんさんの言うように自分も霊と超能力的なものは以前から関係ある
かもって思ってます。
生き霊は確かにそうだと思います。
但し自分は生き霊は霊とは言えないと思っているので今までの経験では脳に
左右されるものと車など機械に左右されるものとがあり機械に左右されるも
のは単なる誤作動なのか霊なのか超能力とはまた別の様な気がします。
この投稿に返信
2009年12月15日(火) 18時19分違反通報親記事 38件目
コメント 402 by ぶんちゃん
>>400
>今現在はみなさんが思うように居ないと思う方が圧倒的多数だと思いま
す。

 残念ながら、これは逆ではないでしょうか?世の中には、一般的なイメー
ジの幽霊というものが存在していると信じている方の方が、圧倒的多数であ
ると思いますよ。(ついでに神の存在も)
私も、数年前までは確証的な意識をもった感じではないですが、いるのでは
と信じていましたし、子どもの頃は、いると信じて疑っていませんでした
よ。私の周りの人間で、霊の正体を分析しようとしたり、いないと思ってい
るような人は、誰もいませんので・・・。

だから、信じていても別に笑われないと思います。安心してくださいね。
ウルフさんは、世間的には多数派の方ですよ。

 ついでに、深夜に、懐中電灯ももたずに、1人で暗闇の霊園の中に入って
いくなんてことをして、全く恐怖感を感じない私のような人間は、変人であ
ると自覚しています。
この投稿に返信
2009年12月15日(火) 23時46分違反通報親記事 39件目
コメント 403 by ウルフ
>>402
ぶんちゃんさんありがとうございます。
少し安心しました。
確かに脳はまだ眠っている力が多いと思います。
意識的に出せる人は殆ど居ないと思いますが、自分も無意識か突発的(危機
に面した時など)には比較的多くの人が出来るんじゃないかと思います。
それが肉体的のパワーアップか精神的力によるものかは分かりませんが。
脳のアドレナリンが一気に上がって起こるのかまたは使われてない脳が一時
的に覚醒されるのか。
もし脳による霊的現象なら遺恨など恨み嫉妬が攻撃的力として背後霊とか守
護霊とか言われてるものは人間が身を守るため発令されるのをそんな形で呼
んでるのかも知れませんね。
自分も自転車に乗ってるとき車に飛ばされた直後落ちるまで不思議と色々考
え周りの景色がゆっくり動く不思議な感じでした。
何とか擦り傷程度ですみました。
その時は守られてるんだなって思いましたが霊なのか脳の隠された力なのか
未だに分かりません。
この投稿に返信
2009年12月16日(水) 17時58分違反通報親記事 40件目
コメント 404 by 総統
>>399
 なかなか興味深い、と言うか筋の通った仮説で関心いたしました。現在一
般的なイメージとしてある幽霊と大分違う展開になってきていますが・・ 
とりあえず、仮説の疑問点を聞いてみたいと思います。

 念力体というのはほぼ光速度で伝わるということですが、そこら辺に浮遊
してたり留まったりっていう状態はないということですね? であれば、特
定の場所(心霊スポットだったり)で多く目撃されるというのはどうなんで
しょうか? 例えば自殺する人が死の直前に念力体を出したとしても、光速
度で一瞬にしてどこかに行ってしまうので、後からその場所に来た人にはな
にも感じることはないと思うのですが。

 また他人から受け取った情報が視覚化されて映像としての幽霊を見るとい
うことですが、人間の姿(たまには他の動物も?)の霊が多すぎると感じま
す。縁起の悪い例ばかりで申し訳ないですが、例えば電車にひかれて死んだ
人が死の直前に念力体を出したとします。それは電車に対して強烈なインパ
クトを抱いた念力体です。そしてそれを受け取った人が電車の映像を霊とし
て視覚化して見ないのか? 海で溺れて死んだ人の念力体を受け取った人
が、海の映像を視覚化して見ないのか? 夢のように人物から背景まで含め
た映像は見れないのか? 人間の姿のみが霊として映像化されるのは何か恣
意的なものを感じます。

 あと念力体はやはり検知器には感知せず、人の脳だけに反応するのです
か? ポルターガイストみたいな念力の方は、機器にも影響するということ
ならこちらは検知器でその成分を測れそうですね。

