おしゃべり掲示板!みんなの話題投稿サイト

ズーム -1元のサイズ+1

ヒントみんなの疑問、質問、相談、体験談、意見、情報が誰かの役に立っています。

先頭から

退職を拒否されています

記事 138 by
はじめまして。主人の退職の件で相談があり、スレッドを立ち上げました。
長文になりますが、どうかよろしくお願い致します。

主人は、現在働いている会社を3月31日で退職する予定です。4月からの仕事
も決まっています。退職の意思は昨年11月に口頭で伝え、今年2月に入って
からは何度も退職届を提出しようとしておりますが、未だに受け取ってもら
えません。昨年11月に最初に退職の意を伝えた時から「退職は認めない」
「なんとしても会社に残ってもらう」と全く退職を認める気配がありません
でした。

しかし退職希望日も近づいてきたので、書面にし、2月中ずっと提出しよう
としていますが、未だに「絶対に受け取らない」「受け取る気持ちは全くな
い」を繰返し、話が一向に進みません。上司の机に退職届を置いて帰る事も
ありましたが、次の日にはつき返され「受理する気は全くない」を言い続け
ます。こちらとしても「退職の意を変えるつもりはない」と主張しているの
ですが、都合の悪い事はいっさい聞く耳を持たず、話になりません。

それでいながら「話があるなら、いくらでも聞く」とは言います。先日も、
「話があるなら聞くから。来週時間を取る。ただし退職届を受理するつもり
は全くないからな。」と言われました。

こちらとしては、もう話したい事は全て話しておりますし、あとは届を受け
取ってもらうだけです。そして上司が指定してきた「来週」は、もう3月で
す。退職希望日まで1ヶ月を切ってしまいますので(法律的には2週間です
が、やはり世間一般的には1ヶ月と言われますので、1ヶ月前には提出したい
と考えておりました)「日にちが迫っているので、今週中にどうしても提出
したい。○○さん(上司)に受け取って頂けないなら、人事に出します。」
と言いました。

そうすると「話は聞くと言っているのに、なぜ人事に出すなんて事になるん
だ。それはおかしい」と言います。「話は聞くが絶対に受理しない」と言
ったのは自分なのに・・・。もうまともに話が通じません。

主人も円満退職がしたいとの思いから、何とか上司に理解してもらおうと頑
張ってきました。家族とも話し合い、1年以上にわたり考えた末に出した決
断だという事も伝えました。すると今度は「だったら奥さんの意見も聞きた
い。来週奥さんも連れて来い。他にも相談した家族がいるなら、その人とも
話がしたい」とまで言います。

主人は、そんな必要はないと腹を立てていましたが、私は行ってもいいと思
っています。そしてそこでも「絶対受け取らない」を続けるようでしたら、
法律(民法627条)を出してでも、なんとか認めさせたいと考えています。

法律的には、受理・拒否にかかわらず退職が成立する事は分かっています。
今、内容証明で退職届を送れば、3月31日の退職が成立します。しかしそれ
は最後の強行手段だと思っておりましたので、何とかギリギリまでは対話
で、という気持ちは持っております。が、そのギリギリが近づいて来ていま
す。

もはや最後の強行手段を取るべき時なのでしょうか?内容証明を送る他に、
会社に退職を認めさせる方法はあるのでしょうか?又、来週私が上司に会っ
たときに、法律の話を持ち出すのは非常識な事でしょうか?

皆様のお考えをお聞かせください。よろしくお願い致します。
To:だーり

返信コメントを書き込む


コピー保険に加入(本文コピー)  写真を貼り付ける 埋め込む
カメラ 写真(画像)貼付の設定

笑 [返信内容の確認]をするときに、あなたが撮影した写真や画像を指定します。投稿すると安全処理されてから投稿欄に表示されます。

設定を閉じる

YouTube公式チャンネル 動画貼付の設定
URL:

笑 YouTube の動画枠直下にある[共有]を押すと出るURLか、再生ページのURLを以下のように入力します。
https://youtu.be/*****

貼り付けてよい動画?

笑 企業等の公式チャンネルの動画や個人が撮影して公開中の動画を掲示板等に貼り付けて共有リンクするのは著作権上合法だそうです。

貼り付け方は?

