おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

つまみ読み
記事 27 by ミト

○はじめに このスレッドを読まれる前に、 18,「原子力(核分裂)」スレッドをご一読下さい<(_ _... ( 続きを読む )

1.
ヤフーで検索すれば ミト
2.
ご安心ください。 ぶんちゃん
3.
水素だけなんですか? Machine_Ito
4.
核融合でも中レベル放射性廃棄物はでます。 くーろん

5.スゴイッス

コメント 33 by みさと
ミトさんへ
私にこれだけの知識があれば、もっと楽しい社会人でいられたのかも知れない。  バケガク?物理学?苦手です。 頭が不自由なんですね、基本的に。
私は十数年間、機械設計をやって来て、ヒョッコリヒョッコリと条件の良い会社などに移り、数社の仕事をして来ましたが、この原子力、というよりも、
東電の原発の仕事はかなりの確立で受けました。 誰もが嫌がる原発の仕事として、一部の業界ではかなり有名になってます。(おこられる?)
書類が多い、手続きが多い、根拠を求められる、保証を要求される、何かあった場合の対処が、それ以上に複雑で面倒。などなどですが、それ以上に大問題なのが、中心部の設計などはとてもとても手を出せるような問題ではないのですが、三時冷却、固化系放射性廃棄物、衣服の洗濯、ペレットの攪拌とか訳の分からない機械の設計は、放射性物質の何たるかを全く理解していない俺みたいな者が設計して動いているのですから、そりゃあ冷却水も漏れるわなあ。
安全? うっそーって感じです。

To:みさと

返信を書き込む

主題: 夢のエネルギー「核融合」

コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2002年4月26日(金) 14時53分 親記事 6件目のコメント
コメント 34 by ミト
Machine_Itoさんへ

ありがとうございます。

文中にも書きましたが、水素だけでなくもう少し重い元素でも“核融合”は出来ます。ただし、水素核融合以上のもっと過酷な環境が要求されます。

>「ミトの主張」とか,「ミトスペシャル」とか…笑
>号外みたいな形で出したら楽しいかも…

いやいや(^^)ゞ私の稚拙な知識ではそんな大それたことはとてもとても...
あくまで「興味を持っていただけたら、専門家のサイトを探してみて下さい」と言うことで。
この投稿に返信
2002年5月1日(水) 1時31分違反通報親記事 7件目
コメント 35 by ミト
くーろんさんへ

いつも、辛口なご意見ありがとうございます。

最初に断っておきます。私はただの「科学技術奉信者」ですので、純粋に「技術的興味」しか持ち合わせておりません。ですから、「原発問題、環境問題」についてはここで一切触れるつもりはございません。

ただ「放射性廃棄物」に関して、先日訪問した専門家サイトで得た付け焼き刃知識で反論させていただきます。
「核融合」においては、“将来的に”放射性廃棄物の発生は「0(ゼロ)」に出来ます。

まず「核融合」には3種類の反応があります。
1.反応温度は低く(7億℃)反応率は高いが、高エネルギー中性子を多く発生してしまう「DT反応」
2.反応率が低くなるが、高エネルギー中性子の発生は低くなる「DD反応」
3.全く中性子が発生しないが、反応温度が非常に高い(25億℃)「pB反応」

現在は、まだ「DT反応」での“自己点火”と“定常運転”を目標に開発がなされているそうです。
「DT反応」では、炉壁材料の“放射化”は避けることが出来ません。そこで、素材メーカーは「低放射化素材」の開発に力を入れて、実用化まであと一歩というレベルに達しているようです。
この「低放射化素材」が実用化されれば、炉壁材の放射化は100年程度で再利用可能レベルに抑えられるそうです。つまり、「廃棄物」として長期間管理するだけではなく、一定期間で再び「炉壁材」として再使用できるのです。

「DT反応」の技術を確立すれば、次の「DD反応」の実用化もそう時間は掛からないと思われます。
「DD反応」では、炉壁材の“放射化”は低く抑えられるので、廃棄物の発生は減り、炉壁材の長寿命化も果たせると思います。

そして、究極の「pB反応」では、炉壁材を含めて一切“放射化”は起こりません。まさに理想的な「夢のエネルギー」です。

まだまだ初期段階の現在は“放射性廃棄物”の発生は避けられませんが、“将来的には”廃棄物ゼロとなるのです。

この投稿に返信
2002年5月1日(水) 2時17分違反通報親記事 8件目
コメント 36 by ミト
みさとさんへ

私も内部事情に通じた人間なのですが、ダメですってそんなことバラしちゃぁ(^^;ゞ
みさとさんが、あの膨大な設計図の一部を作成されてらっしゃるとは...
まぁ、これを機会に少し勉強されてはいかがですか(^^?
きっと、仕事上無駄になることはないと思いますよ、私はほとんど役に立ってませんけど...(^^)ゞ

まぁ、定修の度、細かな“改良”が行われているのは事実ですから、未だに「完成品」では無いのは確かですね(^^;
この投稿に返信
2002年5月1日(水) 2時27分違反通報親記事 9件目