 ちなみにこの念力体の放出は他の生物は使えない人間だけの特殊能力なん
でしょうか?
この投稿に返信
2009年12月17日(木) 0時18分違反通報親記事 41件目
コメント 405 by 総統
>>400
 オリコンのアンケートだと幽霊がいると思っている人は約6割という結果
がでてましたね。ちなみに見たコトがあるという人は1割。圧倒的でないに
しろ、いると思っている人のが多いんですね。ぶんちゃんさんの言う通り信
じていても笑われないですね。

 ちなみに私はかつて心霊スポット巡りをしたことがありますが、真夜中の
廃墟はさすがになんとも言えない恐怖を感じましたがね。
この投稿に返信
2009年12月17日(木) 0時29分違反通報親記事 42件目
コメント 406 by ウルフ
>>404
みなさんは人間の形にどうもとらわれてる様なんですが?
自分はあまり見えないのかオーラもぼんやり湯気のような煙りのような物し
か見えず霊もしっかりとした実体が見えると言う人にも映し出されてないよ
うに感じます。
ただぼやっとしてそれが感覚的に人間としてとらえてるのかはっきり見えな
いが感じてるのかだと思います。
UFOもそうなんですが光る飛行物体としてしかとらえなかったので形も分
からなかったです。
多分自分が思うにはみんなに説明上人間の形で話すか電波で流すのにその方
が都合よくて言ってるかだと思います。
霊もUFO同様未確認飛行物体?みたいなものかも?です。
もしぶんちゃんさんの言うように脳が放出している物としたら発達してる人
間のみの特権でしょうね。
今後も脳開発が進むと更に不思議なことが分かるかもですね。
この投稿に返信
2009年12月17日(木) 0時55分違反通報親記事 43件目
コメント 407 by ぶんちゃん
>>404
 幽霊現象と言われるものはたくさんあり、その全てが仮説の念力体に影響
しているとは限りません。念力体が関与していない部分については、人間の
脳(脳作用・脳解釈)が影響しているように思っています。

念力体の仮説として、本体は念を含む記憶情報であり、物質でも生物でもあ
りませんので、浮遊したりとどまったりはしませんね。人間の記憶の中にし
か留まることができない情報です。まだミクロ的に解明されていない人間の
記憶のシステムと同じ仕組みで作用しているものと思います。

それらを踏まえた上で

>>特定の場所(心霊スポット)で幽霊が目撃されることについて

 私が考える仮説として、これは人間の先入観と過去の記憶が関係している
ように思います。

 例えば、心霊スポットとして客観的世界で周知されている場所であった場
合、そこへいく人間は、幽霊がでる場所であるという先入観と恐怖心と期待
感をもってでかけます。

その感情をもった状態で、のようなものに見えるものが一瞬でも視界に入っ
てきたら、それをきっかけとして、本人の脳が作用し、過去の記憶と合成さ
れた幽霊現象を脳内で発生させます。そのときに起こった感情の変化、情動
とでも申しましょうか、それによって放出能力を持つものは、無意識に念力
体が対外へ放出し、それが同じように先入観をもった近くにいる人間の脳内
へ記憶され、別の人も類似した像を脳にみせるという流れです。霊を信じな
いなど、先入観をもたない友人は、同時に見ることが出来ないこともありま
す。このように説明できます。

心霊スポットというものは、一度、そのような自ら起こした幽霊現象のよう
なものを体験したり、悪意のある人間による意図的な行動により、口コミで
広がり、先入観をもった人間のだれかがまた同じような行動を起こし、その
スパイラルが発生し、心霊スポットというレッテルが貼られ、世間的に定着
しているように思います。
 
 こういった心霊スポット(と思い込まされている場所)で人間の像をした
幽霊の姿をみたり、のような現象を体験するのは、過去にその姿を学習して
いるためです。過去の人間によってつくられたその像や現象を、事前に学習
していない人間は、ほとんどいないでしょう。もし、幽霊現象のようなもの
について、産まれてから一度も見たことも聞いたこともない人間がいたら、
おそらく、人と同じ幽霊現象のようなものを体験することはできないかもし
れません。記憶の中に素材となる情報がないためです。他者からの念力体を
受け取った場合、その影響を受けて映る映像は、また人とは違った映像にな
っているかもしれません。

 また、世の中で周知されている心霊スポットなるものって、なんとなく共
通的な特徴があったりしないでしょうか。場所によっても、自らがつくりだ
した幽霊現象のようなものを体験しやすい、しにくいという場所があるよう
な気がします。