設定を閉じる

2011年2月24日(木) 18時40分 1件目のコメント
コメント 139 by ヒロ
>>138
解決策にはならないかもわかりませんが、私の経験を踏まえた考えを述べさ
せて頂きます。

まず、ご主人は今の会社に取っては(特にその上司に取っては)、貴重な存在
である事は事実だと思います。

円満退社を心掛けて、数ヶ月前から直属の上司に退職の意思表示をしてる訳
ですから、退職届を頭から受け取ろうとしない上司が悪い訳で、次の職場も
決まっている事ですから、直接人事課に出しても全く問題ないと思います。

過去に経験した私の場合とよく似ています。

私の場合は、退職する迄に一年かかりました。

最初に退職願を出した時は、説得され目の前で破られました。

半年後の退職の意思表示の時は、飲み屋に接待され、うまく退職の話しをは
ぐらかされ、内ポケットに忍ばせていた退職願を出すタイミングを失いまし
た。

その半年後は、直接人事部長に、今までの経緯と退職の意思が固い事、次の
職場も決まっている事(実際には決めてませんでした)を説明し、退職届と書
いて提出しました。

その時に人事部長には、撤回する意思がない旨を伝え、又次の職場も決まっ
ている事だからと、きもちよく理解して頂き、退職が決定しました。

人事部長が快く退職届を引き受けてくれた決めては、次の職場が決定してる
事でした。

翌日、直属の上司から嫌みを言われましたが、私としてはそれが正解だった
と思っています。

喧嘩して辞めない限りは、円満退社だと思います。

法律を持ち出すよりも、人事課に相談なさった方が良策ではないでしょう
か?

会社とは冷たいもので、今まで会社に何十年滅私奉公してきても、辞めてし
まえば過去の人になります。

あくまで円満退職にこだわるよりも、どうしたらスムーズに退職届が受理さ
れるかを考えられた方がいいのではないでしょうか?

この投稿に返信
2011年2月27日(日) 10時2分違反通報親記事 2件目
コメント 140 by だーり
>>139
ヒロ様

ご経験をお話いただき、ありがとうございます。とても参考になりました。
「あくまで円満退職にこだわるよりも、どうしたらスムーズに退職届が受理
されるかを考える・・・」本当にその通りだと思いました。そして、上司に
嫌味を言われながらでも会社が認めてさえくれれば、最終的には会社とは
「円満退職」になるのだということも、改めて納得させられました。

ヒロさんのご経験を読ませて頂き、本当に主人と似ていると感じました。
実は主人が退職を申し出たのは今回が初めてではありません。
1年前にも、退職の意を述べた事がありました。しかしその時はまだ次の仕
事が決まっておらず、やはり否定されうやむやにされたまま、時が過ぎまし
た。

ですので今回は次の仕事も決め上司に話したのですが、その「次の仕事」が
上司には気に入らないようです。(気に入らないというのは、退職を止める
為の口実の一つかも知れませんが。)主人は独立することになりました。4
月からの仕事も入っており、4月からスタートする為に準備は着々と進んで
います。

独立といえども今の会社とは無関係の仕事である為、今の会社のお客様を持
って行かれる・・・という影響も会社には全くありません。しかし上司は
「キャリアアップして今よりも条件が良く、より大きい企業にでも転職する
というなら、許さないといけないかもしれないが、キャリアダウンはおかし
い」という考えだそうです。

といいましてもそれは口実で、本音はヒロさんのおっしゃるとおり、主人は
今の会社や上司に必要であり、やめてもらっては困るという事なのだと思い
ます。実際にもそのように何度も言われています。

会社に必要とされる事、期待してもらっている事は、主人も感謝しています
し、退職によって掛ける迷惑は本当に申し訳なく思っています。しかし、考
えた末にようやく出した「やりたい道に進む」という決断を、もう変える事
も出来ません。

明日(月曜)は2月最終日ですので、もう一度上司に受け取ってもらえるよう
話をし、それでもダメなら人事に出すしかないかと思っています。ヒロさん
の言われるように、人事に理解してもらい手続きさえ進めば、内容証明を送
って法律頼みの退職するよりも、ずっとスマートで良い退職方法であると思
います。

「奥さんや家族とも話したい」とまで言われ、私も焦りもありまして、つい
最後の手である強行手段に走ってしまうところでした。まずは明日もう一度
上司に提出し、それでダメなら人事に出し、ヒロさんのようにスマートにス
ムーズに退職を進めていければ、と思っております。

本当にありがとうございました
この投稿に返信
2011年2月27日(日) 12時22分違反通報親記事 3件目
コメント 141 by ヒロ
>>140
返事が遅れて申し訳ありません。

私の経験がヒントになれば…と、提案させて頂きましたが、退職届はスムー
ズに受理されましたでしょうか?

家族全員の生活が掛かってる訳ですから、転職には一大決心がいります。

会社も必要でない人であれば、形だけの引き止めで退職届をあっさり受理し
ますが、会社に取って必要な人であれば一筋縄ではいかないのが現実でしょ
う。

でも、今後の生き方を奥様と十分に話し合われての結論ですから、今はご主
人が決められた好きな道を突き進むだけでしょう。

その目標を達成する為の第一歩は、退職する事です。

一時的に収入がダウンしても、自分が決めた好きな道を選んだ方が幸せな人
生が送れるし、生きがいもあると思います。

ご主人は、次の仕事も既にスタートしていらっしゃる訳ですから、自信持っ
て自分が信じた道を突き進んで下さい。

是非とも成功をお祈りいたします。
この投稿に返信
2011年3月2日(水) 21時22分違反通報親記事 4件目