多くの人が金属をこすりあわせる音とか、爪でガラスを引っ掻いた音を聴く
とゾクッと寒気がしたりしますよね。

例えば、人類が共通して生得的にもっている恐怖心を感じるツボのようなも
のがあって(笑いのツボのような意味です)そういったものが、恐怖心をあ
おったり、幽霊が出るかも?という意識を想起させたりして、潤滑油のよう
な役割を担う可能性も考えられますね。心霊スポットになりえる場所には、
視覚的だったり風の流れだったり、何かしら人間に恐怖心をあおるツボのよ
うなものをもっているような気がします。これも、過去に学習している幽霊
が出そうな場所というステレオタイプ的(偏見や固定観念的)なものが影響
しているように思います。

だから、この手の心霊スポット的なものは、最初に念力体ありきで、念力体
の影響で見せられるものではなく、洗脳された人間が、自分で勝手に作り出
して見ているだけで、ついでに近くの人に、念力体によっておすそ分けをし
ているという感じではないでしょうか。

>>電車や海の像について

 総統さんが書いていた、電車や海などが関与する強烈な念を受け取った場
合、受け取った人間の夢や幻覚などの中で電車や海が主張することもあるか
もしれませんね。 

 私が推測する考え方は、他人から受け取った情報の視覚化について、本人
が脳の中で解釈する映像は基本的には本人の過去の記憶情報が強く影響する
ということです。あくまで主導権は脳の所有者である本人です。
脳の所有者が、他者から受け取った念を含む情報を一旦記憶し、その追記さ
れた記憶情報と既存の記憶情報とが合成されて、自らの脳が解釈したオリジ
ナルブレンドの像を映すはずです。

だから、情報を発した人間と受け取った人間とでは、見えている情報の意味
的なものは同じでも、イメージの像は若干違うかもしれません。イメージ情
報は、イメージの意味を解釈したあと受け取った人間の過去の記憶情報を参
照して再生されますが、言語的情報は、そのまま受け取り再生できるという
考え方です。

>>念力体は検知器には感知せず、人の脳だけに反応するのですか?

 ということですが、そんなことは、見たことも経験したこともないので
当然のように、私にはわかりません(^^ゞ
念力というものが放出されることが頻繁に起こっている場所で、いろんな
測定方法で実験すれば、何かしら検出されるかもしれませんし、されないか
もしれません。そんな現象は、都合のよいときに都合のよいようにでてこな
いのでなかなか、スポットを当てることはむずかしそうですね。

さきほども書きましたが、念力体は、念を含む情報そのものなので、検出
されるとすれば、念力を出しているときの念力でしょうね。それがでている
ときに、人間の脳内のどこかの細胞に電極をセッティングして脳波をみれ
ば、何か変化が起こっているかもしれませんね。

>>この念力体の放出は他の生物は使えない人間だけの特殊能力なんでしょ
うか?

 これも、見えないので知りません(^^ゞ
私の推測では、いまのところ、物事や経験に意味を付け、様々な記憶と関連
付けたりなど、精緻化した(緻密な)記憶保持や検索ができる高度な記憶シ
ステムを持つ人間だけに起こる特異な現象・能力と思っています。
しかし、他の生物にも、人間とは違う何かしらの特殊な能力を持っている
可能性は否定できませんね。

 ただ、人間だけといっても、全ての人間が同じ能力を潜在的にもっている
のかといわれると、それは、そうですとはいえない可能性もありますね。
もしかしたら、一部のDNAの移動ルートに属する人間(祖先)のみがもつ
突然変異による特殊能力なのかもしれません。

受信できるのは、全人類で、送信できるのが一部のDNAルートの祖先。
または、送受信できるのは一部のDNAルートの祖先のみで、他の人類は
一切の潜在能力を持たないという可能性も念頭におく必要があるかもしれ
ません。
この投稿に返信
2009年12月17日(木) 2時27分違反通報親記事 44件目
コメント 408 by ぶんちゃん
>>406
>>みなさんは人間の形にどうもとらわれてる様なんですが?

ウルフさんへ

このスレッドは、幽霊は存在するか?というテーマですから、
世間一般にいう幽霊の解釈=人間の像をしたお化けという解釈で話を
すすめるようにしてそれでいいと思いますよ。
幽霊を統一しないと話が終わりませんから(^^ゞ

私はもう満足していますからもうお腹いっぱいですよ(*^_^*)

 ちなみに、UFOは存在するか?というスレッドがあれば、それについて
も私なりの思想がありますので、あれば、話に入り込んでしまうかも?
というか、そんなスレッド、既に過去にありますね。
この投稿に返信
2009年12月17日(木) 2時48分違反通報親記事 45件目
コメント 409 by 無責任
>>365
確かに僕も見えませんが、見える人がいるなら
僕もいるのかなと思います。
とにかく貴方と同じ意見です。
貴方は下の人の事 
この投稿に返信
2009年12月22日(火) 20時47分違反通報親記事 46件目
コメント 410 by かすみ
こんばんは、みなさん。
メリークリスマス☆

突っ込んだ話になるにつれついていけなくなってしまったのですが、
[返事 409]をきっかけとして、久々にレスしました。

私は初め、ごく気軽に返信したのですが、すぐさま深い話になっていってし
まい、驚きました。

皆さんは、幽霊への関心が大変深いようですが、どのようなきっかけで興味
をもったり、幽霊について考えるようになられたのでしょうか?(←個人的
な興味からの質問です)

>[返事 409]を書いてくださった方へ
はじめまして。 同意見であることを表明して下さり、ありがとうございま
す。

「貴方は下の人の事」で終わっていますが、続きがあるようでしたらお聞き
したいです。
加えて、ペンネームの記載もお願いできるようなら嬉しいです♪
この投稿に返信
2009年12月24日(木) 22時15分違反通報親記事 47件目
コメント 411 by seiken
>>389
霊の伝達媒体を「水」とした仮説には同感です。
霊が電磁波の一種だと実感しているので、伝達力のある「水」
の性質は説得力を感じます。
この投稿に返信
2010年1月11日(月) 15時48分違反通報親記事 48件目
コメント 412 by 禁ちゃん
>>364
ぶんちゃんへ
禁ちゃんです。
貴方の体はどうして動くのですか?
魂が有るから動くのではないのでしょうかと私は、思います。
幽霊とは、魂のことではないのでしょうか。
世の中には、魂が見える人と見えない人がいます。
貴方も修行を積めば見えるようになるかもしれませんね。
この投稿に返信
2010年1月12日(火) 16時6分違反通報親記事 49件目
コメント 430 by なっちゅ
>>364
なちゅです。よろしくお願いします。霊はいますよ。私、霊感あるから視え
るんです。
この投稿に返信
2010年8月5日(木) 18時22分違反通報親記事 50件目
コメント 469 by 無責任
>>365
幽霊は存在します、今から31年前の林間修学旅行の事です、場所や旅館名は忘れて
しまいましたが、友達が4人で写真係のおじさんに庭園前で撮影してくれたそうで
す、1週間後、写真が出来たので友達が私を呼びに来て凄い写真があるから来て来
れとこうふんぎみでした、4人で写っていた写真には女性の幽霊が斜めから写って
いました、足は無かったし薄い白い物を着ていましたし本当に偶然入ってしまった
ようです幽霊の目線はカメラマンには無かったでしたしカメラマンのおじさんも気
がつかなかったそうです、幽霊のイメージはすごんだ恐いイメージでしたが、幽霊
女性凄く綺麗幽霊でびっくりしました、それぐらい印象に残る写真の1枚でした、
私は思うのですが人間の目では幽霊は見れませんと思いますしカメラだったら偶然
撮影可能だと私は思います、
この投稿に返信
2011年6月28日(火) 8時57分違反通報親記事 51件目
コメント 471 by カッツ
 霊がいるかいないか、とは少し、ずれますが、「オーラ」の話題を書きま
す。関連性はあるので、このあと、おつきあいください。
<(_ _)>

『 バイブレーショナル・メディスン 』 P160より
リチャード・ガーバー (著)
出版社: 日本教文社 (2000/10)
(リチャード・ガーバー氏は医学博士。ミシガン州デトロイト、ウエイン州立
大学で代替医学の教鞭をとる)

『 光の手 』 上巻、P77より
バーバラ・アン・ブレナン (著)
出版社: 河出書房新社 (1995/02)
(バーバラ・アン・ブレナン氏は大気物理学の修士号を取得。NASA、アメ
リカ航空宇宙局に勤務した経歴あり)

 以上の本から引用した文章を、私が要約した文章にして書きます。

(つづきます)
この投稿に返信
2011年8月9日(火) 3時35分違反通報親記事 52件目
コメント 472 by カッツ
(つづき)
== ヴァレリー・ハント博士によるオーラの実在の証明 ==

(ヴァレリー・ハントの英語表記は、Valerie V Hunt)

 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のヴァレリー・ハント博士
は、霊能者などが霊視して報告する「人体の周囲のオーラの色」と、人体が発
する低ミリボルテージ信号の周波数のパターンとの相関関係を実証した。
 ハントは被験者の体表に筋電図用の電極をあてて、生体電場エネルギーの測
定を行った。ハントは、ロザリン・ブルイヤーという人体オーラ場の変化を判
読する、有能な遠隔視能力者の協力をえた。オーラを観察しているあいだ、被
験者のからだの筋電図電極からのデータがなんらかの電気的変化を示してもブ
ルイヤーには知らせないことになっていた。ハントはブルイヤーの観察結果が
筋電図電極で記録された変化と「完全に」相関していることに気づいた。
 ハントは、さらに7人のオーラ観察者と同じ実験を繰り返した。1988年2月の
結果は、次のような色と周波数の相関を示している。
青    250〜275Hz プラス1200Hz
緑    250〜475Hz
黄色   500〜700Hz
オレンジ 950〜1050Hz
赤    1000〜1200Hz
青紫   1000〜2000Hz プラス300〜400Hz 600〜800Hz
白    1100〜2000Hz
 ハントは、こう語っている。「超感覚知覚能力者がオーラの放射を見、描写
してきた何世紀もの間、彼らの主観的な色放出の観察を証明する、これが最初
の客観的な周波・振幅・時間の電子的証拠である」

(つづきます)
この投稿に返信
2011年8月9日(火) 3時36分違反通報親記事 53件目
コメント 473 by カッツ
(つづき)
 これまで霊魂否定派は、「オーラ、霊魂、霊界」などをすべて否定していま
した。
 しかし、その主張の一角は崩れたのです。
 「オーラ」は実在しています。
 霊能者たちには特殊な知覚能力があることも科学的に実証されたのです。彼
らが「実在する何か」を「オーラの色」として知覚できることも、識別できる
ことも科学的に実証されたのです。

 となれば、霊能者たちが霊視して報告してきた残りの二つ、「霊魂、霊界」
とは何なのか? それが実在する可能性を考えて、科学的な検証実験の対象に
していくことは合理的な発想でしょう。

 私の主張は以上です。
この投稿に返信
2011年8月9日(火) 3時37分違反通報親記事 54件目
コメント 476 by その通り
霊は「存在」する。
しかしそれは「人間の頭の中」に、人間の「観念の中」にだけのこと。
つまり人間が存在するから、霊も「存在」している。
人間が地球上から消滅した瞬間、「霊」という定義も観念も消える。
人間の肥大化した脳はなんでも生み出す。
ありえないこと、絶対不可能なことも考え出す。
死人が生き返る小説を書いたり、タイムスリップして過去の自分に会う映画
を作ったり。
人間の思考には不可能はない。
つまり、霊もそのように人間の思考が作り出したもののひとつだ。
だから人間が地球上から消滅した瞬間、思考の中の霊も消え去る。
ただそれだけのこと。
この投稿に返信
2011年9月15日(木) 9時29分違反通報親記事 55件目
コメント 501 by 豊
>>364
豊です
霊体の存在ですが今なお科学的に証明されておりません。
オーブに関して言います空気中のチリとかホコリ、水滴がストロボに反射し
てあのように写ります。僧侶、警察官、消防士、救命士、列車の運転手が霊
を見たと話しも聞きません。
タクシードライバーが霊を乗せたという話ですが、ロングヘアーの女性、
雨、座席が濡れていたと共通点が不自然でる
この投稿に返信
2012年8月25日(土) 16時29分違反通報親記事 56件目
コメント 502 by コウカイ
>>364
いると思います。
科学で証明しきれないことはたくさんありますし。
そういえば昔「一反木綿」のようなものを見た覚えがあります
この投稿に返信
2012年9月2日(日) 11時8分違反通報親記事 57件目
コメント 636 by ひかッちゃん
>>364
そんな非科学的な物は存在しません。…と、結論ずけるとつまんないです。Σ(゜Д゜υ)イル‌‌いると思う方が楽しいのでは?神や仏もいると思うから拝みたくなるもんだし。
この投稿に返信
2015年9月10日(木) 17時42分違反通報親記事 58件目

58件目、このスレッドにコメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [書き込みの確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

マナーメール通知なし